推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
シェアする
オンライン予約
62
すべての写真 (62 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い29%
  • 良い47%
  • 普通20%
  • 悪い3%
  • とても悪い1%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
26°
19°
11
27°
20°
12
28°
21°
1
お問い合わせ
Blue Penny Square, Le Caudan Waterfront, Port Louis, Mauritius
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+230 210 8176
電話
翻訳:Google
Blue Penny Museumを満喫する
上位の肯定的口コミ
2012年3月27日に投稿しました
Google 翻訳

さらに表示

上位の否定的口コミ
2014年9月26日に投稿しました
Google 翻訳

さらに表示

レビューを絞り込む
41件
旅行者の評価
10
27
4
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
10
27
4
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 41 件中 110
2016年1月4日に投稿しました

私は特別切手が好き、というわけではありませんが、毎時25分から35分の10分間だけ展示される本物の1ペニーと2ペンスの切手を見たくていきました。他の展示物も歴史がわかるないようでしたので、とてもたのしかったです。

1  役に立った
Blue Penny MuseumのBPMuseumさん(Public Relations Manager)がこの口コミに回答しました2016年1月7日に返信済み
Google 翻訳

Thank you!

機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年7月25日に投稿しました

はそれぞれモーリシャス市民として、これ以上を発見したいなら、島の歴史について、私が好き な場所をお勧めします。 は同じエリアの、ウォーターフロントとなります ! 眼鏡を持参するのをお忘れなく !

2017年6月2日に投稿しました

スタンプを愛好家たちが多いませんが、モーリシャスで複数のアトラクションのようなこの場所は、島の歴史には、見識を深めることもしてくれました。おすすめです !

2017年5月17日に投稿しました モバイル経由

、素敵な散歩道この博物館スルーしました。 こぢんまりとした面白い。 素敵なスタッフ。 とても清潔です。 手軽に花が実行している別の展示しました。

2017年5月4日に投稿しました モバイル経由

興味は、切手収集家が、この博物館を見学します。必ず私達の休暇中にはモーリシャスにありました。 とても素敵な博物館、ブルー、オレンジ切手にも重点を置いたが島の植民地の歴史を示している。 など多くの古いチャート、出版物、 navigatipnal 楽器 その後は、切手。 博物館のオレンジ、ブルー未使用モーリシャス 20 が 1 時間を 1 時間約 10 分ほどの距離に記載されているしています。 は、後の lapirot 、ダルデンヌ問題がある。 素敵なコレクション、コモンウェルスコレクターのをご覧下さい。

2017年4月16日に投稿しました

博物館 3 べきことはない、滞在中の 3 うまくはない、ブルーペニー。 1. かの歴史には、郵便サービスの宿泊施設からモーリシャス、などの展示がされ、オレンジ - レッド 1 ペニーと深いブルー 2 ペンスインチ郵便局インチ切手、中でも最も稀の世界。 2. モーリシャスの歴史は、特に港ルイ変わっている方法、および 3. of Paul and Virginie の階建て、小説、モーリシャスに囲まれており、がとても気に入りました。では秋方に誕生して以来友人からタイトルキャラクター。 近くにあるル Caudan Waterfront,a new の商業施設や観光名所への非常に興味深い、教育的選択肢である。

2017年4月9日に投稿しました

この博物館が 2 つは高いですし、珍しい切手を訪れます。 さらにこの港の歴史などを含むいくつか素敵な写真を見ている。 素敵なを訪れます。でも、この場所は 2 回を訪問できません。

2017年3月16日に投稿しました モバイル経由

この島の歴史、そのディスカバリー」からは、時に使用された船には、タイプの客室があり、みごとなフランス料理の英国料理と早朝に地図にオランダプレゼンテーションからタコの口寄せのさまざまな変更を通ってました。 多くは早朝切手表示され、郵便サービスの詳細な歴史の島にある。 コレクションの中には 2 つの島切手、美術館、名前を与えている 1 つで、世界で最も稀に囲まれていて、短時間で一度に 1 時間、ライトアップされた本当 philatelists に扱ってくれます。 またディスプレイに島のシップレックに関連したアート作品が数多くある。

2017年3月16日に投稿しました モバイル経由

展示されては、島の芸術と歴史 - モデル船、地図、切手が用意されている。 チケット価格 - プレループ 245/ 大人用

2017年2月13日に投稿しました モバイル経由

は、切手収集に興味があるなら、このホテルがお薦めです。 島の郵便サービス、いくつかの興味深い、昔の写真などの歴史があります。 私は、入場料は料金は少し高い私たちの見たところでところだったのだと思いますでした。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル182件を表示
ラボードネイ ウォーターフロント ホテル
450件の口コミ
0.1 km 先
ル スフラン ホテル アンド マリーナ
731件の口コミ
0.38 km 先
サン ジョルジュ ホテル
51件の口コミ
0.7 km 先
Manoir de la Citadelle
1件の口コミ
1.78 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン1,137件を表示
The Courtyard
90件の口コミ
0.53 km 先
Lambic
236件の口コミ
0.52 km 先
Brasserie Chic
96件の口コミ
0.04 km 先
Côté Jasmin Jardin Bar
51件の口コミ
0.58 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント608件を表示
Aapravasi Ghat
222件の口コミ
0.54 km 先
Le Pouce
81件の口コミ
0.06 km 先
Le Caudan Waterfront
1,286件の口コミ
0.03 km 先
Q & A
Blue Penny Museumのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン