推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
すべての写真 (26 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い42%
  • 良い33%
  • 普通25%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
30°
21°
1
32°
22°
2
33°
23°
3
お問い合わせ
726/9 Nikhom Makkasan, Ratchathewi, Bangkok, Thailand
マッカサン
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+66 2 251 3173
電話
掲載内容を修正する
Google
タイ労働博物館を満喫する
¥5,862
詳細
¥6,265
詳細
レビューを絞り込む
13件
評価
5
4
4
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
5
4
4
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 13 件中 110
2017年5月12日に投稿しました

この博物館の訪問帳を見たところ、自分が来た日は俺だけで、前日が韓国人が一人 その前の日は、ヨーロッパのどこかの国の人が一人と恐ろしく訪問客が少なく、 中は4部屋か5部屋で、タイといいますか、バンコクでの労働がどのように行われていたかという感じの展示です。ジーンズ工場で女...さらに表示

訪問時期:2016年8月
1  役に立った
2017年2月11日に投稿しました

バンコク街歩きの際に寄った博物館。 労働者の視点からタイの歴史を追っている展示内容構成になっている。 古代王朝、中国の影響化、歴代ラーマ王政、2つの世界大戦、近現代とそれぞれブースがあり、展示物がある。 当然、日本帝国に関する展示もあるが、イギリスの圧力をタイ人と...さらに表示

訪問時期:2016年9月
役に立った
2016年12月11日に投稿しました モバイル経由

入場無料。小さいですがタイの労働者の歴史が学べます。現代のコーナーは労働組合の宣伝ぽいですが、全体的には中々面白いと思いました。

訪問時期:2016年12月
役に立った
2016年7月21日に投稿しました

ラッタナコシン博物館のように、テーマごとに室に分かれての説明展示ですね。民主主義の定着とその過程で、タマサート大学で虐殺があったとか、タイ語と英語の説明展示ですね。

訪問時期:2016年4月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:2 週間前

封建時代と奴隷制から、労働者の状態を改善しようとする現代の試みや、タイ軍によるタイの労働者と学生への致命的な攻撃まで、中国のクーリエの到来に伴う賃金の労働時代までのタイの労働に関する優れた小さな博物館1976年と1992年のように。第二次世界大戦中の日本とのタイの同盟関係やタイ-ビルマ鉄道での非常に多くの労働者の死など、タイの歴史の繊細な側面に触れる優れた歴史的展示。タイの文化史に関する優れた展示。 博物館自体は古くてローテクに見えるかもしれませんが、それは古いローテク時代に関係しているので大丈夫です。 マッカサン駅近くの線路の脇にある不明瞭な場所にあります。MRTのペッチャブリー駅またはBTSのパヤタイ駅から徒歩1 km以上です。奥にオフィスがあり、キュレーターが働いていて、受付は無人の場合があります。注意を喚起するために、鳴らすドアの横にベルがあります。入場は無料です。レセプションデスクのそばに任意の募金箱があります。 タイには、他の場所と同様に、君主や支配エリートの優れた業績を知ることができる素晴らしい光景がありますが、彼らの努力を支援していた労働者についてはあまり見つけません。この博物館は、それらの労働者。 この博物館の情報は他の場所では簡単に見つけることができず、私はこれを5/5のアトラクションと評価しています。ここには、ニュースが抑制され、タイの人々が何が起こっているのかを尋ねたタイの歴史のそれらの敏感な時期に関する情報があります。魅力的!

訪問時期:2020年1月
2018年10月12日に投稿しました

この博物館は、カースト制度から中国の移住と労働組織化の波を経て、世界の資本主義経済における現代の闘争に至るタイの労働者の歴史を伝えています。途中、タイの政治的変化、労働集団を抑圧しようとする努力、1973年の暴動の抑制やカデルのおもちゃ工場の火災などの悲劇について話しています。多くのディスプレイは英語で表示されます。 予算は約1時間です。それは、見物人を持つことを本当に喜んでしている労働主催者によって一見走っている小さな博物館です。参加費はかかりませんが、寄付は歓迎されます。 この博物館はエラワン神社から徒歩20分で、景色の良い散歩ではなく、安いレストランがたくさんあるエリアを通ります。また、BTS Ratchaprarop駅とMRT Phetchaburi駅から簡単にアクセスできます。

訪問時期:2018年10月
2018年3月15日に投稿しました モバイル経由

わずか数日間バンコクにいたら、これは博物館ではないかもしれませんが、あなたがここに住んでいたり、タイの歴史に関心を持っていれば、これは欠けている部分です。利用可能な情報と資料に魅了され、博物館を楽しんで1時間15分過ごしました。 最近の別の博物館への訪問で、私はタイ人がインドに似たカースト制度を持っていると言っていると聞いて驚きました。私は彼をほとんど信じなかった。しかし、タイの労働博物館は、その見解を支持するために多大な文脈を提供した。 私はまた、なぜ王国ラマ5世が、現在も、彼の治世の100年後の今のところ、タイの人々に愛されている理由をもっと深く理解していました。宮廷労働と奴隷労働を廃止することは、道路、郵便システム、電話などでタイを近代化することに加えて実施した改革であった。 水曜から日曜は10:00〜4:00までオープンしています。その他のレビューでは、鐘を鳴らすだけです。

訪問時期:2018年3月
2018年1月26日に投稿しました モバイル経由

タイのカースト制度と、タイの組織労働と民主的権利の歴史を語る小さな興味深い博物館。それは約30分かかりましたが、私は非常に多くを学んだ。あなたが到着したときにそれがロックされている場合は、鐘を鳴らす。

訪問時期:2018年1月
2016年9月19日に投稿しました

労働博物館はタイ makhasan 鉄道駅近くにある、シングル階建ての赤い建物。 正面には労働者と呼ばれるの「尊厳」では、マンと女の歴史は、大きな観覧車がにわたり、モニュメントとなっています。 この小さな博物館には労働運動の進化奴隷の時代から現在彼らの闘争見本市会場トリートメント利得を描いている。 博物館は、水曜日から土曜日までオープンしている、 3~10 時 ~ 午後 10 時 入場料は無料ですが、小さな寄付を感謝しています。 面白いを訪れます。

訪問時期:2016年8月
2016年8月14日に投稿しました

この博物館シンプルで、情報満載である。 が利用できる十分な情報の表示に各メニューにある。 ただし、これは小さな美術館で、かなりコンパクトで、混雑していたことです。 免税店で、ローンサービススタッフはフレンドリーです。 ません。博物館暗闇にあります。ガラスのスライドドアからドアに到着した場合騙されないでください。 、明かりが全部を訪れる旅行者にスイッチを入れ、ベル、サービススタッフとオープンしていますリング。 この料金を節約するためには良い方法は、美術館の入場料金はないので、あなたが寄付できる気分が今まで料金です。

訪問時期:2016年7月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル1,174件を表示
バンコク パレス ホテル
2,793件の口コミ
0.19 km 先
イースティン ホテル アンド スパ
1,839件の口コミ
0.26 km 先
エコテル バンコク
601件の口コミ
0.27 km 先
ラマダbyウィンダムD MAバンコク
1,085件の口コミ
0.3 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン14,332件を表示
ナアルン
548件の口コミ
0.63 km 先
THIRTY 3 CAFE
86件の口コミ
0.28 km 先
Baan Garagade Thai Cuisine
26件の口コミ
0.6 km 先
Asian Delight Indian Restaurant & Bar
49件の口コミ
0.42 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポットをすべて表示
エアポートレールリンク (バンコク)
14,088件の口コミ
0.79 km 先
Emporium Armani
452件の口コミ
0.38 km 先
Giorgio Bettoni Fashion Gallery
57件の口コミ
0.79 km 先
Robin Tailors
47件の口コミ
0.81 km 先
Q & A
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン
タイ労働博物館に関するよくある質問