推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
ウプサラの他のツアーやアクティビティ
ウプサラへの日帰り旅行
¥28,806(大人1名あたり)
フル ビュー
所在地
問い合わせ
27 Svartbaecksgatan, ウプサラ スウェーデン
このエリアをチェック
ウプサラのスウェーデンのライフスタイルとプライベートウォーキングツアー
シティツアー
ウプサラのスウェーデンのライフスタイルとプライベートウォーキングツアー
google
学習の街ウプサラでのガイド付き散策。古き良き時代と新しい時代の楽しいミックスで、このツアーでは、ウプサラ中心部の大聖堂、城、大学の主要観光スポットへお連れします。このガイドでは、エコフレンドリー、ジェンダー平等、都市開発に特化した焦点を当て、ウプサラの現代生活についても説明します。このツアーでは、魅力的な街の自宅でストックホルムから電車で短時間で行くことができます。 (3時間のプライベートツアー)
¥16,003(大人1名あたり)
200件口コミ1Q&A
評価
  • 91
  • 79
  • 27
  • 3
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
ミノムシ生活さんが口コミを投稿しました(2019年10月)
投稿9,502評価993
植物学者のリンネの名前が冠された庭園とのことですが、不勉強なもんでそのリンネの名前は今回初めて聞きました。ウプサラ大学が管理する庭園で、イベントを実施していない時には閉まっている場合も結構あるようなので、訪問するときは注意してください。
続きを読む
訪問時期:2019年8月
役に立った
シェアする
Rin012さんが口コミを投稿しました(2018年6月)
大阪府投稿2,514評価340
植物学者リンネの作った植物園です。 そんなに早い時間ではなかったですがまだ閉まっていて中には入れませんでしたが、中を覗くと奥に彫刻のある庭園と建物が見えました。 そこまで広い感じでもなかったです。
続きを読む
訪問時期:2018年5月
役に立った
シェアする
mikoelmleafさんが口コミを投稿しました(2017年8月)
ヨーテボリ, スウェーデン投稿457評価21
植物学者カール・フォン・リンネ(1707-1778)が研究に没頭した庭園には、 約1300種類の植物がリンネが確立した属と種の名前で表す二名法の分類学によっ植えられている。 11時にオープンしてすぐに入場したので、空いていてゆっくりみることができた。 リンネが植えていた植物だけが今も植えられていて、蝶がたくさん飛びまわっていた。 入場料80SEKでリンネ博物館と併用。
続きを読む
訪問時期:2017年8月
役に立った
シェアする
Jerick2017さんが口コミを投稿しました(2017年5月)
ミネアポリス, ミネソタ州投稿30評価2
18世紀、カール・フォン・リンネは、多くの弟子を使って世界中から動植物を集め、現在の生物分類学の基礎を作りました。この植物園内に住居を建てて研究し、園内では、アライグマ、モルモット、オウム、サルなどを飼っていました。今もサルがつながれて上り下りしていた背の高いポールがあります。リンネは、植物を花のおしべの数、位置、構造で24種類に分類しました。現在、花壇には、約1000種の植物がこの分類に従って配植されています。
続きを読む
訪問時期:2016年7月
役に立った
シェアする
MMさんさんが口コミを投稿しました(2017年1月)
徳島投稿271評価109
やはり冬より夏が良いですね。しかしビニールハウスのところに行けば、それなりに草木を見る事ができます。無料で入れます。
続きを読む
訪問時期:2017年1月
役に立った
シェアする
前へ
リンネ庭園に関するよくある質問