推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Burghley House

口コミ1,581件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

Burghley House

口コミ1,581件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
Google
スタンフォードと近隣エリアでおすすめの体験
フル ビュー
所在地
問い合わせ
スタンフォード イングランド
このエリアをチェック
ロンドン発イングランド中心部、ウェールズ&ヨークシャー小グループツアー
マルチデーツアー

ロンドン発イングランド中心部、ウェールズ&ヨークシャー小グループツアー

33件の口コミ
google
ノースウェールズとイングランドの中心部への5日間の小グループツアーでロンドンを逃れよう!ウィリアム・シェイクスピアの足跡をたどるためにストラットフォード・アポン・エイボンを訪れてください。スノードニア国立公園の荒野をリラックスしてお楽しみください。バクストンの小さな町やピーク地区の美しいチャッツワースハウスを訪れてみてください。ヨークとケンブリッジの歴史的都市を探索する。シュルーズベリーに2泊、ヨークに2泊の3泊のゲストハウスまたはホテル宿泊施設が4泊含まれています。 <br><br>この小さなグループツアーでは、16人までの人数に制限されており、ガイドからのパーソナライズされた注意を確実にしています。
¥91,042(大人1名あたり)
1,581件口コミ21Q&A
評価
  • 1,001
  • 383
  • 114
  • 49
  • 34
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Cho-sanさんが口コミを投稿しました(2018年11月)
川崎投稿2,163評価1,386
広大な庭園の中にあり、野生の鹿が群れていました。別に人を怖がるでもない。ハウスは豪壮なチューダー様式の大邸宅。エリザベス女王の相談役を務めたウィリアム・セシルが1565-1587年建設。現在4階建ての広壮な館は1975年に第7代エクセター侯爵が創設したバーリー・ハウス保存財団によって管理されていますが、3,4階には侯爵一家が 暮らしており、公開されているのは1,2階の18部屋のみ。全体では30の大部屋と80近くの小部屋があるのだとか。 各部屋に鈴なりに絵画が掛かっていますが、真作は少ない。殆どが一目でそれと判る偽作ばかり。歴代の当主たちは余程鑑識眼が無かったのでしょう。世に知られた画家による真作は全体の1割未満というところ。それでも絵画が全部で700点余りあるということなので、まともな絵が60点近くありました。
続きを読む
訪問時期:2018年9月
役に立った
シェアする
魔女リンさんが口コミを投稿しました(2016年6月)
袖ヶ浦市, 千葉県投稿387評価64
残念ながら雨でした。おてんきが良ければ散歩がてら町から歩いていける距離にあるそうです。今回は建物の中だけの見学で我慢しました。キッチンから入って行きました。広いキッチンには銅製のピカピカした調理器具が並び、次にはその昔、使用人が使っていた部屋、上階からの呼び鈴がならび、さながらダウントンアビーの一場面がそこにありました。建物内のチャーチは趣があり御洒落、館内は美術品が溢れ美術館のようでした。「プライドと偏見」のロケで使われた部屋もありました。家具等がなくさっぱりとしていましたが、天井画の素晴らしさは見たとおりでした。その昔、エリザベス一世が泊まった時の特別なエリザベスルームもあり、時代の流れを感じさせるものがありました。レセプションの女性はとても親切で、雨でつかまらないタクシーを何箇所も電話で問い合わせてくれて、やっとたくしーをゲットすることができました。タクシーを待つ間に、おしゃれなオランジェリーでティータイム。次回はぜひ、晴れの日に訪れたいものです。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
役に立った
シェアする
ariagoldbergさんが口コミを投稿しました(2014年6月)
千代田区, 東京都投稿290評価116
スタンフォードの街から歩いて行くのがお勧め。ちょっと分かりにくいので思わず通り過ぎてしまいそうになるが、住宅街が途切れた所にある敷地への門を入ると、広大な緑の芝生に立派な道路が敷かれており、道標に従ってのんびりと散策が楽しめる。一般に公開されているためジョギングをしたりピクニックを楽しむ家族連れなどがみられる。 放し飼いの羊などを横目にやがて建物の特徴的な屋根が見えてくる。まず屋敷の一翼にある立派な車回しの庭を見ながら建物に沿ってさらにしばらく歩くと、漸く入り口に着く。建物の入り口は極めて近代的で美術館のよう。受付で入場料を支払い、屋敷の歴史を概略した展示室でちょっとしたイベントが見られる。その後屋敷内へ。撮影は一切禁止。脳裏に焼き付けようと熱心に見て歩くが、やがてその広大さ、置かれた調度類の素晴らしさに圧倒されて消耗してしまうほど。世界に有名な宮殿の数々に全く引けを取らない豪奢を極めた屋敷だ。 要所に親切なガイドの方がいて、丁寧に説明してくれる。カラクリ扉を発見する喜び。壁にかかる貴重な絵画。かのエリザベス一世を支えた重鎮セシル親子の息づく空間に妄想めくるめく時間が過ぎて行く。 名残惜しいが、体力の限界。ここを出てショップを見る余裕もなく、カフェでクリームティーを頂き英気を養う。更に広大な庭園が待っているからだ。鬱蒼と茂る林の影から大きな湖のほとりを散策。所々に現代美術の展示があり、不思議な空間だ。自然そのままの庭の他に小さい迷路の庭があり、ここは子供の歓声が絶えない愉快な仕掛けのある所だ。この屋敷を訪れる際は一日がかりのピクニックのつもりで用意することをお勧めする。
続きを読む
訪問時期:2014年4月
役に立った
シェアする
yirmisekizさんが口コミを投稿しました(2011年10月)
東京23区, 東京都投稿75評価74
映画「プライドと偏見」のロケ地の一つ、キャサリン夫人の大邸宅ロージングスとして使用された邸宅です。私たちはスタンフォードの街(ここも同じ映画のロケ地として使用されました)に前泊し、宿泊先のホテルに荷物をあずけて徒歩で向かいました。1本道を30分ほど歩く感じですが5月ということで気候も良く、周囲に広がる畑やバーリーハウスの敷地を眺めならのんびり歩くのも、普段の生活ではなかなか無いのでよかったです。 もちろん車が運転できればベストなのでしょうが、ちょっよ敷居が高いという方でも公共交通機関で十分に往復できます。 チャッツワースハウスやブレナムパレスと比べると知名度が低いのか日本人観光客どころか、観光客自体も少なく、ゆっくり邸内を見学できます。メインエントランスが近年になって建てられた現代的な建物になっており、少し注意が必要かもしれません。 東洋の陶磁器コレクションが有名らしく、ひしめき合うように飾られております。(邸内は撮影禁止です) 入口には19世紀(だったと思いますが)当時の邸内で働いていた人々の紹介パネルなどもあり、面白かったです。ガイドの方も非常に親切でカタコトの英語で「プライドと偏見の映画を見て来た」と言うと、実際にロケに使われた部屋の詳細を説明してくださいました。 庭園には現代彫刻が飾られていたり、大きな池があったり、鹿が歩いていたり・・・かなり広大な敷地の一部しか入れないのが残念なところではありますが、イギリス貴族の気分をちょっぴり味わえます。
続きを読む
訪問時期:2011年5月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
Mike Hさんが口コミを投稿しました(2017年7月)
ネイランド, イギリス投稿22評価6
このホテルは、以上英国のカントリーの素晴らしいパンテオンに値するハウスの 1 つである。 のみご質問に回答した押し付け行動では、家を訪れます台無しにされる方には、ナショナルトラストスチュワードと異なり部屋のスチュワード私にます。おめでとうございます。 オーディオガイドお薦めです。アートに興味があれば素晴らしい Web サイトに勉強している価値はあります。景色が見えているのか、より大きい感謝許可するに行く前に出発します。 インテリアは、内装はシンプルで見事では、手ごろな入場料が含まれています価値はあります。
続きを読む
訪問時期:2017年7月
Language Weaver
役に立った
シェアする
前へ
Burghley Houseに関するよくある質問