推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
ベートーベンが1802年に二人の弟に宛てて遺書を書いた部屋ということです。

 この部屋はベートーベンが二人の弟に宛てた直筆の遺書のコピーが展示してありますが、とても簡素な建物です。ガイドさんがいなければ見落としてしまいそうな場所でした。

2016年6月3日に投稿しました
jshtyo
,
愛知県
たった2部屋だが、充実

たった2部屋の狭い展示室(夏は対面の展示室も見られるのであれば、もっと)だが、2部屋でも充実の展示。直筆の遺書、死後の財産目録、手紙などいろいろと見られ、日本語の解説ボードも貸してもらえます。ベートー... 続きを読む

2015年3月8日に投稿しました
michi123456
,
tokyo
10 件すべての口コミを読む
11
すべての写真 (11 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い20%
  • 良い20%
  • 普通40%
  • 悪い20%
  • とても悪い0%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
-3°
12
-4°
1
-2°
2
お問い合わせ
Vienna, Austria
Innere Stadt
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
掲載内容を修正する
ウィーンとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$12.70
詳細
$19.60
詳細
レビューを絞り込む
7件
旅行者の評価
1
2
2
2
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
1
2
2
2
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2017年10月1日に投稿しました

ベートーヴェンが1802年 31歳の時に、聴覚の不調に絶望して書いたと言われる遺書の複写を見る事ができます。 「医者に言われて、田舎に住んではみたものの聴覚は回復せず、もう少しで命を絶つところであった。それを引き止めたのは、ただひとつ「芸術」であった。果たすべき事を成し...さらに表示

訪問時期:2016年11月
役に立った
2016年8月29日に投稿しました

貴重なベートーベンの博物館ですが、展示されていたのは、遺書のみで、直筆の楽譜などはほとんどありませんでした。部屋もせまくて期待外れでした。ハイリゲンシュタットまで行ったのに・・・という感じです。

訪問時期:2016年8月
役に立った
2016年6月3日に投稿しました

 この部屋はベートーベンが二人の弟に宛てた直筆の遺書のコピーが展示してありますが、とても簡素な建物です。ガイドさんがいなければ見落としてしまいそうな場所でした。

訪問時期:2016年5月
役に立った
2016年2月2日に投稿しました

以前、何年か前に訪れたときはあった貴重な展示品がなくなっており「空っぽの博物館」でした。。近くの散歩道は散策におススメです。

訪問時期:2016年1月
役に立った
2015年3月8日に投稿しました

たった2部屋の狭い展示室(夏は対面の展示室も見られるのであれば、もっと)だが、2部屋でも充実の展示。直筆の遺書、死後の財産目録、手紙などいろいろと見られ、日本語の解説ボードも貸してもらえます。ベートーベンの生涯に興味があるなら満足でしょう。 ここから少し歩くとホイリゲ...さらに表示

訪問時期:2014年10月
役に立った
2014年12月29日に投稿しました

ベートーヴェンが苦悩に満ちた遺書を綴った家としてあまりにも有名です。狭い館内は極めて質素で、いまはこの家だったのだと思うのみです。 周囲は閑静な高級住宅街といった趣ですが、ベートーヴェンの時代は交響曲第6番「田園」の構想を練るのに相応しいところだったのでしょう。ぶどう畑...さらに表示

訪問時期:2014年4月
役に立った
2010年9月16日に投稿しました

ベートーベンが遺書と書いたというハイリゲンシュタットの家。 この家のすぐ近くには教会があり、鐘がなるとすごく大きな音がします。 ベートーベンはこの大きな鐘の音が聞こえなくなったこということ・・・それでも素晴しい音楽を生み出したのは、本当に天才としか言いようがないです・・...さらに表示

3  役に立った
口コミをさらに見る
Q & A
Heiligenstadter Testamenthausのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン