推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

National Museum of Women in the Arts

口コミ368件

National Museum of Women in the Arts

口コミ368件
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
ワシントン DCの他のツアーやアクティビティ
乗り降り自由のワシントンDC市内観光Big Busツアー
¥4,686(大人1名あたり)
人気:18,264名の旅行者が予約しました!
ワシントンDCスーパーセーバー:ムーンライトツアーによるホップオンホップオフトロリー+モニュメント
¥9,989(大人1名あたり)
人気:792名の旅行者が予約しました!
ワシントンD.C.トレジャーハントを歩きましょう:ワシントンD.C.の幽霊!
¥1,308(大人1名あたり)
フル ビュー
所在地
問い合わせ
1250 New York Ave NW, ワシントン DC, DC
アクセス
Metro Center3
McPherson Square4
このエリアをチェック
ワシントンDCを半日で一回りするツアー
半日ツアー

ワシントンDCを半日で一回りするツアー

86件の口コミ
このワシントンDCバス・ツアーに参加すると、レンタカーを借りて自分で運転するストレスを回避できます。ホワイトハウス、アメリカ合衆国議会議事堂、リンカーン記念堂、ナショナル・モールなど、市内の50以上の象徴的な見どころを通過するときに、ガイドがその歴史を楽しく解説します。多くの市内バス・ツアーとは異なり、少人数のグループなので、ガイドが質問やコメントに丁寧に対応します。
¥5,677(大人1名あたり)
368件口コミ1Q&A
評価
  • 231
  • 91
  • 30
  • 11
  • 5
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Cho-sanさんが口コミを投稿しました(2019年9月)
川崎投稿2,160評価1,446
ワシントンのビル街にある5階建ての美術館。女流画家による女性の絵と彫刻のみの珍しい美術館。女流画家の めぼしいところは殆ど網羅していますが、女流画家として世界で初めて認められたと言える、ソフォニスバ・アンギッソラだけはない。女性学芸員にそれを指摘すると、少し悔しそうに、代わりにラヴィニア・フォンターナは2点ありますと言った。ラヴィニアはソフォニスヴァの20年後に生まれた一流の女流画家。
続きを読む
訪問時期:2019年6月
役に立った
シェアする
タクママ2014さんが口コミを投稿しました(2016年12月)
横浜市, 神奈川県投稿1,727評価215
ワシントンDCの国立女性アーティスト作品が展示する珍しい名前の美術館です。もちろん男性のお客さんもいました。女性らしさがある作品からそうではない作品まで多岐あました。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
役に立った
シェアする
takun201711さんが口コミを投稿しました(2016年12月)
海老名投稿1,450評価180
こちらはワシントンDCニューヨークアベニューにあります美術館です。女性アーティストの作品しか展示していませんが、違和感がなく男性の方も来館していました。2時間ほど館内にいたと思います。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
役に立った
シェアする
まるんさんが口コミを投稿しました(2015年5月)
大阪市, 大阪府投稿3,456評価780
女性による作品をコレクションした美術館です。建物の内装なども美しくて、女性らしいかもしれません。フェミニンな作品ばかりでもなく、力強さをかんじるものもありますが、やはり全体的に繊細な雰囲気はあるかもしれません。絵画だけでなく洋服や壺、小物やファブリックなど多岐にわたったコレクションです。
続きを読む
訪問時期:2014年11月
役に立った
シェアする
hosakinさんが口コミを投稿しました(2011年7月)
福岡投稿12,893評価1,489
ニューヨーク・アベニュー側の入口から入り、左手の売店で入場料を払います。私が訪問した時は、マリー・アントワネットの画家として知られるヴィジュ・ルブラン『ベロツェルスキー公爵夫人の肖像』が描かれたシールを張って入場しました。女性芸術美術館というだけあり、スタッフも女性中心。男性が来館しても丁寧に対応してくれます。「See for Yourself」というガイドをインフォメーションでもらいました。特に異彩を放つのはフリーダ・カーロ『トロツキーに捧げた自画像』で、彼女の迫力に圧倒されます。その他、ユトリロの母でもあるヴァラドン、カミーユ・クローデル、メアリー・カサット、オキーフなどの女性芸術家作品を堪能できます。
続きを読む
訪問時期:2011年7月
役に立った
シェアする
前へ
National Museum of Women in the Artsに関するよくある質問