推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

アーサMサックラーギャラリー

口コミ719件

アーサMサックラーギャラリー

口コミ719件
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
ワシントン DCの他のツアーやアクティビティ
乗り降り自由のワシントンDC市内観光Big Busツアー
¥4,712(大人1名あたり)
人気:18,193名の旅行者が予約しました!
ワシントンDCの乗り降り自由のトロリー、アーリントン国立墓地のガイド付きツアー
¥5,235(大人1名あたり)
人気:18,005名の旅行者が予約しました!
ワシントンDCの記念碑を巡る自転車ツアー
¥4,915(大人1名あたり)
人気:2,208名の旅行者が予約しました!
ワシントンD.C.の乗り降り自由なバスツアー 記念碑、ランドマーク、記念館
¥5,235(大人1名あたり)
人気:1,443名の旅行者が予約しました!
ワシントンDC乗り降り自由バスツアーとアトラクション パス
¥7,372(大人1名あたり)
人気:1,012名の旅行者が予約しました!
ナショナルモールの乗り物&ツアー
¥13,151(大人1名あたり)
交通機関を利用したワシントンDCナイトツアー
¥6,587(大人1名あたり)
人気:1,465名の旅行者が予約しました!
さらに表示
フル ビュー
所在地
問い合わせ
1050 Independence Ave SW, ワシントン DC, DC
アクセス
Smithsonian3
L'Enfant Plaza6
このエリアをチェック
路面電車での月光ツアーでワシントンDCのモニュメント観光
ナイトツアー

路面電車での月光ツアーでワシントンDCのモニュメント観光

1,625件の口コミ
ワシントンDCは夜間にライトアップされると壮観に見えるので、野外トロリーでの夜のツアーに参加して街で過ごしてください。組織的なツアーに参加すると、地元の公共交通機関を利用する時間を節約できます。また、ガイドの解説を通じて、途中で学ぶことができます。リンカーン記念館、ホワイトハウス、ワシントン記念館などの人気のランドマークをたくさん見逃しません。
¥4,808(大人1名あたり)
719件口コミ5Q&A
評価
  • 481
  • 195
  • 32
  • 9
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
樋口正博さんが口コミを投稿しました(2019年5月)
狭山市, 埼玉県投稿217評価8
メトロのスミソニアン駅から歩いてすぐの場所にあります。昨年ワシントンDCに来た時は存在を知りませんでしたが、日本のテレビで紹介されたのを機に知りました。実際に行って見て、絵巻物や掛け軸の素晴らしさに圧倒されました。
続きを読む
訪問時期:2019年4月
役に立った
シェアする
mytripdiaryさんが口コミを投稿しました(2019年1月)
投稿536評価16
モール内にあるフリーアギャラリー。小さいですが、アジア、日本のアートの質が高くて驚きました。特に「孔雀の間」は圧巻の美しさ。西洋人の思う東洋の神秘的な感じを表現した部屋は緑と金で埋め尽くされて、とても綺麗でした。
続きを読む
訪問時期:2018年12月
役に立った
シェアする
ぴよよんよんさんが口コミを投稿しました(2018年12月)
札幌投稿184評価63
若い頃に一度だけワシントンDCに来たことがあった。飛行機とダイヤモンドとたくさんの印象派は見たが、それよりもホワイトハウスやリンカーン記念堂の方が感激した。還暦を過ぎて再訪するまでに、若い頃は知らなかったWhistlerやFreer氏との物語も読み、今回の再訪で真っ先に行った。ガイドブックで評価が高い東洋美術品だが、やはり日本人の感性からすると見劣りする作品(同じ作者でも)が多いと若干がっかりした。しかし、Whistlerの作品、とりわけPeacock Roomは極度に独特で、only oneという作品はこういうものだと感動させられた。また、Freer氏が集めたDewingなどのアメリカ画家の作品の質は高かった(日本では専門家でないと知られていないが)。ここでSergentの作品に触れたことで、後日向かいのNational Galleryで、彼の作品群が私には群を抜いてお気に入りになった。  他の美術館もそうだが、個人の寄付でこんな美術館を無料で公開については、日本はいつまでたっても米国に追いつくことはないだろう。
続きを読む
訪問時期:2018年12月
役に立った
シェアする
Royさんが口コミを投稿しました(2018年1月)
東京23区, 東京都投稿197評価7
他と比べると知名度は落ちますが規模がちょうどよく、全ての展示を見ることができます。入る際に荷物検査があるので、小さめなカバンが良いのかもしれません。
続きを読む
訪問時期:2018年1月
役に立った
シェアする
misakajunichiさんが口コミを投稿しました(2017年4月)
いわき市, 福島県投稿251評価123
キャッスルの裏庭は素晴らしい景観を誇っている。僕は暫く、その庭のベンチに腰を下ろして休息した後で、このギャラリーに入った。フリーア・ギャラリーでは何と言っても、「孔雀の間」に掲げられている大きな絵「磁器の国から来た皇女」が有名である。容器の世界で、Japanは漆器、Chinaは磁器を意味する。磁器の国とは中国のことであり、描かれている女性は中国の皇女となるはずであるが、東洋人の目から見たら、少し違和感を感じざるを得ない。欧米人の目から見た中国女性はこのようなイメージだったのかも知れない。
続きを読む
訪問時期:2017年3月
役に立った
シェアする
前へ
アーサMサックラーギャラリーに関するよくある質問