推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
2016年9月20日現在改装中で2階の一部しか公開していません

世界最古のピアノ以外ではベルニーニの竪琴が目を引きますね。ただ残念ながら2016年9月20日現在改装中で2階の一部しか公開していません。 よく調べずに月曜に行ってしまい休館。そのうえ地下鉄で行ったら迷... 続きを読む

2016年10月3日に投稿しました
shunsukekikuchi
,
栃木県
世界最古のピアノがあります。

ローマに来たら行ってみようと思っていた国立楽器博物館です。 世界最古のピアノが展示されています。 こじんまりとした博物館なのですが、古い楽器が管楽器、弦楽器、木管楽器、鍵盤と各種あります。 世界最... 続きを読む

2015年11月16日に投稿しました
kuwa33
,
江東区, 東京都
42 件すべての口コミを読む
82
すべての写真 (82 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い14%
  • 良い42%
  • 普通19%
  • 悪い16%
  • とても悪い9%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
15°
11
11°
12
11°
1
お問い合わせ
Piazza di Santa Croce in Gerusalemme 9/a, 00185 Rome, Italy
エスクイリーノ
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+39 06 701 4796
電話
翻訳:Google
ローマとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$44.20
詳細
$39.50
詳細
レビューを絞り込む
9件
旅行者の評価
1
4
3
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
1
4
3
1
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2016年10月3日に投稿しました

世界最古のピアノ以外ではベルニーニの竪琴が目を引きますね。ただ残念ながら2016年9月20日現在改装中で2階の一部しか公開していません。 よく調べずに月曜に行ってしまい休館。そのうえ地下鉄で行ったら迷ってしまいました。次の日、ローマテルミニ駅からトラムで10分弱で行けま...さらに表示

役に立った
2015年11月16日に投稿しました

ローマに来たら行ってみようと思っていた国立楽器博物館です。 世界最古のピアノが展示されています。 こじんまりとした博物館なのですが、古い楽器が管楽器、弦楽器、木管楽器、鍵盤と各種あります。 世界最古のピアノ以外もとても古い楽器だらけで目の保養と楽器の歴史を知ることが...さらに表示

役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年5月31日に投稿しました

理解できません。私はこの博物館の多くの欠けている光沢のレビューを読んだ。コメントは好きです:「私が期待したものではありません」まあまあまあ、あなたは何を期待しましたか? 「完全な沈黙で楽器を見るのが好きな人は...」私は無音以外の楽器をどう見ているのかよく分かりません。 「悲惨な展示品がいくつかあります。 「アンティークの楽器を見ていると思っているのが悲惨な体験だと思うなら、うーん、行ってはいけません。私は続けることができましたが、率直に言って、私はそれを知っています。これは楽しい小さな博物館です。非常にうまくレイアウトされ、イタリア語と英語の看板、楽器がよく表示され、彼らが年齢であると考えるための真の宝物があります。過去200〜300年の間に計器がどのくらい進歩したかの感覚も与えます。歴史の感覚は激しい。さらに、私たちは、tiorbaとcembalaを利用して、博物館でマドリガルのコンサートを聴くことができたのは幸いでした。本当のトリートメントと、通常の観光客のコンサートからの転用は、ローマで非常に広告されています。ある査読者は次のように言った:あなたが古い器材を見たくなければ、価値がない。ダー。それが私が行った理由だと思う。また、5 EUの入場料は小額です。あなたは、訪問後にアイスクリームコーンのために多くを支払うでしょう。博物館は素晴らしかったです。美しい職人技と音楽の歴史の細かい配列。

2018年2月27日に投稿しました モバイル経由

私たちはいつも、都市の休憩の一環として地元の楽器博物館を取っている点を強調していますし、ローマも変わりませんでした。 私達が一度私達に入ったら、巨額の金額を見たことはありませんでしたが、それは悪いものではありません。展示は1階に限られており、文字通り約20分ですべてを見ました。いくつかの非常に興味深い部分がここに表示されます。 楽器を愛している人は5ユーロの価値はありますが、みんなのお茶にはならないでしょう。

2017年11月12日に投稿しました モバイル経由

ヨーロッパの楽器を完全に静かに見たい場合は、この博物館で少なくとも20分間楽しまなければなりません。楽器の文脈を理解し、聞こえる音を聞き、非ヨーロッパの楽器を含む様々な楽器について学ぶのが好きなら、ロンドンのHornimanやブリュッセルの楽器博物館をお勧めします。

2017年5月22日に投稿しました

にはピアニストをしている私の母を訪れた。 チケットは€5 ・サンタ・クローチェ教会に隣接し gerusalemme である。 ません。多くの客室は、行われていました。 バルトロメオがあり、クリストフォリ、 inventer の現在の 3 つのピアノの 1 つである、 160m2 にまで遡る。 バルベリーニ花嫁は受けるべきかな ?17 に遡るをお見逃しなく。 トイレも、チケットオフィスで、小さなギフトショップなどを備えている。

2016年4月22日に投稿しました

私たちを訪れましたこの博物館を備えた 2 人の子供直後に私たちが行った。インファントリーコート博物館に位置していてすぐのところにあるので、と異なり、前のクチコミでした。問題はありませんが、意を示すオリエンテーションをして道順を聞く。 博物館は本格的な公共交通機関へのアクセスも便利で、何を言ったらいい」と工事中のエリア、ホテルの場所は 1 年ほど前に行った人をポスターに報告された会員資格を有する大違い ) とはわずか 20~30 多分珍しい / 旧楽器を使いながら私たちだけを訪れる人々でした滞在中 3~4 分置いて小さな部屋はまだディスプレイが及ぶ。 、私たちではありません音楽家でした。私達は、できませんは、 East Railway Station 楽器を使いながら状態ですが、用意されている英語の音声ガイドしなかった私たちをお楽しみいただき、ツアーやを学びました興味深い事実コレクションです。 また、子供たちは珍しい楽器を使いながら見、それらをする見ない振り楽しんでいました。 全体的にですが、すぐ興味深いものを訪れ、子供連れの家族にお薦め。

2015年11月4日に投稿しました

住所は、ピアッツァ・サンタ・クローチェ 9gerusalemme の / ではありますが、博物館にも便利なので見つけたり、公共交通機関ではありません。 徒歩でている他の人に私のアドバイス、 San Giovanni 駅にラインに行くことができます。自分でオリエント、その後は northwesterly 方向には、ピアッツァにもなる Viale カルロフェリーチェ " 沿いに歩いてすぐです。 一度 gerusalemme で、ピアッツァ・サンタ・クローチェは、その名前では教会の大部分は明らかである。 しかし、博物館 ( 案内標識暗すぎ、細い路地には左側の教会をご案内いたします。への博物館である奥に他の建物にも簡単にそして見逃せない。 入場料ました 1 つのカップルは 10 月 10 日土曜日の午後出発した唯一のビジターとなっている 5 ユーロチケットが得た。 ホテル内に表示されている機器のはたった一つ (2 階でエレベーターはなく ) フロアになっています。 私楽器の開発モダンなや楽器などに向かってだと、グランド・ディスプレイと思っていました。 ; でも、私は少しがっかりしました。なかった。 セキュリティ出発 ) と執行役にすべての部屋との不安です。に触れ、ガラスのいずれも置いてある、より貴重で稀な小規模な楽器を使いながら、マンドリン、バイオリン、「チェロやその他の弦楽器、スタイルを木管と真鍮や楽器など。 広く、非常に古い花嫁は受けるべきかな ?( 余りにもガラスの場合には大きな )...が表示され、地下鉄バルベリーニ家族にまで所有していたものと言われています。 ホテル内に多くのキーボードや楽器などでした。最も厳しいを着ていて、明らかな摩耗と傷の兆しを見せて楽しさいっぱい、壊れていて、テンション欄くい、キー機構破損していた : 時点でありませんが 1 つの器械 - 私たちタッチ敢えてしたなら再生可能なようでした ! しかし、キーボード器械のこのこぢんまりとして提供されている見本市会場となるまで、デザインも、スピネット進捗状況から、 harpischord へはモダンなグランドピアノ決めることができます。 プンタカーナは、レセプションでは、利用できる唯一本イタリア語で書いた高い専門書でした。 ホテルには絵画の要約していましたこんなの本を買ったと思います。さらに表示

2015年7月21日に投稿しました

再この博物館何年も経ってから 2014 年にオープンしたが、 2015 年 7 月のレストランとしての半分のオープンである。 一部は「 lavori 改装中だ」と上の階の客室はアクセスできない場合、も用意されていている。特別な楽器を見るのにを訪れ、 1 時間弱します。 ホテル内には階プラン設計で、楽器は現在、永続的な場所であるいない客室にあるため、台数古かったプラカード uninformative または図鑑などを見ることができます。 インチ窓口のデスクで、セール中は、「ガイドブック 7 ユーロのようになっているが、いない楽器ならべと現在を場所がコーディネートされているではありません。 さらに仮設エクスポジション良かった公共のためにできることができました。 多くの 16-18 th の C.kebyoard 楽器を使いながら、毛髪チャンバー器官、、リーガル ; は、また 2 つの「いめいどうおん」 harpsichords が分かれて 6~8 ルームキー、素敵なディスプレイの 18 th -19 th の C. フルート、オーボエ、クラリネット ( など、 clarinetto d' アモーレテシマ、は珍しく...) 。 「 mandolinizzati されたギタープレーヤー多くの美しい、不定の広さでギター、目地、を見るのにマンドリン、目地」 psaltries の、小さなグループである。 harps はほとんど 19 フランス harps18- ている ; すばらしい花嫁は受けるべきかな ? バルベリーニ博物館に属しているが、 7 月 26 日までローマの中心部 ( コルソにあり、 palzzo チポラ ) 見本市会場 (Barcelona exposition centre) 他にある。 びっくりしたこのコレクション建物内には改装された建物温度管理がするようなのです。 全ての窓は開いていてホットエアデリケートな自然の楽器に浸透でした。 信じられないほど素晴らしいさらに表示

口コミをさらに見る
周辺
エスクイリーノ
エスクイリーノといえば、その黎明期から受け継がれてきた、伝統を重んじる雰囲気。この一言に尽きます。有名なロー
マ七丘の一つという名立たる場所に位置し、ローマ最古のエリアの一つとしての歴史を誇っています。古来から続くこの
地域は、今では多文化が混じり合う中心地へと変貌を遂げつつあります。エスクイリーノの魅力は無限です。ストリート
アーティストとさまざまな言語で話し込む露店商人、近所の仲間とバスケット
ボールに興じる子どもたち。典型的な歴史地区とは一味違いますが、周りに目を向けると、そこにはアールヌーヴォー建
築、大きなピアッツァ、長い並木道の両側のアーチが美しい古風な建造物、秘密の脇道、サンタ マリア
マッジョーレ教会などの壮麗な教会。魅力がいっぱいのエリアです。
...さらに表示
周辺のホテル近隣のホテル1,276件を表示
ドムス セッソリアーナ
1,017件の口コミ
0.14 km 先
Foligno
7件の口コミ
0.33 km 先
ホテル ポルタマッジョーレ
643件の口コミ
0.5 km 先
ホテル ロディ
549件の口コミ
0.5 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン13,897件を表示
Ice Dream Factory
85件の口コミ
0.16 km 先
Bentu & Soi
613件の口コミ
0.28 km 先
Ottavio
678件の口コミ
0.29 km 先
Bin Hai Ristorante Cinese
175件の口コミ
0.23 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント4,705件を表示
Basilica di Santa Croce in Gerusalemme
309件の口コミ
0.15 km 先
Roman Walls
214件の口コミ
0.18 km 先
ポルタマッジョーレ
128件の口コミ
0.48 km 先
Archaeological Area of Santa Croce in Jerusalem
40件の口コミ
0.29 km 先
Q & A
National Museum of Musical Instrumentsのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン