推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
旅を計画する
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
観光ツアー
種類豊富なツアーやアクティビティをチェック
宿泊・周遊パッケージツアー
プランは宿泊付きツアーにおまかせ
アウトドア
充実のアウトドア体験
•••
さらに表示
フレキシブルな南京市のハイライトツアー
¥17,585(大人1名あたり)
半日南京パープルマウンテンプライベートツアー
¥14,984(大人1名あたり)
新幹線で上海からの私的柔軟な南京市の日帰り旅行
¥31,954(大人1名あたり)
4時間南京小陵陵、太陽は泉霊廟、フーチ市場
¥14,922(大人1名あたり)
揚州からの南京セルフガイドツアー、専用車とドライバーサービス付き
¥9,865(大人1名あたり)
南京プライベートツアー:孫文霊廟、小陵、唐山温泉
¥22,646(大人1名あたり)
さらに表示
フル ビュー
所在地
問い合わせ
210018 中国 南京 玄武区玄武区瓮仲路
このエリアをチェック
南京の共和国時代の日帰りプライベートツアー
歴史と文化遺産ツアー

南京の共和国時代の日帰りプライベートツアー

2件の口コミ
google
この包括的なプライベート8時間ツアーでは、南京(1912年から1949年まで)における中華民国体制の詳細な歴史の概要を説明します。地元のプロのガイドと一緒に、ヤーセン霊廟、美鈴宮殿、南京大統領宮殿、南京大虐殺記念館をご覧ください。南京博物館を訪問して、上記のアトラクションの代わりになることもできます。ミーティングポイントは、南京ホテルまたは南京駅のどちらからでもかまいません。
¥19,445(大人1名あたり)
477件口コミ1Q&A
評価
  • 221
  • 198
  • 48
  • 8
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
soutianさんが口コミを投稿しました(2019年8月)
投稿5
地下鉄の駅から公園の入り口は歩いてすぐですが、公園の入り口から孝陵までは、結構歩きます。前に来たのは98年でしたが、その後、かなり観光地として整備されていました。孝陵のすぐとなりの東陵は来る人も少なく、のんびりできます(顔真卿碑林もありますが、お暇な方だけどうぞ)。少し山を登ると紫霞湖があります。タイガーバームの胡文虎の寄付で作られた人口湖ですが、タナゴが泳ぐ姿に癒されました。さらに上には北郊壇遺跡があるはずなのですが、かなり山を登っても見つけることができませんでした。山中で何人かの中国人観光客と行き違いましたが、誰も見つけられなかったようです。大きな門に「北郊壇」と書かれていたのですが。山が好きなので、良しとしておきます。
続きを読む
訪問時期:2019年8月
役に立った
シェアする
蓝天白云in苏州さんが口コミを投稿しました(2019年6月)
宇都宮市, 栃木県投稿826評価49
@南京。明の太祖洪武帝朱元璋と后妃の陵墓。北京•瀋陽にある皇帝陵墓群とともに、世界遺産です。とにかくたくさん歩くつもりで、見に行かなきゃ。。。
続きを読む
訪問時期:2018年9月
役に立った
シェアする
kuriyoshiさんが口コミを投稿しました(2019年5月)
川越市, 埼玉県投稿1,709評価322
壮大な陵墓で、とにかく広い。参道だけでも600m以上もあり、アプローチも見学のだいご味となっている。中国皇帝の陵墓としての典型的な構造を有しており、昨年の瀋陽の清代のものとの類似性を感じました。とにかく歩かなくてはならないので、装備を考えて訪れることが肝心です。周囲の森の景観も素敵です。
続きを読む
訪問時期:2019年5月
役に立った
シェアする
TOPPE11さんが口コミを投稿しました(2018年12月)
上海, 中国投稿1,619評価161
+1
美齢宮→神道→孝陵→梅花山(観梅軒・孫権墓)→江蘇博物院と歩きましたが、トータルで4時間を要する長丁場でした。 孝陵は規模が大きいことを除けば、その他の明清皇帝陵墓と大きく異なりませんが、梅花山には汪兆銘の墳墓を戦後に蒋介石が毀させた上に建てられた観梅軒や、すでに具体的な位置がわからなくなった孫権の墓など、想像力を刺激する名所がいくつかあります。
続きを読む
訪問時期:2018年12月
役に立った
シェアする
gifutoさんが口コミを投稿しました(2018年10月)
各務原市, 岐阜県投稿254評価65
明王朝の太祖「朱元璋」と皇后などが眠る陵墓(世界遺産)である。 入場料は70元で、広大な敷地の中に世界遺産が点在しておりフルコースで5~6km要するのでウォーキングシューズなどがいい。 なお、陵の南麓にある霊谷寺・美齢宮などがセットになった入場料は100元である。電動カートもあり1回10元である。 行き方は、地下鉄2号線の苜蓿園(ム シュ ユエン駅下車して路線バス20路、203路、315路に乗車して明孝陵(ミン シャオ リン)バス停で下車する。 または地下鉄2号線の明故宮(ミン グゥ ゴング)駅下車して明孝陵バス停までいく。 入場料を払ったときにもらった地図を頼りにコース沿いに進むと石像路神道(12対の石の像)が迎えてくれる。北京にある明の十三陵のオリジナルだろうと想像できる。 因みに、北京郊外にある「明の十三陵」の陵墓群は、明の永楽帝が都を南京から北京に遷都した後のお墓群で明孝陵がモデルとなっているかも?
続きを読む
訪問時期:2018年5月
役に立った
シェアする
前へ
明孝陵に関するよくある質問