ニュージアム

ニュージアム (ワシントン DC)

ニュージアム
4.5
専門美術館 • 歴史博物館
完全に閉鎖されているとの報告あり
ガイド
おすすめの滞在時間
2-3 時間
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ツアーやアクティビティ
この観光スポットを満喫するさまざまな方法をチェック。
トラベラーズチョイスとは?
トリップアドバイザーは、旅行者から一貫して高評価の口コミを獲得し、かつトリップアドバイザーに掲載されている施設の上位10%にランクインした宿泊施設、観光スポット、およびレストランにトラベラーズチョイスアワードを授与します。
ニュージアムを満喫するイチ押しの方法
エリア
住所
エリア: Downtown / Chinatown
行き方
  • Archives• 徒歩4分
  • Judiciary Square• 徒歩6分
周辺のおすすめ
レストラン
5 km圏内に2,913件
観光スポット
5 km圏内に412件

4.5
8,747件の口コミ
とても良い
6,839
良い
1,428
普通
329
悪い
108
とても悪い
43

summer
66件の投稿
入場料以上の価値あり
2019年9月 • 友達
世界の過去や現在の報道などに関する博物館です。世界中で発行されている新聞や、911が起こった時の世界中の新聞、ピューリッツァー賞を受賞した写真、LGBTと報道の歴史などが展示されています。有料でもこれが展示できるアメリカはすごいなと思いました。ちなみに6Fから絶景が楽しめます。
投稿日:2019年9月23日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

マフィドマ
17件の投稿
体感型ミュージアム
2019年8月 • カップル・夫婦
ニューヨークの美術館をめぐる中で、ニューミュージアムの特長は体感型だと思います。
訪れた日はドネーションで入れる日で、館外にまで長蛇の列ができていましたが、20分も待たずに入館。
壁にかかった絵だけで無く、ふわふわするスポンジの上を歩いたり、紙吹雪の中を通ったりと、まさに体感型。
その時身体中が紙吹雪まみれになったため、カバンについた紙吹雪を知らぬ間に日本まで持って帰っており、旅行の片付け中に見て、思い出すきっかけになりました。
投稿日:2019年9月13日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ichi-san
アーヴァイン, カリフォルニア23件の投稿
言論の自由
2018年6月
ジャーナリズムの本気度が伝わってくる内容です。いま、我々が何の気なしに手にしている「何でも言いたい事が言える」と言う事がいかに大切か、またどれほど大変な思いをして手に入れたのかを考えさせられました。何枚かの写真には感動させられました。有料ですが、行く価値ありです。
投稿日:2018年6月27日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

norio2bo
駒込, 東京都3,205件の投稿
ワシントンDCには数多くの美術館や博物館がありますが、中でもニュージアムは必見です。
2017年11月 • 一人
アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.には数多くの美術館、博物館があります。

もし、ワシントンD.C.に行かれるのなら是非行かれる事オススメしたい博物館があります。

ニュージアムという名前のニュースとジャーナリズムについての博物館です。

宗教と言論と出版の自由と集会と請願の権利を保障する「アメリカ合衆国憲法修正第1条のもとに自由の精神のために設立されています。

abcNEWSとかTimeWarnerなどの旧メディアFacebook,AOL,apple,Microsoftなどのネットメディアもスポンサーになっています。
日本の会社ではカメラのNikonがありました。

入場料はシニアで21.1ドルです。2日間有効です。
場所は国会議事堂からホワイトハウスに向かうペンシルベニアアヴェニューとコンスチチューションアヴェニューの分岐点の右側(北側)です。左側(南側)はナショナルギャラリーです。

アメリカ合衆国での自由の意味が分かりました。
ニュージアム見学の後は、ワシントンで見る国会議事堂やホワイトハウスをはじめとする景観も違って見えました。
投稿日:2018年3月5日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Telemadang
Düsseldorf, Nordrhein-Westfalen, Germany59件の投稿
報道やマスコミの凄さを味わえる
2018年3月 • 一人
大事件或いは報道写真を通じて、マスコミが世界に与えて来た影響について深く知ることができる。
特にピューリッツァー賞の展示については、衝撃的なものも多く、考えさせられることが多い。
マスコミの功罪のうちの功の部分にしかスポットを当てていないのは、博物館の運営上やむなしか。
投稿日:2018年3月4日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

papap1
46件の投稿
見ごたえがあります
2017年8月 • 一人
地上階にピューリッツァー賞の受賞写真の展示があり、心を動かされます。展示内容は多く、過去の新聞記事やNYテロについての展示、紛争地帯で犠牲になった記者の方々についての展示(日本人記者についても)、真実を伝えたがために殺害されたジャーナリストについての展示など、じっくりみて行くと気がつけば何時間も経ちます。地下にベルリンの壁があるので忘れずに見学してください。無料の場所が多いDCの中で有料ですが、価値はあります。
投稿日:2018年2月6日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Harunari K
名古屋市, 愛知県95件の投稿
新聞がこの世に発行された日から現在まで世界の出来事、歴史がわかります。
2017年9月 • ファミリー
ジァーナリストに感心しあるかた、その他 世の中の歴史に関心のある方には、必見スポットです。世界の新聞、現物なども展示されています。日本語のガイドで説明も受けられます。
投稿日:2017年10月4日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

EK4
仙台455件の投稿
ベルリンの壁
2016年5月 • 友達
始めに地下のベルリンの壁コーナーに行き、次に最上階までエレベーターで昇って降りてくる仕組みになっています。スミソニアンとは異なり有料ですが、展示のしかたが凝っており、とても楽しめます。最上階のテラスからは国会議事堂など素晴らしい景色が望めます。ギフトショップにはなかなか洒落たグッズが置いてあり、お土産探しに良いです。
投稿日:2016年9月28日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

space2030
東京23区, 東京都388件の投稿
ピューリッツアー賞の授賞作品一覧が興味深い!
2016年7月 • ビジネス
ナショナルモールの一角、ナショナル・ギャラリー・オブアートの向かいにあるメディア関連のミュージアムです。ピューリッツアー賞の授賞作品一覧、ベルリンの壁のギャラリー、FBI関連の展示、きょうの一面など興味深い展示品が多数ある楽しいミュージアムです。
投稿日:2016年8月17日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

hirodayo
東京23区, 東京都95件の投稿
事前購入をお勧めします
2016年5月 • 一人
H.P.からチケットを事前購入すると15%引きになるのでお勧めします。
私が訪れた時は、ベトナム戦争に関する報道を特集していましたが、一般の展示内容も充実しています。
チケットは一度入館すると翌日も有効なので、ゆっくり見る事が可能です。
投稿日:2016年5月16日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

2,637件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善