推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

グリム兄弟博物館:閉業

口コミ46件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

グリム兄弟博物館:閉業

口コミ46件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
46件口コミ0Q&A
評価
  • 10
  • 24
  • 6
  • 5
  • 1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
むらっち2406さんが口コミを投稿しました(2015年9月)
浜松市, 静岡県投稿1,545評価338
ヴィルヘルムスーエ駅からトラムに乗ってラートハウスという駅から歩いて10分くらい架かりました。博物館としてはずいぶんこじんまりとしていますが、彼らが住んでいた家、と思うと結構大きいです。 館内にはグリム童話の初版本や兄弟が編纂した辞書などが保管されています。彼らが辞書などの編纂も行っていたのは驚きでした。チケット売り場にはグリム童話なども販売していましたが残念ながら日本語版はありませんでした。
続きを読む
訪問時期:2014年10月
役に立った
シェアする
HiGさんが口コミを投稿しました(2014年10月)
船橋投稿361評価153
母親の故郷に来て以来、長らく滞在したカッセルはグリム兄弟が物語をはぐくんだ場所であり、是非一度は訪れるべき場所。一軒家がそのまま博物館となっており、時代毎に兄弟がどの様に過ごし、どの様な作品を出したのかが楽しめる。館内の螺旋状の階段も美しい。
続きを読む
訪問時期:2014年9月
役に立った
シェアする
ideotequeさんが口コミを投稿しました(2014年8月)
Fukuoka投稿212評価42
日本では童話で有名なグリムだが、その他の功績(言語、法律、図書館司書など)についても掘り下げて紹介してあり興味深い。童話の二兄弟だけではなく、絵画で有名だったルードヴィヒ・エミル・グリムについてもよく展示されていた。
続きを読む
訪問時期:2014年7月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
S1000TZtonyさんが口コミを投稿しました(2018年6月)
グレーター・ロンドン, イギリス投稿7評価2
Grimmの兄弟の生活について、絶対に素晴らしい経験、面白いこと、啓示。非常に快適な親切なスタッフと。楽しかった。
続きを読む
訪問時期:2018年6月
Google
役に立った
シェアする
LivingThe Qさんが口コミを投稿しました(2017年6月)
コロラドスプリングズ, コロラド州投稿735評価47
カッセルはドイツのフェアリー・テイル・ルートの一部であり、グリム兄弟が大学に通って暮らしていた場所として最もよく知られています。博物館自体は、兄弟がドイツ語を文書化し、ドイツの伝説的な辞書を作ったことを伝説的なものにしたような童話よりも捧げています。物語そのものは、兄弟たちが集まったもので、その地域の旅の多い道路の旅館のオーナーを訪ねています。旅館の所有者は旅行者が地元を通り過ぎるときに話した話を詳述し、豊かな民俗伝承を提供する兄弟たちに提供しました。
続きを読む
訪問時期:2016年10月
Google
役に立った
シェアする
前へ
12