推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Museum Langmatt

営業時間外: 営業時間外
本日営業: 営業時間外
シェアする
口コミのハイライト
ラングマット財団

手中の珠のような美術館。印象派前後のコレクションでは、スイス1と言えます。 ラングマットとは牧草地の事でシドニー・ブラウン(1865-1941)夫妻が購入した地所の名前です。シドニーはアセア・ブラウン... 続きを読む

2013年7月9日に投稿しました
Cho-san
,
川崎
41 件すべての口コミを読む
103
すべての写真 (103 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い67%
  • 良い29%
  • 普通4%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
営業時間外
本日の営業時間: 営業時間外
時間帯をすべて表示
平均滞在期間:1-2 時間
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
11
-2°
12
-3°
1
お問い合わせ
Roemerstrasse 30, Baden 5400, Switzerland
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+41 56 200 86 70
電話
レビューを絞り込む
7件
旅行者の評価
4
3
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
4
3
0
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2013年7月9日に投稿しました

手中の珠のような美術館。印象派前後のコレクションでは、スイス1と言えます。 ラングマットとは牧草地の事でシドニー・ブラウン(1865-1941)夫妻が購入した地所の名前です。シドニーはアセア・ブラウン・ボベリ社(ABB)の創始者で、ABBは現在、世界100カ国以上に10...さらに表示

2  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年5月23日に投稿しました

この場所は美しい風景と、美しい彫刻がある。 ホテルには小さなカフェがある。 メインの鉄道駅からもさほど離れていないではありません。

2016年6月10日に投稿しました

ブラウンさん、機械的な産業の創設者の 1 つの巨大な asea brown-boveri 、彼の家族は、この建物栄えていた時代、バーデンバーデンにある小さくて素敵なヴィラ、約 30 年前に、ヴィラと彼の貴重な財宝バーデンのは市内に寄贈されました時まで。 その後博物館なども企画されている。少ないながらされたている ... Browns アートと美の collectionsts ましたが、芸術家たちの客室もいくつかある。ここでは、繊細な洗練された作品、中国の花瓶、よりも、たくさんを鑑賞することができます ... ですが、セントラルポイントで、頑丈なコレクションの印象派絵画あります。素晴らしいマスターズ、モネ、マネ、ドガ、バン・ゴッホ。 が、ルーヴルではありませんが、 1 〜 2 時間に一番を抜け、価値があることができます。 ありません - 上品に装飾され、良く手入れされている理想的な注文には、庭園には小さなウォークをお忘れなく。 入場チケットは極めて低い (10CHF) スイスである。 忘れられない思い出になりました。

2016年6月9日に投稿しました

博物館は、古いヴィラの中に建っている、、壁には印象派とポスト印象派貴重な財宝が展示されている覆われている。 庭園は美しくていて、敷地内にはたくさんの特別なイベントがあります。

2015年10月11日に投稿しました

博物館ラングマット - ロジドゥフランス " は、ラングマット - ロジドゥフランス " シドニー & ジェニーライクブラウン財団から 30römerstrasse に位置している芸術作品を展示していて、バーデンバーデンへ。 ホテルから簡単にアクセスできるバーデン駅 & ことができます。簡単に行くことに徒歩 8~10 分。ただ歩いて行くことバーンホフ通り ( 方向にグランドカジノ ) 、向かいに面し parkstrasse ときに見学をホテル " デュパルク、左折して römerstrasse に。 、博物館の入場料に適切な看板がある。ここをお見逃しなくことはできません。 私たち栗の木が & パークベンチや並木道、彫刻が点在美しく手入れされた庭園内には、砂利道にある門を抜けると、自分たちで見つけました。 その周辺の庭園の美しいヴィラと静寂さ釣られてくれましたしてくれました。予想していたよりももう少し長く楽しむすべしてくれました ... ヴィララングマット - ロジドゥフランス "1900 年下旬 Moser 家カールにより karlsruhe, ドイツ建てられた。 このホテルは、当初シドニー・ウィリアム・ブラウン (...1865-1941) 、ジェニーライク brown-sulzer( 1871-1968) のレジデンスだったのですが後には、息子、 ( 1898-1970) DR シドニー " ハムレットブラウン、 DR ジョン・アンド・アルフレッド・ブラウン ( 1900-1987) 2 、ここにも彼らの家族の家で我慢しました。 エレガントな内装と趣味良く家具類には、今世紀初頭には人目を引くスイス実業家の家族は、養殖ライフスタイルを垣間見ることが備わっている。 ジェニーライクブラウン浸かっ画家として、熟練したカップルは熱心な芸術のコレクターました。 博物館は、ラングマット - ロジドゥフランス " ヴィラを巡る、魅力的な環境の家で表示されているプライベート・アートのコレクション展示されています。 、簡素なコレクションには主に芸術作品がフランスの印象派絵画、ポール cézanne 、エドガー・ドガ、ポールゴーギャン、モネ、カミーユ・ピサロ、 pierre-auguste ルノワール、アルフレッド・シスレーが構成されている。 また、表示にはブラウンの家族が旅行から戻っは、極東のようなエキゾチックな場所を持ってきてくれている芸術品の折衷的なコレクションがあります。 博物館は、定期的に特別なものをテーマにした展示会ので詳細についてオンラインでチェックインをしていないのホスト。 博物館ラングマット - ロジドゥフランス "3 月 1 日から 11 月 30 日からして動作し、営業している ( 月曜日は閉館 ) 吠える声午後平日と週末は、 11 時から午前 5 時から午後 3 時まで 入場料 ( 有料 )12 一人様につきますが、第18 歳未満の方が無料で見学できます。 があり、カフェテリア self-service をいくつか軽食例えばことができる。温かいお飲み物、ケーキ、サンドイッチなど、隣接したテラスが設けられている また、庭園内でピクニックをお楽しみいただけますが、美術館のスタッフ連絡をする必要があります (E メールでお知らせ :engel@langmatt.ch 、または電話 :(0)86 200 7056) 、ピクニックバスケットを作ってくれる前の少なくとも 3 日 +41(2 名様 ( 有料 )110/4 名様まで )200( 有料 ) 。 私たちは 3 時間待たさ @ ヴィララングマット - ロジドゥフランス " 私たちは、静かな環境の中をぶらぶらしました。はしばらく緑豊かな庭園がある。 は主に芸術作品を鑑賞に興味があれば、おそらく美術館を見学し 1-2 時間以内に用意されていることができます。さらに表示

2015年7月30日に投稿しました

素晴らしい観光地から外れた場所です。 歴史的な写真がクオリティ印象派絵画が飾られている。興味深い展示場。 ヴィラパーク ( ピクニックにぴったり ) 一流。

2015年6月26日に投稿しました

地元の製造元シドニー茶色の旧ヴィラ今私にフランスの印象派画家の最も美しいコレクション造られている。 夏は無人島で beaztiful の庭園の中に乗りを訪れるのにもお勧めできるホテルです。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル9件を表示
ベストウエスタン ドゥ パーク
273件の口コミ
0.11 km 先
Trafo Hotel
185件の口コミ
0.35 km 先
ブルー シティ ホテル
87件の口コミ
0.4 km 先
アトリウム-ホテル ブルーメ
239件の口コミ
0.45 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン124件を表示
Brasserie Schwanen
17件の口コミ
0.56 km 先
Il brunello
195件の口コミ
0.44 km 先
Bouillon
109件の口コミ
0.51 km 先
Hertenstein Panorama-Restaurant
101件の口コミ
0.42 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント33件を表示
Stein Castle
68件の口コミ
1.05 km 先
Swiss Children's Museum
43件の口コミ
1.3 km 先
Historisches Museum Baden
22件の口コミ
1.02 km 先
Q & A
Museum Langmattのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン