推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

大同城墙遗址

口コミ114件

大同城墙遗址

口コミ114件
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
観光ツアー
種類豊富なツアーやアクティビティをチェック
宿泊・周遊パッケージツアー
プランは宿泊付きツアーにおまかせ
組み立て自由・プライベートツアー
自由なプランで気ままに旅を楽しむ
文化体験
現地の魅力にどっぷり浸ろう
•••
さらに表示
大同古典日帰りツアー
¥10,883(大人1名あたり)
新幹線で北京から大同の永崗石窟へのプライベートデイツアー
¥22,070(大人1名あたり)
新幹線で張家口から大同市のハイライトまでの2日間のプライベートツアー
¥47,667(大人1名あたり)
大同から五台山へのプライベートデイツアー
¥35,864(大人1名あたり)
さらに表示
フル ビュー
所在地
問い合わせ
037000 中国 大同市 城区中心部
このエリアをチェック
民間大同日帰りツアー - 地方観光ガイドナンシー
文化ツアー

民間大同日帰りツアー - 地方観光ガイドナンシー

20件の口コミ
google
魅力的な吊り寺院を訪れるために、この素​​晴らしいツアーに参加してください。昨年落ちる岩が壊れた後、2016年の5月の休日のために、中国北部の崖の上にある不安定な松林で知られる古代の寺院が再開しました。2010年には、「世界のトップ10の危険な建築"タイムマガジンによる。我々はまた、Yungang Grottoesの美しさを発見し、最大17メートルの高さと最小2cmの高さを持つ51,000以上の彫像を誇っています。 2001年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。大同からの日帰り旅行!
¥10,611(大人1名あたり)
114件口コミ0Q&A
評価
  • 34
  • 47
  • 27
  • 4
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Tad.Kさんが口コミを投稿しました(2018年3月)
北京, 中国投稿209評価27
再建された綺麗な城壁ですので、あまり観光客もおらずゆっくり回れました。 城壁の夜景は南側の外側から見るとなかなか豪華な景色でした。 レンタルサイクルがあり一周できます。
続きを読む
訪問時期:2018年3月
役に立った
シェアする
Tad.Kさんが口コミを投稿しました(2017年9月)
北京, 中国投稿209評価27
月初の日曜に行ったのですが無料で入れました。 城壁の上は人が少なく自転車で一周小一時間ほどで回れるとのことですが、スケジュールの関係で南門から東門に当たる場所まで行きました。南東の角で途中雁塔を拝めます。 1人乗りの自転車はデポジットが90元、レンタル費が10元と西安の城壁と比べるとかなりお得でした。 まだまだ城壁内の街並みを整備中で工事が完了する頃には素晴らしい景観になると思います。(いつになるのかは?ですが) 南側の楼閣はかなりの数がライトアップされておりなかなか見事です。 時間があれば行ってみてもよいでしょう。
続きを読む
訪問時期:2017年9月
役に立った
シェアする
itoyukadoさんが口コミを投稿しました(2017年5月)
宇都宮市, 栃木県投稿625評価38
祝日だったからかID・パスポートを見せたら無料でした。下からは想像がつきませんでしたが、城壁に登るととても広く整備されていて、城壁上をカートで回れます。IDを預ける様子だったので遠慮しましたが、レンタルサイクルもありました。
続きを読む
訪問時期:2017年5月
役に立った
シェアする
aeolousさんが口コミを投稿しました(2016年5月)
和歌山市, 和歌山県投稿3,502評価274
城壁と共に旧市街の街並みを再開発中で、夜になるとライトアップされ、とても美しいです。城壁には30元で登ることができます。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
役に立った
シェアする
铃木飞翔さんが口コミを投稿しました(2014年2月)
紀の川市, 和歌山県投稿3,290評価103
+1
2014年2月現在では、東側の和陽門と、南側の永泰門の間は20元で上って歩けます。ただ内側は古い人家がまだ相当残っており、まだ何カ所かお寺の建立の工事もされています。外側は公園の工事がまだ相当かかりそうな感じです。南側の城壁の上には雁塔という塔も建てられ、中は登る階段はあるものの急すぎてなのか閉鎖されてました。春節だったので、城壁の上では場違いな展示物が多数あり、また永泰門のところでは氷祭り(氷で馬などの形を作る)まで開催され、古都大同になりきれないチグハグさを感じました。城壁自体も西安の城壁ような古い建造物ではなく新造なので、20年くらい経つと風情が出るかもしれません。
続きを読む
訪問時期:2014年2月
役に立った
シェアする
前へ
大同城墙遗址に関するよくある質問