推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Palacio Fronteira - Palais des Marquis de Fronteira

準備中: 9:30 - 13:00, 14:00 - 17:00
本日営業: 9:30 - 13:00, 14:00 - 17:00
シェアする
口コミのハイライト
比類なき侯爵邸。

アズレージョ好きではなくても必見の素晴らしい貴族の館です。外庭は自由散策が出来ますが、邸内はガイドツアーで約一時間。英語とポルトガル語での案内になります。とても独創的なアズレージョは、場所によってテー... 続きを読む

2017年11月18日に投稿しました
Rainbow061
,
東京23区, 東京都
モバイル経由
30 件すべての口コミを読む
56
すべての写真 (56 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い64%
  • 良い30%
  • 普通6%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
準備中
本日の営業時間: 9:30 - 13:00, 14:00 - 17:00
時間帯をすべて表示
平均滞在期間:1-2 時間
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
16°
10°
11
13°
12
13°
1
お問い合わせ
Largo Sao Domingos de Benfica 1, Lisbon 1500-554, Portugal
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+351 21 778 2023
電話
翻訳:Google
リスボンとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
6件
旅行者の評価
5
1
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
5
1
0
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2017年11月18日に投稿しました モバイル経由

アズレージョ好きではなくても必見の素晴らしい貴族の館です。外庭は自由散策が出来ますが、邸内はガイドツアーで約一時間。英語とポルトガル語での案内になります。とても独創的なアズレージョは、場所によってテーマがあり、それ以外のインテリアや絨毯、陶器、等々も素敵です。 邸内のツ...さらに表示

役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年1月23日に投稿しました

XVII世紀に住む宮殿はどこにありますか?リスボンの真ん中。はい、これは正確です。家族は、スペインと戦った貴族の騎士からの継承者であり、文化、歴史、ロマンス、コメディのこの素晴らしい場所を生き続けています。 古代のタイルはよく保存されており、ポルトガルとスペインの中世の戦いを語っています。 宮殿には多くの小さな秘密があります。私のお気に入りは、王の夕食後の明Dinastyの破片です。 。 。どのような移動の歴史。名誉は値を持っていました。 。 。 1つは訪問する必要があります殴らトラックTresureオフ。 。 。 晴れた日に訪れてみてください。 。 。

2017年11月17日に投稿しました

ポルトガルの旧首長国連邦家族の興味深いパレス。 が私たちは、庭園を見ることができましたませんのでを工事中のたくさんありました敷地に、庭がすごくきれいでしたが、残念ながら。 は、首長国連邦家族連れの宮殿や歴史が興味深いでしたが、ガイドツアーを急いでいた、私たちは歴史には素晴らしい雰囲気が感じられませんでした。

2017年11月8日に投稿しました

今、どのようにポルトガルに感謝する。シンプルさから始めましょう。それだけです。あなたが持っている笑顔、しばしば共通の言葉を話さない人の優しさがあなたを助けようとしています。あなたはポルトガルでのアズレージョの重要性を理解するでしょう。 シンプルで装飾的ですが、シンプルで壮大です。 この宮殿のようにそれほどよく調べられたことはありません。多くの人には知られていませんが、Museuはアズレージョコレクションに匹敵します。 その庭園では、azulejos / tilesがより良く表示されることはありません。同じ瞳でそれを感謝する王子、王、公爵、そして私たちの好きな人。 そして驚きがあります。 Fronteiraの最後のMauquess、フェルナンドはコレクションに自分のタッチを追加しました。彼の祖先の壮大さ(彼が試したとは思っていない)を買うことができないので、彼はPaula regoによって1つのタイルを追加しました。レガシーのウィンク。躊躇しない - GO&あなたは食べ物から理解します。 。 。 。 。 Portuugalはすべてについてです。シンプル&グランド。

2017年10月27日に投稿しました

Palacio Fronteiraは多少の喧騒から離れており、そこから1時間過ごしたくない場合は、タクシー(Chiadaから約10ユーロ)でそこに着いて帰る必要があります。しかしそれは努力の価値がある。庭園には信じられないほどの彫像やタイルや素敵な正式な植え付けが施されています。インテリアは興味深いものです。多くのポルトガルの歴史が内装の壁やタイルの作品に描かれています。タイルの内側と外側は、私たちの旅行で見た最高のものでした。わたしたちのため。 。 。これはリスボンでの滞在の真のハイライトの1つでした。インテリアは30分で運行されるガイド付きツアーにのみ開かれており、1030〜1200時間の間に2ヶ国語(ポルトガル語、英語またはフランス語 - ツアーグループの語学スキルに基づいて選択された2ヶ国語)です。

2017年9月25日に投稿しました

街の郊外をトレッキングするときには少し怠け者でも、美しいイタリア風の庭園と魅力的なタイルがフロンテーラ宮殿を旅する価値があります。 ロシオからの地下鉄を利用すれば、近代的な住宅や半完成の道が孤立した孤立した場所で、宮殿の近くにお出かけいただけます。この荒れ果てた美しさのオアシスである宮殿とその庭園は、1670年にFronteiraのMarquesであるJoao Mascarenhasの狩猟用ロッジとして設立されました。 宮殿はまだ個人的に所有されていますが、ガイド付きのツアーでは、いくつかの部屋、特にタイル張りの装飾が復元の戦争の場面を描くバトルルームの周りをお連れします。このキャンペーンは、1581年から1640年の間にポルトガルで60年のスペイン支配を終わらせました。フロンティアは一般的であり、戦争において著しい役割を果たした。 宮殿のイタリア式庭園には、噴水、丘陵地帯のテラス、小さな湖、緻密なヘッジの緑色の網があり、事実上すべての適切な表面を飾るタイルがあるため、絶対的な喜びです。 17世紀にポルトガルに輸入されたデルフトの最初のタイルをはじめ、宮殿内にはさまざまな種類のタイルがあります。庭園には、ベンチ、壁、装飾用のプールがあり、すべての種類のテーマを描いたタイルで飾られています。最も目を引くのは、伝説によると12人の勇敢な騎兵であるDoze de Inglaterraの人生の大きさを描いたもので、苦しんで12人のダメージを救う栄光のために戦うためにイギリスに航行しました。 6月から9月の終わりまでのガイドツアーは、月曜日から土曜日の10時です。 30,11。 30および12。 30のみ。庭園は一年中訪れることができます。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル270件を表示
コリンチア リスボア ホテル
6,323件の口コミ
1.21 km 先
メルキュール リスボア
1,518件の口コミ
1.26 km 先
イビス リシュボア ジョゼ マリョーア
2,284件の口コミ
1.56 km 先
マリオット リスボン
2,592件の口コミ
1.58 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン5,105件を表示
Hamburgueria Lusíadas Gourmet
25件の口コミ
0.92 km 先
Sushill Out
82件の口コミ
0.89 km 先
RESTAURANTE TINTUSGOURMET
10件の口コミ
0.94 km 先
Dong Hai
11件の口コミ
0.79 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント1,892件を表示
Panoramico de Monsanto
11件の口コミ
1.35 km 先
Estadio do Sport Lisboa e Benfica
1,936件の口コミ
1.43 km 先
Museu Benfica - Cosme Damiao
226件の口コミ
1.23 km 先
Palace of the Marquises
317件の口コミ
0.62 km 先
Q & A
Palacio Fronteira - Palais des Marquis de Fronteiraのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン