推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存する
シェアする
口コミのハイライト
Haus der Geschichte

入場料は無料です。手荷物預かりも無料ですが、身分証明書も預けます。Bonn中心部からは63番か66番でHeussallee駅から行けます。地下で駅と直結しているので雨の日は便利です。隣にはKunstm... 続きを読む

2018年5月1日に投稿しました
Keifu2050
,
ベルリン, ドイツ
ドイツ人のための近代史博物館

無料です。多分第二次世界大戦の反省があって、国民に広く近代史を知ってもらうためだと思います。すべての政策には良いところと悪いところがあります。ナチスのユダヤ人排斥は悪い典型ですが、アウトバーンを作り自... 続きを読む

2018年4月22日に投稿しました
576yn
モバイル経由
901 件すべての口コミを読む
387
すべての写真 (387 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い75%
  • 良い20%
  • 普通3%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
平均滞在期間:2-3 時間
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
13°
10
11
12
お問い合わせ
Willie Brandt Allee 14, 53113 Bonn, North Rhine-Westphalia, Germany
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+49 228 91650
電話
翻訳:Google
ボンとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
71件
旅行者の評価
48
19
2
2
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
48
19
2
2
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 71 件中 110
口コミを投稿:2018年5月1日

入場料は無料です。手荷物預かりも無料ですが、身分証明書も預けます。Bonn中心部からは63番か66番でHeussallee駅から行けます。地下で駅と直結しているので雨の日は便利です。隣にはKunstmuseumがあります。展示は素晴らしいですがドイツ語が読めないと少々退...さらに表示

1  役に立った
口コミを投稿:2018年4月22日 モバイル経由

無料です。多分第二次世界大戦の反省があって、国民に広く近代史を知ってもらうためだと思います。すべての政策には良いところと悪いところがあります。ナチスのユダヤ人排斥は悪い典型ですが、アウトバーンを作り自動車産業を育て、ポルシェやフォルクスワーゲンにつなげたのは良い面だった...さらに表示

役に立った
口コミを投稿:2016年11月28日 モバイル経由

展示物だけでなく、展示の仕方がとても興味深いです。 戦後の復興する西ドイツと東ドイツの生活を主体にその様子がわかります。そして統合あたりまで。説明は全てドイツ語とはいえ、ドイツに興味があれば、なかなか楽しめる博物館です。

役に立った
口コミを投稿:2016年4月10日

ボンの中心地から離れており、地下鉄かバスでアクセスしないといけません。展示エリアに入る時にコートとカバンを預けろみたいなことを言われました。クロークがあるので無料で預かってくれます。 第二次世界大戦、戦後ドイツの展示が中心です。ドイツ語の説明のみですが、展示品を見ている...さらに表示

役に立った
口コミを投稿:2014年9月4日

第二次大戦から、戦後のドイツの歴史がリアルにわかる、優れた博物館です。 戦後のドイツ連邦共和国の総選挙の結果、時代ごとの特徴、東西ドイツ市民の生活など、史料としてもよいものが揃っています。ドイツ語の解説のみですが、現代史に興味がある人にとっては、飽きない展示です。私は、...さらに表示

役に立った
口コミを投稿:2013年6月26日

ここ100年以内のドイツの歴史についての説明がされています。特にナチス時代や東ドイツ時代の説明が詳しく展示されています。ニューンベルク裁判の様子の映像が印象に残りました。

1  役に立った
口コミを投稿:2011年10月12日

とにかく広くてびっくりしました。展示は大戦から現代まで、時代を追いながら、上の階へと少しずつ見ていく形なのですが、展示物は、当時の実物、文献資料、映像、コンピュータによるプログラムまで、非常に幅広く、かつ大量です。解説がドイツ語のみなのですが、解説を読まないで普通にざっ...さらに表示

1  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:2 日前 モバイル経由

ここにおもしろい朝を過ごし、長く滞在できました。英語のオーディオツアーは便利です - 自分のヘッドホンを忘れないでください。ドイツ戦後の詳細な歴史と東と西ドイツの興味深い社会史と統一。

口コミを投稿:1 週間前

私たちはこの博物館( "Haus der Geschichte")を訪れるためだけにボンへの道のりを長く走りました。私たちは旅の価値があると報告してうれしく思います。私は一日の計画を立てたいと思っていますが、この博物館がどれほど広範囲で包括的であるかはわかりませんでした。 将来の訪問者への私の提案:   - 早いうちに行く   - あなたと一緒にパックランチを持って来てください(カフェは素晴らしいと非常に高価ではなく、他には何もありません)、または少なくともあなたが庭で食べるスナック   - 快適な靴を着用する   - あなたがドイツ語を話せない場合、あなたの言語でのガイド付きツアーおよび/またはオーディオガイドについて問い合わせる(ごくわずかな情報しか英語ではなく、ほとんどフランス語ではない) 博物館は、第2次世界大戦の終わりに署名された降伏文書から始まる時系列で構成されています。戦争の終結後の最初の10年間は​​、間違いなく最も興味深いものであり、我々は少なくとも1を費やしました。その地域ではなくても5時間。その後、1960年代から1970年代にかけて、音楽、ファッション、プロダクトを展示していくほど、それほど深刻ではなく面白くなりました。 1980年代は政治に焦点を当て、1990年代は明らかに国の統一に焦点を当てた。 東ドイツ(DDR)は非常に否定的な描写をしています。これが博物館のキュレーターや実際の事実の解釈であるかどうかはわかりませんが、それはまったくの惨さや共産主義的な洗脳のように見えます。それがあなたを誘発するなら、あなたはそれらの何十年もスキップしたいかもしれません。 「現代史」のように、私はこの博物館が絶えず進行中であることをイメージしています。私はいつか戻ってくることを楽しみにしています。誰にでもお勧め!

口コミを投稿:2018年8月19日

高品質のすべての変化する展示会。 各展示会には独自の入場料があります。 偉大な壮大さとクラスを持つ記念碑的な建物。 関連するカフェ/レストランは、スムーズな操作で質の良いものです。手頃な価格で3種類の朝食を提供する朝食にも最適です。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル80件を表示
Bonn Marriott Hotel
268件の口コミ
0.3 km 先
My Sudstadt Bonn
24件の口コミ
0.63 km 先
デラーク ホテル アンド リビング ホテル カンツラー
336件の口コミ
0.76 km 先
シティ パートナー ホテル アストリア ボン
60件の口コミ
0.81 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン783件を表示
OSCAR in der Remise
173件の口コミ
0.58 km 先
Ristorante Forissimo
83件の口コミ
0.6 km 先
EQUU
36件の口コミ
0.58 km 先
Taste of India - Südindisch
36件の口コミ
0.77 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント131件を表示
Freizeitpark Rheinaue
468件の口コミ
1.24 km 先
Zoologisches Museum Konig
149件の口コミ
0.68 km 先
Bundeskunsthalle
181件の口コミ
0.37 km 先
Q & A
German National Museum of Contemporary Historyのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン