推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

ベルリンの壁博物館 (チェックポイントチャーリーハウス) Berlin Wall Museum (Museum Haus am Checkpoint Charlie)

Friedrichstr. 43-45 | Checkpoint Charlie, 10969 Berlin, Germany
+49 30 2537250
サイト
保存する
事前に予約する
詳細
$111.81*
から
Berlin Pass...
Viator での予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • 最安価格を保証
詳細について ›
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
周辺地域
周辺地域
概要
  • とても良い20%
  • 良い30%
  • 普通23%
  • 悪い15%
  • とても悪い10%
2016/10/30
“想いを馳せる場所”
2016/07/08
“東を感じられるところの一つ”
営業中
すべての時間帯
本日の営業時間: 午前 9:00 - 午後 10:00
おすすめの滞在時間: 2-3 時間
場所
Friedrichstr. 43-45 | Checkpoint Charlie, 10969 Berlin, Germany
クロイツベルク
お問い合わせ
サイト
+49 30 2537250
口コミを書く 口コミ (1,850)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他の言語

口コミ 1,850 件中 110

2016/10/31に口コミを投稿

特に個人的な思い出はないのですが、買ったポストカードは在りし日に、このチェックポイントを境に戦車が向き合うものでした。平和のありがたみを感じるのですが、こういう緩衝地帯は朝鮮半島にもありますし、緩衝地帯もなく戦闘地帯になっている所に想いを馳せる時間になりました。

ありがとう、Unaju
2016/07/16に口コミを投稿

チェックポイントチャーリーのすぐそばにある博物館です。ほんの25年ほど前までここが冷戦の最前線だったベルリンの壁があったとは今では考えられません。この博物館は分断の歴史や壁を越えようとして射殺されてしまった人、もしくは成功した人の話、そして当時の政治家についての説明があ...続きを読む

ありがとう、SargThompson
2016/07/09に口コミを投稿

ベルリンの壁博物館は一見公共施設と思いきや、民間営業の博物館です。地下鉄のKoch通駅からすぐの場所。壁の残照は少しだけ残っている。 博物館内は、「東」を感じられる場所の一つです。 チェックポイントチャーリー観光のつぃでにいかがでしょうか^^

ありがとう、hiroakit742
2016/05/02に口コミを投稿 モバイル経由

皆様のご参考になればと思い投稿いたします。 分断時代、実際チャーリー検問所があった場所の向かいにある博物館です。 博物館前にはレプリカですが検問所もあります。 必死に越境を試みた人たちの生々しい展示があります。 気球に乗って越境した人の展示が一番興味深かったです。

ありがとう、ringojapon
2016/04/30に口コミを投稿 モバイル経由

ほんの四半世紀前まで思想と理性が、世の中を冷酷に分断していたという愚かさを理屈ではなく心身で感じる場所。こういうところは費用対効果を云々する場所ではなかろう。訪問すべし。

ありがとう、力 吉
2015/12/04に口コミを投稿

チェックポイントチャーリー脇にあります。入場料は約1500円でお世辞にも安いとは言えません。 中に入ってみると、壁、ここにあったチェックポイントの歴史が博物館の壁にぎっしりと書かれています。一部、東ベルリン住民が脱出に使ったスーツケースなどのものも飾られていましたが、メ...続きを読む

1  ありがとう、atomuk
2015/11/16に口コミを投稿 モバイル経由

かなりの期待して訪問したからか、満たされないまま終了したという印象しかありません。 勿論個人的な意見です。 館内で東ベルリンから気球を使って脱出する映画が上映されてましたがこれはよかったです。50席以上あったようですが観客は私ともう一人。 博物館前のチェックポイン...続きを読む

1  ありがとう、武田妙子
2015/11/05に口コミを投稿

東西ベルリンの検問所は3つあったそうです。(Aはアルファ、Bはブラボー、Cがチャーリー)その一つがチャーリー。チャーリーという人の名前だとばかり思っていました。おバカです。博物館にはベルリン封鎖から、壁建設(なんと一晩で作ったそう)、壁崩壊までの歴史がつまっています。特...続きを読む

1  ありがとう、まこのりちゃん
2015/11/03に口コミを投稿

ここは、かつてベルリンの壁があった場所。今は、博物館となっていて、壁ができた経緯、東側から逃れてきた方法や、実際に銃弾を受けた跡の残る車、そして、壁が崩壊されるまでの歴史が展示されており、とても考えさせられる博物館であった。

ありがとう、中老
2015/10/05に口コミを投稿

ベルリンの壁があった時代に検問所(チェックポイント・チャーリー)の近くにある博物館です。入り口と出口が少し離れた場所に位置しており、最初出口から入ろうとしてしまいました。 展示物は壁そのもの、というよりもベルリンの壁で分断されていた時代に西ベルリン側へ脱出した人たちの...続きを読む

ありがとう、むらっち2406
周辺
クロイツベルク
ベルリンが誇る革命の中心地、また移民のルーツの街、クロイツベルク。ベルリンの中央に位置するこのエリアは、今、
新しく生まれ変わろうとしています。1950 ~ 60年代にはトルコ人の出稼ぎ労働者がコットブッサー
トーア駅周辺に定住し、1980 ~
90年代は、気ままに振る舞う不法滞在者やアーティストがたむろして奔放な生活を送っていた場所。古い病院でも、不
法滞在者と警察が幾度も衝突しました。移民労働者の街としての名残をとどめて今でもベルリンで一番美味しいケバブが
売られ、地下クラブがたくさんありますが、大きな変化も遂げてきました。病院はアートセンターに生まれ変わり、都会
的な雰囲気を放つ新しいカフェや、レストラン、デザイナーショップも増加。住宅価格の上昇や高級化によって、シェプ
レー川沿いのこのエリアの雰囲気はだいぶ大人しくなりました。それでも、この街の遺産は、反体制のアイデンティティ
...さらに表示
周辺のレストラン
Restaurant Tim Raue
727の口コミ
0.08 km 先
Johnny's Bar
208の口コミ
0.16 km 先
Entrecote
790の口コミ
0.15 km 先
Barce Lona Tapasbar & Restaurant
297の口コミ
0.08 km 先
周辺の観光名所
Game Science Center
407の口コミ
0.36 km 先
Friedrichstrasse
437の口コミ
0.05 km 先
チェックポイント チャーリー
8,366の口コミ
0.05 km 先
Q & A質問する
Jamie32mi
I am trying to plan my trip to Berlin and I will be short on time the day of my arrival and the 2nd day I have already picked out places to visit. I want to see all three of these places but I am going not going to be able to see all 3. Can someone give me some direction on what would be a must for history buff like myself. Berlin Wall Visitor Center | Documentation Center Tuesdays - Sundays 10:00am - 6:00pm The Nazi Forced Labour Documentation Center Tue-Su 10 am - 6 pm Topography of Terror Foundation Daily 10 a.m. – 8 p.m. Recommended length of visit: 2-3 hours
2016/02/14|
回答する 4 件の回答をすべて表示する
Jim Bからの返信 | この施設の口コミを投稿済み |
I would encourage you to try and fit in both the Topography of Terror and the Museum at Check Point Charlie. Each gives a good summary of different eras of Berlin's and Germany's history. The former is all about the Nazi... 続きを読む
1
Google 翻訳