推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

美術史美術館 Kunsthistorisches Museum

トラベラーズチョイス 受賞ホテル
エリア:
Inner City
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
検索条件は引き続き有効です。
表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。
行き方を確認
住所: Maria Theresien-Platz | 1010 Vienna, Vienna 1010, Austria
電話番号: +43 1 525240
サイト
掲載内容を修正する
本日
午前 10:00 - 午後 6:00
準備中
時間帯をすべて表示
営業時間:
日 - 土 午前 10:00 - 午後 6:00
午前 10:00 - 午後 9:00
滞在時間の目安: 1-2 時間
料金: はい
Viator で事前に予約する
おすすめ
もっと見る
$50*
以上
ウィーンの歴史を探訪する市内観光ツアー - シェーンブルン宮殿の見学込み
Viator での予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • 最安価格を保証
詳細について ›

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

4,553 件の口コミをすべて表示する
訪問者の評価
  • 3534
    とても良い
  • 858
    良い
  • 133
    普通
  • 18
    悪い
  • 10
    とても悪い
最近の口コミ
Google翻訳する

続きを読む

5 / 52015/04/01に投稿しました
-Man0nTheMove-
,
vienna
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 4,553 件の口コミ

日付 | 評価
  • イタリア語から
  • インドネシア語から
  • オランダ語から
  • ギリシア語から
  • スウェーデン語から
  • スペイン語から
  • スロバキア語から表示する
  • セルビア語から表示する
  • タイ語から
  • チェコ語から
  • デンマーク語から
  • ドイツ語から
  • トルコ語から
  • ノルウェイ語から
  • ハンガリー語から表示する
  • フランス語から
  • ポルトガル語から
  • ポーランド語から
  • ロシア語から
  • 英語から
  • 韓国語から
  • 中国語(繁体)から
  • 中国語(簡体)から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から

美術史美術館を見た人は、こんなところも見ています

 

美術史美術館に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する

Q & A

以下は、以前の訪問者が尋ねた内容で、美術史美術館の代表者および他の訪問者からの回答もあります。
15 件の質問
質問する

すべての質問を表示する (15)

不明点がある場合は、 美術史美術館 のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

Inner Cityでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Inner City
ウィーンで最も有名なエリアにある、ケルントナー通りとグラーベン。これらの歩行者専用の大通りを歩くと、ウィーンの名所が続々と登場します。ウィーン国立歌劇場。ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂。ホーフブルグ宮殿の巨大な建造群。ハプスブルグ家の旧王宮。都会的な雰囲気を味わいたいなら、アンナガッセやヴァイブルグガッセ、それにグラーベンのザイファーガッセやハプスブルグガッセのような脇道を歩いてみましょう。ホーフブルグ宮殿を訪れたら、皇帝の住居と、解説の分かりやすいシシィ博物館は必見。アム ホーフやフライウィングといった開放感溢れる広場では、骨董市や季節ごとの市場が頻繁に開催されます。