推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
Google
ランディドノーと近隣エリアでおすすめの体験
¥7,850
詳細
フル ビュー
所在地
問い合わせ
New Street, ランディドノー ウェールズ
このエリアをチェック
マンチェスターからの終日北ウェールズ観光アドベンチャー
日帰り旅行

マンチェスターからの終日北ウェールズ観光アドベンチャー

25件の口コミ
google
観光ツアーをあるべき姿に。あなたが彼らと一緒にあなたの一日を愛するのとほぼ同じくらい彼らの仕事を愛するドライバーガイドによって完全にナレーションと護衛。<br><br>エキサイティングな隠された道路やルートをすばらしい景観にナビゲートし、ほとんどの観光客が決して見ることのできない光景を紹介します。<br><br>一日中ずっと楽しさと笑い声。
¥6,817(大人1名あたり)
605件口コミ13Q&A
評価
  • 428
  • 151
  • 18
  • 5
  • 3
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
pontan420さんが口コミを投稿しました(2018年5月)
池田市, 大阪府投稿6,785評価465
結構わかりにくい場所にあって探すのに苦労しました。クリーム色の壁に赤い屋根の可愛い外観です。その外観に合わず、内部は戦争展示の重たい内容です。
続きを読む
訪問時期:2017年8月
役に立った
シェアする
shiroikumasanさんが口コミを投稿しました(2015年11月)
大阪府投稿1,475評価128
+1
Home Front の意味を知らずに行った私が悪かったのです。Home という名と展示物の写真から、昔の家庭用品などを紹介する博物館だと思っていました。地図を見て、ここに違いないという場所に博物館は見当たらず、付近を2周しました。しかし、どう考えてもこれでしょ、というのが「War Museum」と書かれたあまり雰囲気のよろしくない建物でした。戦争博物館とわかれば入らなければよかったのに、探して探してやっと見つけたので、つい入ってしまいました。 Home Front の Front は前線という意味なのでしょう。「銃後の暮らし」ということですね。そういった歴史や、戦時の市民の暮らしぶりを知ることはもちろん大切ですが、ここはとても気分の滅入る場所です。展示されているものが明るいものではないのはもちろん、それ以上に、なにかしら邪悪なものが感じられるのです。灯火管制にあった当時を体現するためと思われるトーチ(懐中電灯)を使っての見学も気分を滅入らせました。また、受付にいた男性の対応も、気分を滅入らせるものでした。しかも展示の内容は、入場料金に見合うものではありません。入ったことを後悔しました。
続きを読む
訪問時期:2015年7月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
Snowfall52さんが口コミを投稿しました(2017年8月)
Leeds, United Kingdom投稿9評価1
小さな博物館だが十分な情報 & 遺物時間を詰め込まれる。 また、キュレーター私たちの携帯の懐中電灯落ち着いた休憩を照らしてくれましたて本当によかったです。
続きを読む
訪問時期:2017年7月
Language Weaver
役に立った
シェアする
marky_b108さんが口コミを投稿しました(2017年8月)
ウォールソール, イギリス投稿13評価4
私は博物館私の彼女と彼女の家族との最近の休日にウェールズ地方を訪問しました。 彼女は無料でオーナーの私たちは彼は親切でしたが 4 フル払ってありました大人だったせてくれた。 7 歳がある。 彼は私たちは、博物館の工芸品などの全自分のコレクション、私たちだしてくれました。暗い色合いでは、スタッフ、アンダーソン " にいましたビットを見るのにトーチシェルター " と言いました。 ビューのは顧客サービスポイントから彼も最高でした。 私たちは心から博物館の時間、私たちをとてもエンジョイしました。は、レイアウト、すべてが連携してている方法も素晴らしいです。 オーディオのいくつか素晴らしい送られています。 絶対に行く価値あり、予備時間ランディドノー " にあります。
続きを読む
訪問時期:2017年8月
Language Weaver
役に立った
シェアする
food eaterさんが口コミを投稿しました(2017年8月)
投稿11評価4
この博物館は、イギリスの家をテーマにした、第 2 次世界大戦中には、 - している。 ホテル周辺にに乗っていませんが、こじんまりとしたのと、急ぐ場合は何かをお見逃しなく病気。 が自分にはカナチャナブリ市リビングルームでは、角にはラジオ Neville チェンバレン社の有名なウォー演奏発表。 。 。フルである。 廊下にはその後、様々な客室に続いている、お店、警察署のカウンター、並べ替えや、カウンターに展示され、住民たちに学校など部屋 の Gourmet Grocer のショップ、スウィートなショップ、 arp ディスプレイのを見るのに ephemera がたくさんあります。上のエアレイドフィンガーなんかじゃありなどの音がする間に行って、座って、アンダーソン " シェルターことができます 爆弾の旧無線ショップと表示されます。 廊下には間接照明など雰囲気に照らされている。 はもっと注意深くカナチャナブリ市新聞やポスタートーチが 1 つを読みたいと思えば部屋を用意してもらえます。 ホテル内にはコレクションの工芸品がたくさんあります ; 年配の人にはトリップ昔懐かしい思い出となります。小さな子供でも遊べるようにしては、非常に情報通特に大人用の説明していただけますした場合。
続きを読む
訪問時期:2017年7月
Language Weaver
役に立った
シェアする
前へ
Home Front Museumに関するよくある質問