カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家) (バンコク)

トリップアドバイザーからのメッセージ
追って通知があるまで一時休業中

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)
4
専門美術館
続きを読む
一時休業中追って通知があるまで休業
口コミを書く
ガイド
おすすめの滞在時間
1-2 時間
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ツアーやアクティビティ
この観光スポットを満喫するさまざまな方法をチェック。

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)とその近隣エリアの人気アクティビティ

エリア
住所
エリア: スクンビット
行き方
  • Sukhumvit• 徒歩1分
  • Asok• 徒歩4分
周辺のおすすめ
レストラン
5 km圏内に6,350件
観光スポット
10 km圏内に560件

4.0
83件の口コミ
とても良い
18
良い
50
普通
14
悪い
1
とても悪い
0

Taira湘南
茅ヶ崎市, 神奈川県10,068件の投稿
2020年7月
BTSアソーク駅MRTスクンビット駅から大通りを北へ行った所に在ります、19世紀タイ北部ランナータイ王国時代の高床式住居内に当時の生活用具や宗教用具等が展示されています、最初誰も居なくてブラブラしながらスタッフを待ってました、しばらくして、おじさんがやって来てチケットを購入して、当時の生活や宗教の再現ドラマを見せられました、おじさんは直ぐに居なくなって、ドラマを観てましたが、最後までは観ないで勝手に館内を見学して回りました、興味深い展示物が沢山有り、当時の人々の生活環境が解りました、敷地の周りは高層ビルですが、此処だけが緑に囲まれて静かな時間が流れていました、観光客は私一人で、ゆっくり、じっくり観察できました(o^^o)
投稿日:2021年6月22日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Hiroshi W
TYO19件の投稿
2017年10月
バンコク都心の真ん中ですが、とても静かにタイの文化や歴史に触れることができます。穏やかな気持ちになりました。アソーク駅・スクンビット駅からすぐ。
投稿日:2018年8月8日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

柴犬マーシャ
チェンマイ, タイ3,378件の投稿
2018年7月 • 一人
タイの落ち着いた木造伝統家屋で、ビルの合間に残っている。屋外には古い漁具や機織機などが展示され、屋内には工芸品などが展示されている。タイらしさを感じることができる。
投稿日:2018年7月24日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

タンギュイ
東京905件の投稿
2016年4月 • 一人
チェンマイ等でよく見るラ―ンナー様式ですね。長年の由緒を感じます。王子様のご子孫が北部の方から移設したとのこと。大通りからちょっと入ったところ。
トリップアドバイザーの地図では、ナナ駅の近くに位置するが、この付近にはこれはない。アソーク駅の地図で言う上の方ですね。
投稿日:2016年7月20日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ぴろーしき
瀬戸市, 愛知県6,120件の投稿
2016年5月 • 一人
アソークの交差点から北に5分くらい歩いた左手にあります。タイの高床式住宅などが展示されています。都会の中の清涼な雰囲気って感じはいいのですが、100バーツの入場料はジムトンプソンの家と同じと考えるとちょっと高い気がします。
投稿日:2016年5月19日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

キャロットクラブ国際線旅客部
磐田市, 静岡県8,553件の投稿
2016年1月 • 一人
アルソック駅からほど近いとところにあります。緑あふれる敷地に木造の建物が並んでいます。館内は、タイの文化をしる生活用品がたくさん展示されています。タイの民族文化を触れるにいいですね!
投稿日:2016年2月20日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Katsumi56
西東京市, 東京都5,810件の投稿
2015年9月 • 一人
BTSアソークの駅からは5分くらい、スクンビット通りのソイ21(アソーク通り)に面した所にありました。
小さな博物館です。タイ北部のランナー文化の生活様式を紹介しています。
中心はチェンマイから移築した19世紀中頃に建てられた高床式の住居です。
建物の1階と高床式の2階部分には当時の農家や漁師が使った生活用具などが丁寧に展示されていました。 入場料は100バーツです。
投稿日:2015年10月2日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

yusr5502
板橋区, 東京都447件の投稿
2015年2月 • 一人
 BTSのアソーク駅と地下鉄スクムビットから至近で、高級ホテルや商業施設の林立する中にたたずむ高床式の伝統家屋は、どことなくほっとする空間です。大通りに面している割に静かで、訪問客も少ないので落ち着く場所です。有料(100バーツ)。展示物は日本の古民家を利用した郷土資料館のそれと似通ったレベルで、目を見張るほどではありませんが、近くの商業施設を回る前に地図で位置を確認するために腰を下ろす場所として最適。入り口にしゃれた喫茶店があります。
 最近人気の商業施設であるターミナル21や、ばらまき土産にいい安価な食品などが安価に売られているロビンソンスーパーがすぐの場所です。併せて訪れてみましょう。
投稿日:2015年3月5日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ぽんぽこぽんた
東京23区, 東京都3,725件の投稿
2013年12月 • 一人
バンコクにはジムトンプソンの家やスアンパッカード宮殿といった、伝統家屋を用いた私立美術館風の観光スポットが数軒ありますが、ここもそのひとつと考えて良いかもしれません。タイ北部から運ばれて来た高床式の住居は19世紀のもの。展示物は農機具やお台所の調理道具、魚を捕る網等々…美術的なコレクションはありませんが、民俗学的なお勉強にはなりますね♪敷地内はとてもSukhumvit とは思えない地方の田舎な風情が漂っています。
投稿日:2014年11月18日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

へま
東京177件の投稿
2013年9月 • 友達
実際に使われていたランナー建築の高床式の家をアソークへ移築し、博物館として公開しています。
ランナー建築の家の建て方、かつての台所で料理されていたカレー作り方、先祖をまつる儀式などの映像が流れる他、各部屋のかつて利用した様々な調度品などが展示されています。
アソーク駅からもすぐなので、ショッピングの合間に寄られるのもいいかもしれません。
投稿日:2013年9月30日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

49件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)に関するよくある質問

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)ツアーは十分前もって予約しておくことをおすすめします。 トリップアドバイザーでのご予約なら、ツアー開始時間の24時間前までにキャンセルすると全額返金されます。 カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)のツアーをすべて表示(2件)


カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)周辺のレストラン: カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)周辺のレストランをすべて表示