推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Vermeer Centrum Delft

準備中: 10:00 - 17:00
本日営業: 10:00 - 17:00
すべての写真 (255 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い45%
  • 良い36%
  • 普通13%
  • 悪い4%
  • とても悪い2%
詳細
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
準備中
本日の営業時間: 10:00 - 17:00
平均滞在期間:1-2 時間
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
13°
10
11
12
お問い合わせ
Voldergracht 21, 2611 EV Delft, The Netherlands
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+31 15 213 8588
電話
掲載内容を修正する
Google
Vermeer Centrum Delftを満喫する
¥1,101
詳細
¥15,296
詳細
レビューを絞り込む
155件
評価
69
62
12
6
6
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
69
62
12
6
6
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 155 件中 110
口コミを投稿:1 週間前

ここにはフエルメールの全37作品のパネルが展示されています。年代毎に展示されており作品の変遷を感じることが出来ました。

訪問時期:2019年9月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2 日前に返信済み
Google 翻訳

Thank you for your visit and review.

2019年7月4日に投稿しました

本物は一つもありませんが、フェルメール作品全て原寸で見られ、解説も多く、充分フェルメールの世界に浸れます。 モデルコーナーもあり、成り切り気分で写真がとれます。 どのように描いたか、絵の具はどのようだったのか、とか色々わかり易く展示されています。 本物と対面する前に是非...さらに表示

訪問時期:2019年6月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2019年7月8日に返信済み
Google 翻訳

Thank you so much for your review.

2019年4月26日に投稿しました

地下にはフェルメールの全作品のパネルが展示されており、2階と3階にはフェルメールの暮らしや思いがわかる展示があります。 入場券を買うときに「本物の絵はないからね」と念を押されましたが、本物があると勘違いしてくる人が多いのかもしれません。 地下の映像展示は音声が大きく、そ...さらに表示

訪問時期:2019年4月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2019年4月29日に返信済み
Google 翻訳

Thanks for your review

2018年10月6日に投稿しました モバイル経由

フェルメールの絵や手紙などの遺物があるわけではないのですが、絵の寓意や光のマジックなどオーディオガイドで解説してくれます。残念ながらオーディオガイドは英語までで日本語はありませんでした。クなどオーディオガイドで解説してくれます。残念ながらオーディオガイドは英語までで日本...さらに表示

訪問時期:2018年10月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2018年10月8日に返信済み
Google 翻訳

Thank you for your review. In the near future we hope to have a Japanese audio tour

2017年9月30日に投稿しました

僕は留学中に一人でここのセンターを訪れたのですが、フェルメールに関する予備知識0で高校生レベルの英語でも十分理解することができました。 なぜかというと、入館する時に7枚程がホッチキスでまとめられた日本語のガイドプリントをもらえ、そこにフェルメールについて詳しく書いてあっ...さらに表示

訪問時期:2017年9月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2017年10月2日に返信済み
Google 翻訳

Thank you for review. We are happy you have enjoyed your visit at the Vermeer Centrum. We hope to see...さらに表示

2017年9月20日に投稿しました

 1階は受付、売店、喫茶。2,3階地下1階にフェルメール作品の解説やフェルメールのこだわった点などの解説がある。フェルメール作品になりきりのコーナーもあり、向かって左から日がさし、机に座っているポーズで写真が撮れる。  ここと新教会、旧教会、プリンセンホフ美術館の入場券...さらに表示

訪問時期:2017年9月
役に立った
Vermeer Centrum DelftのVermeercentrumdelftさん(Guest Relations Manager)がこの口コミに回答しました2017年9月21日に返信済み
Google 翻訳

Thank you for review. We are happy you have enjoyed your visit in Delft and the Vermeer Centrum. We hope...さらに表示

2016年10月22日に投稿しました

フェルメールの全作品を展示(ただしPhotocopy)ということで、どんなものかな?と思いましたが、かなり楽しめました。 チケットはミュージアムパスで2ユーロディスカウント、入場料にオーディオガイド付(日本語はなし)です。日本語の解説プリントをくださったので丁寧だなと思...さらに表示

訪問時期:2016年10月
2  役に立った
2016年7月2日に投稿しました

地下階にフェルメールの全作品のレプリカがそろってます。ぐるっと一周すると年代順に彼の絵画が見られます。しかも大きさも再現されているので興味深く見られました。2階3階には使った絵の具やら描き方など、作品の作り方が解析的に解説されています。典型的な構図である窓辺でのたて位置...さらに表示

訪問時期:2016年6月
役に立った
2016年6月17日に投稿しました

旧教会に近い運河沿いにあります。フェルメールが所属していた画家組合のあった場所だそうです。 残念ながら日本語の音声ガイドはありませんでした。そのかわり、紙に印刷した日本語の説明を貸してくれました。上の階には、全作品の複製画が展示してありました。あとは技法や画材についての...さらに表示

訪問時期:2016年5月
役に立った
2016年5月24日に投稿しました モバイル経由

本物を観ることはできませんが、フェルメールの作品全てをパネルで観ることが出来ます。残念ながら日本語オーディオガイドはありませんでした。 私は英語のガイドを借りましたが(無料です)鑑賞するのに参考になります。傷んだ絵画を修復する映像などもあり、現在、あれほどまでに綺麗な色...さらに表示

訪問時期:2016年5月
2  役に立った
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル15件を表示
ホテル デ エマウスポールト
674件の口コミ
0.16 km 先
ホテル ヨハネス フェルメール
229件の口コミ
0.25 km 先
デ コーパンデル
147件の口コミ
0.25 km 先
ホテル デ プラターン デルフト セントラム
618件の口コミ
0.25 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン301件を表示
Kek
490件の口コミ
0.05 km 先
Mekhong Thai - Lao Restaurant
211件の口コミ
0.08 km 先
Malee
168件の口コミ
0.04 km 先
Het Konings Huys
309件の口コミ
0.04 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット117件を表示
Markt
661件の口コミ
0.05 km 先
Nieuwe Kerk
1,245件の口コミ
0.06 km 先
Stadhuis van Delft (City Hall Delft)
336件の口コミ
0.11 km 先
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン