推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
マドリードの他のツアーやアクティビティ
その最高の屋根SXXからグランビアの建築家
¥4,254(大人1名あたり)
フル ビュー
所在地
問い合わせ
Calle Gran Via 28, マドリード スペイン
アクセス
Gran Vía1
Callao4
このエリアをチェック
3時間のマドリードの自転車ツアー
バイク&マウンテンバイクツアー
3時間のマドリードの自転車ツアー
(283)
google
マドリードは多くの重要なランドマークを擁していますが、広大な大都市を徒歩で移動するときにそれらをすべてオフにするのは難しい場合があります。自転車に乗って市内を2輪で見学しても、Plaza MayorやRoyal Palaceなどの人気観光スポットが親しみやすい経験をしながら、徒歩よりも長い距離をカバーしています。ガイドから街の遺産についてもっと学ぶために、定期的に休憩してください。
¥2,996(大人1名あたり)
153件口コミ2Q&A
評価
  • 59
  • 62
  • 28
  • 2
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
旧本社はアメリカ マンハッタン地区に建てられているビル群とそっくりに見えてきます。よきアメリカ・マンハッタンの象徴のような建物です。スペイン市民戦争時は、展望台として使用されました。フランコ軍は、テレフォニカ本社ビルを爆撃の対象と照準を合わせました。ヘミングウェイ、ジョン・ドス・パソスやサン・テグジュペリは敷地内からその戦火の状況報告をレポートにし送りました。現代のテレフォニカの本社は、マドリード北西部にあるフエンカラル・エル・パルド (Fuencarral-El Pardo)へ2008年に移動しました。因みにテレフォニカの隣はCanon
続きを読む
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
どうやらかつてマドリードで最も高い建物でした。この素晴らしい街で見るべき非常に多くの素晴らしい建物。これは、グランビアの「風景」の一部です。
続きを読む
私にとって、「アメリカンスタイルの超高層ビル」は、グランドヴァイに沿って他の建物の興味を抱いていません。建物の歴史の興味深い側面は、南北戦争中に外国のマスコミの事務所があったことです。アーネストヘミングウェイは新聞の発信を行い、ジョンドスパッソスは戦争に関するドキュメンタリーの制作の拠点でした。 現在、最初の2階はショッピングモールです。その他のフロアには、電気通信博物館、技術博物館、講堂、スペインの一時的な美術展、オフィススペースがあります。
続きを読む
通りの建設時、これは超高層ビルと見なされていました。 約16レベルです。 かなり装飾的で、建築は別の時代のものです。
続きを読む
+1
グランビアに沿って歩くと多くの素晴らしい建物があり、Edificio Telefonica(Telef nica Building)はおそらく最も有名なものの1つです。 建築家イグナシオ・デ・カルデナスによって設計され、1926年から1929年にかけて建設され、この建物に1000人以上の労働者が従事しました。そして、「マドリッドのブロードウェイ」と呼ばれるようになったものの一部は、グランビア沿いの建築の名声です。 マドリッドへの休暇を計画しているなら、チェックアウトする価値があります。
続きを読む
Edificio Telefonicaに関するよくある質問