推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Kaiserappartements

エリア:
Inner City
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
行き方を確認
住所: Michaelerkuppel | Hofburg, Vienna 1010, Austria
電話番号: +43-1-533 75 70
サイト
本日
午前 9:00 - 午後 5:30
準備中
時間帯をすべて表示
営業時間:
日 - 土 午前 9:00 - 午後 5:30

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

140 件の口コミをすべて表示する
訪問者の評価
  • 7
    とても良い
  • 14
    良い
  • 3
    普通
  • 0
    悪い
  • 0
    とても悪い
皇帝のお部屋

シシィ・ミュージーアムの見学に続いて皇帝の居住スペースがあります。贅沢をせず、仕事=政治に熱心で、家族を大事にする皇帝。執務室にシシィの肖像画が印象的です。シシィが孤独を感じ旅に出たりしてたけど、皇帝はそれ以上に大変だったのでは?って思ってしまいました。ガイドを聴きながらの見学なのでとても分かりやすいです。

4 / 52016/06/05に投稿しました
marron2015
,
東京, 東京都

似たタイプのウィーンの観光名所

写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 140 件の口コミ

旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他
絞り込み: 日本語
静岡県
レベル の貢献メンバー
961件の口コミ
観光名所についての 627 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 136人が「役に立った」と評価
5 / 5 3 週間前に口コミを投稿

銀器コレクション、シシィ博物館をすすみ最後にくるのが皇帝の部屋が最後でてきます。皇帝の部屋やシシィの部屋など説明をオーディオガイドを聞きながら進みます。皇帝の部屋にはシシィや家族の肖像画が多いのに、シシィの部屋には故郷の人々の肖像画のみというもの悲しさを感じました

役に立ちましたか?
ありがとう、ぷっちょん
東京都
レベル の貢献メンバー
954件の口コミ
観光名所についての 809 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 64人が「役に立った」と評価
3 / 5 2016/06/30に投稿しました

王宮の見学ルートの1つです。 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の執務室などを見ることができました。 こちらはそんなに華美すぎず、実用的な感じがしました。内部の写真撮影は不可でした。

役に立ちましたか?
ありがとう、candy579
東京, 東京都
レベル の貢献メンバー
122件の口コミ
観光名所についての 83 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 28人が「役に立った」と評価
4 / 5 2016/06/05に投稿しました

シシィ・ミュージーアムの見学に続いて皇帝の居住スペースがあります。贅沢をせず、仕事=政治に熱心で、家族を大事にする皇帝。執務室にシシィの肖像画が印象的です。シシィが孤独を感じ旅に出たりしてたけど、皇帝はそれ以上に大変だったのでは?って思ってしまいました。ガイドを聴きながらの見学なのでとても分かりやすいです。

役に立ちましたか?
ありがとう、marron2015
大阪市, 大阪府
レベル の貢献メンバー
903件の口コミ
観光名所についての 808 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 130人が「役に立った」と評価
4 / 5 2016/05/15に投稿しました モバイル経由

確か、シシィのスペースに続いて皇帝の居住スペースが見られたと思います。ものすごく、きらびやかでは無いですが、まぁこれくらいで住みやすいのかなと感じました。調度品などは、時代の雰囲気が垣間見られるし、なかなか必見だと思います。

役に立ちましたか?
ありがとう、まるん
名古屋市, 愛知県
レベル の貢献メンバー
657件の口コミ
観光名所についての 466 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 67人が「役に立った」と評価
3 / 5 2016/02/03に投稿しました

旧王宮の見学ルート。  銀食器のコレクションは、金ぴカの食器が沢山、その次に銀食器が。  シシィ博物館では、彼女の衣装のレプリカもありました。  その次がフランツヨーゼフ公の執務室や寝室。  シシィ博物館からは、撮影禁止だったと思います。

役に立ちましたか?
ありがとう、ふるーるさん
東京
レベル の貢献メンバー
247件の口コミ
観光名所についての 152 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 52人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/12/16に投稿しました

シシィ博物館を見学した後、皇帝の住居スペースになります。写真はNGだったと思います。日本語の音声を聞きながら見学ができるのでわかりやすくて良かったです。

役に立ちましたか?
ありがとう、pinky東京
千葉
レベル の貢献メンバー
212件の口コミ
観光名所についての 156 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 91人が「役に立った」と評価
5 / 5 2015/10/17に投稿しました

銀器コレクションやシシィ博物館とともに、旧王宮の見学コースに入っています。音声ガイダンスの貸し出しがあり、当時の皇帝の生活ぶりがわかり、興味深かったです。

役に立ちましたか?
ありがとう、kts6221
東京
レベル の貢献メンバー
106件の口コミ
観光名所についての 75 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 47人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/08/11に投稿しました

シシィ博物館をぬけ皇帝の住居スペースになります。 華美が好きではなかったらしく、そんなに豪華ではありませんが、美人の奥様を愛していたと分かる、シシィの肖像画が飾られています。 皇帝の執務室なんて他の国では見られないので、貴重な博物館だなと思いました。

役に立ちましたか?
ありがとう、ランタナ
太田市, 群馬県
レベル の貢献メンバー
640件の口コミ
観光名所についての 523 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 362人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/04/06に投稿しました

ホーフブルク宮殿内の博物館です。シシィ博物館と続きになっているので、シシィ博物館を出ると、自動的にこちらに入っていると思います。展示内容はシシィ博物館と対を成していて、フランツ・ヨーゼフ1世がどのような生活を送っていたかが判る様になっています。 皇帝の住居だけあって、内装は流石に豪華です。ただ、バロック式に絵画や小国がゴテゴテと飾り付けているのではなく、壁... その他 

役に立ちましたか?
ありがとう、iwaida
東京, 東京都
レベル の貢献メンバー
908件の口コミ
観光名所についての 833 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 113人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/03/03に投稿しました

シシィ博物館には、日本語のオーディオガイドがあります。 最初、これを借りずに見学していたのですが、綺麗な食器を見ても、何のことやらという状況(笑) 途中でオーディオガイドを利用している日本の方に会って、オーディオガイドを借りる場所を教えていただき、借りに戻りました。 展示物は絢爛豪華! ただ見るだけでも見応えはあります。

役に立ちましたか?
ありがとう、AAAIKO

Kaiserappartementsを見た人は、こんなところも見ています

 
ウィーンウィーン
 

Kaiserappartementsに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する

Q & A

不明点がある場合は、 Kaiserappartements のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

Inner Cityでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Inner City
ウィーンで最も有名なエリアにある、ケルントナー通りとグラーベン。これらの歩行者専用の大通りを歩くと、ウィーンの名所が続々と登場します。ウィーン国立歌劇場。ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂。ホーフブルグ宮殿の巨大な建造群。ハプスブルグ家の旧王宮。都会的な雰囲気を味わいたいなら、アンナガッセやヴァイブルグガッセ、それにグラーベンのザイファーガッセやハプスブルグガッセのような脇道を歩いてみましょう。ホーフブルグ宮殿を訪れたら、皇帝の住居と、解説の分かりやすいシシィ博物館は必見。アム ホーフやフライウィングといった開放感溢れる広場では、骨董市や季節ごとの市場が頻繁に開催されます。