推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
53件口コミ0Q&A
評価
  • 15
  • 31
  • 7
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Cho-sanさんが口コミを投稿しました(2015年12月)
川崎投稿2,162評価1,386
1802 年11 月にナポレオンによりルーヴル美術館の初代館長に任命された、ヴィヴァン・ドゥノンは1815 年にナポレオンが失脚するまでその地位にあったが、ドゥノン翼として、今もその名をルーヴル美術館内に残している。彼は画家で版画家、作家、美術史家、考古学者、外交官という多才な人物だった。特に美術品の鑑識眼に秀で、ナポレオン軍に随行して教会や王侯貴族の所有だった美術作品中の佳品を戦利品として持ち帰り、ルーヴルのコレクションを豊かにしたのでした。 ドゥノンは1747年、シャロン・シュル・ソーヌの生まれで、1895年、市立美術館設立に際し、市は彼に敬意を表して美術館にその名を冠したのだった。美術館は市の中心にある広場に面したネオ・クラシックな瀟洒な建物。 所蔵品はルカ・ジョルダーノ3点とベルナルド・ストロッツィ、トマ・クチュール、ヴュィヤールが1点ずつあった程度。ピエール=ナルシス・ゲランに帰属されるヴィヴァン・ドゥノン壮年期の肖像画もありました。
続きを読む
訪問時期:2015年10月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
ChicagoMary62さんが口コミを投稿しました(2016年11月)
デンバー, コロラド州投稿88評価22
この素敵な博物館、街を歩いていてつまずいた。 オーナーのシャロンで生まれシュールソーヌ、かつては、ルーヴルできちんと作動していました。 したがって、第16 、第19 世紀から多くの美しい肖像画、彫刻’ s がある。 古風な博物館をお楽しみください。
続きを読む
訪問時期:2016年10月
Language Weaver
役に立った
シェアする
musee Denonに関するよくある質問