推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

ドイツ植民地博物館
Museo Colonial Aleman

本日営業: 9:00 - 17:30
シェアする
オンライン予約
512
すべての写真 (512 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い52%
  • 良い39%
  • 普通7%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
準備中
本日の営業時間: 9:00 - 17:30
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
13°
11
16°
12
17°
1
お問い合わせ
Av. Vicente Pérez Rosales S/N | Numero Da Sala Comercial, Cruzamento, Praca, Frutillar, Chile
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+56 65 242 1142
電話
翻訳:Google
ドイツ植民地博物館を満喫する
上位の肯定的口コミ
2012年1月2日に投稿しました
Google 翻訳

さらに表示

上位の否定的口コミ
2014年2月24日に投稿しました
Google 翻訳

さらに表示

レビューを絞り込む
22件
旅行者の評価
7
11
3
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
7
11
3
1
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 22 件中 110
2014年4月28日に投稿しました

フルティジャールあたりはかつて移民が多くドイツから来ていました。その人たちの歴史を表した博物館が運営されています。歴史がよくわかりドイツ人のかつての生活が表現されています。

1  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年5月2日に投稿しました

このよく維持されている歴史あるドイツ人家族経営の農場に亘って設けられ、素晴らしい方法チリのこの地域にあり、ヨーロッパの影響を受けた。 立地も良く、典型的なまでに近く、彼らの自然に囲まれた環境でを見ることができませんでしたたくさんのアンティークが置かれ、手入れが行き届いている。 ガイド付きのツアー、スペイン語でのですが、興味深い敷地内は、展示会にも簡単に歩いて行けました。で、敷地内はとてもキレイに手入れされていて同行のファーム、受刑者の家族の生活とは、働きです。 美しい木や花々、池この場所の静寂さに華を添えも見ている。 子どももこの歴史を体験するのにはすばらしい方法です。

2017年4月30日に投稿しました

この博物館コンプレックスおそらく私たちのツアーのハイライトになりました。 開放的な、美しい建物で、よく手入れされた庭園、各建物と比べ工芸品、酔っストリーム、壮麗な花々、赤い果実が建ち並ぶエリア背負い、ホリーツリー。 登山の急な遊歩道、年齢 ( 、フィットネス・レベルの ) かによります。が、手すり、標識がある。 インチフルティジャールのようなドイツコロニアル博物館は、地元住民の興味深い知っているから、維持するジャンキウエ湖の歴史や、ドイツとして広まっ発生した。 1979 年にフルティジャール自治体ランドチリのオ - ストラル大学に寄付され、博物館のハビリテーション工事開始されます。 各ユニットの建設工事の開始には、 12 名までのチームと、ウォーターミル、ブラックスミスインベッド & ブレックファスト建てられた第1982 1984 年、 6 マスターズ間ののランドクリアしています。 どちらも設備が博物館は 28 1984年1月にオープンしたばかり。 わずか 4 ヶ月後、カンパナリオ建てられた、カソーナデ・カンポの建設第1988 1989 年の間に完了でした。 博物館、庭園、コレクションや建物を抜け、ドイツ人入植者たちが新しい家建設のために行われることがいて、様々なアクティビティなどの、 1 階プランティング ( 植樹 ) ために準備し、最後には彼らの新しいホームランドとして認識された違反でています。 インチ 面白くてため、興味深い、穏やかな、歴史未来に保存されます。

2017年4月4日に投稿しました

花、窓がどこに行くにも - ケースや、木製のアクセントになっている建物が、バイエルンワンダーランドでのような感じがします。 この興味深い博物館を見学します。スペースは 1800 年代の終わりに方に植民地支配ドイツ、オーストリア料理開拓者たちの生活に洞察力を与えるします。 周りには、シーニック不思議を除く ) を訪れるのにありません。

2017年2月22日に投稿しました

これらの最初のドイツのコロニーホームチリ競馬好き達によって 1842 年からのものです。 彼らが住んでいた、美しい場所である時から。すべてがを訪れます。 古いピアノがありますが、気分が味わえます。用具、調度品や付属品は時間である。 ホテル内に 3 軒の異なる家と素敵な庭それらを見るように歴史的な情報が送られている。 ほとんどの場合は左にチリているように、第19 世紀スイス / ドイツ入力された。

2017年2月10日に投稿しました モバイル経由

庭園の中に、小さな博物館、ハウス良い散歩早朝に、ビッグバスに到着前に行きます。 よくの火山、長い終末約 4 つ私たちは最高の景色が見える盛り付けられた

2017年2月2日に投稿しました

のようなドイツ移民の歴史の一部で 1 つの場所にあるこのエリアの外観をしている。 展示品はいいが、多数の建物がとても素敵な庭園に囲まれている。 標識のほとんどが英語通訳が備わっている。

2017年1月15日に投稿しました

博物館は、いくつかの小さな建物で構成されており、ドイツ人入植者が、複製の家のようにはメインとなっています。 博物館自体は壮観なは何もありませんが、敷地内には素敵なていましたが、私たちのツアーの時間がその後は、小さな町を歩いて十分な広さがありました。 ありましたが、私たち、全てが咲き誇るでした。最もの家は小さい庭園ました、湖はいつも数ブロックの所に時点で、全ての時間をパスへのリラックスしたです

2017年1月13日に投稿しました モバイル経由

私たちはドイツ人入植者ができるでしょうか、よりには特殊な事柄についててアプローチを通ってました ! とても苦労、チリを逃しましたが、それを訪問に素敵な場所でした。 ここは来るとまるでおとぎ話を歩いているような感じでした。

2017年1月2日に投稿しました

ホテル内にはレストランが 3 こぢんまりとした建物にここにトイレの 1 つとなっているが、ブラックスミスインベッド & ブレックファストショップがあり、気象状況などありませんが、ウォーターミルと併設しているオリジナルのドイツ人入植者たちで使用されて工芸品などの、数は限られている電話番号、 1 つは、あまりありませんでした総合するとことができます。 博物館の努力はしてくれました居心地がありますしている庭園に囲まれ、彼らは入った瞬間に立ってくれ、ミコマス・ヒナギクのホテルをお探しではなくて疲れていました。バラ、ベッドの 2 台が置かれている。 時間をより効率的に進めるためを使い、湖へ歩いて下り、このエリアの描いた描かれた天井があり、桟橋や、ペルゴラを備えている。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル7件を表示
Terrasur Hotel & Expediciones
3件の口コミ
0.53 km 先
Hotel Frutillar
56件の口コミ
0.54 km 先
Amadeus Hotel
48件の口コミ
0.62 km 先
Hotel Frau Holle
117件の口コミ
0.74 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン49件を表示
Restaurante Cocina Frau Holle
340件の口コミ
0.75 km 先
KuchenLaden
575件の口コミ
0.93 km 先
Duendes del Lago
612件の口コミ
0.48 km 先
Cafe Casa Rosalba
103件の口コミ
0.55 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント18件を表示
Teatro del Lago
843件の口コミ
0.8 km 先
Costanera Frutillar Bajo
223件の口コミ
0.41 km 先
Muelle Frutillar
745件の口コミ
0.41 km 先
Q & A
ドイツ植民地博物館のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン