推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 18:00
口コミのハイライト
瞑想をする場所

ベンガルールの郊外にある瞑想施設。巨大なピラミッドの中で瞑想ができるほか、様々なトピックのワークショップ(英語やカンナダ語等)、宿泊なども出来ます。車での訪問が一番便利ですが、バスでも行けます。バスで... 続きを読む

2017年2月14日に投稿しました
Kokeshimaru
,
東京23区, 東京都
巨大な瞑想ピラミッド

バンガロールの南にあり、路線バスで行けます。シンボルである瞑想ピラミッドが見えてきたら降車し(社内の人に聞けば、誰か教えてくれます)、農道を少しあるけば着きます。敷地内は広く、草木も多くのんびりできま... 続きを読む

2016年1月26日に投稿しました
cooltraveler2015
,
大阪府
346 件すべての口コミを読む
358
すべての写真 (358 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い36%
  • 良い46%
  • 普通16%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
準備中
本日の営業時間: 9:00 - 18:00
時間帯をすべて表示
お問い合わせ
Kanakapura Road | Kebbedoddi Village, Harohalli Hobli, Bengaluru 562112, India
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+91 80 3272 3143
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
バンガロールと近隣エリアでおすすめの体験
レビューを絞り込む
136件
旅行者の評価
53
63
20
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
53
63
20
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 136 件中 110
2017年2月14日に投稿しました

ベンガルールの郊外にある瞑想施設。巨大なピラミッドの中で瞑想ができるほか、様々なトピックのワークショップ(英語やカンナダ語等)、宿泊なども出来ます。車での訪問が一番便利ですが、バスでも行けます。バスで行く際は、Kanakapura・Roadの途中の場所や近隣の町でおり、...さらに表示

訪問日:2016年8月
役に立った
2016年1月26日に投稿しました

バンガロールの南にあり、路線バスで行けます。シンボルである瞑想ピラミッドが見えてきたら降車し(社内の人に聞けば、誰か教えてくれます)、農道を少しあるけば着きます。敷地内は広く、草木も多くのんびりできます。瞑想ピラミッドはなかは完全に空洞で静かな中で皆が瞑想してます。ピラ...さらに表示

訪問日:2015年11月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:2 週間前

私は知っています - これは瞑想の場です。しかし、人々はまた、ここでは観光客として旅行し、それは私が息子と一緒にしたことです。残念ながら、観光客のために、この場所はそれほど素晴らしいものではありません。ピラミッド以外は、バレー内の他の場所を訪れることは許されませんでした。それらのすべては閉鎖されていた。 これはKanakpura RoadのJayangarから約40kmのところにあります。ハイウェイはいいですが、一度あなたがサイドロードに入ると、道路は貧弱になります。約2。この道で5キロ、あなたは谷に達する。 私は入口がすべての訪問者に無料であったことを読んでいた、それは本当です。しかし、彼らは車の駐車料金を請求します。私たちは月曜日にそこに行きました。訪問者はほとんどいませんでした。場所は緑色でとても静かでした。それは素敵だった。ピラミッドへのルートには小さな湖があります。 ピラミッド自体は印象的な構造です。入り口に入る前に、携帯電話をはずして靴をはずす必要があります。ピラミッドの中に小さな書店と壁画があります。さらに内側のピラミッドは中空で、このスペースは瞑想に使われます。多くの椅子が整理されており、ここはとても静かで平穏です。このスペースにはKing's Chamberと呼ばれるものもあり、ピラミッドの高さの1/3に達する中央の高いプラットフォームです。ここに登るには(欲しいなら)最低30分の瞑想をする必要があります!明らかに、私たちはしませんでした - 私たちは瞑想のためにそこに行っていませんでした。しかし、ガードは私たちに椅子に座って10分前に仲介して退場するように促しました。 コーヒーや軽食を楽しめるカフェテリアがあります。 それはそうだった。 1つは好きな場合や、ちょうど置かれているピラミッド型の装飾のいずれかの周りに座って周りにハングアップし、ランチやディナーを持つことができます。そうでなければ、プロパティの残りの部分は、単純な訪問者のための制限です。

訪問日:2018年11月
2018年10月15日に投稿しました

緑豊かな環境を満喫してマチャンを瞑想し、平和と静けさを心に満たします。

訪問日:2017年12月
2018年10月3日に投稿しました モバイル経由

非常に平和なしてください。残念ながらイベントがあったので黙想できませんでした。しかし、絶対に訪れる価値のある場所

訪問日:2018年10月
2018年8月20日に投稿しました

さだかじゃありませんエナジーハングアウトにです。 スピリチュアル、メディテーションなどに興味がある人を見つけられたこ場合があります

訪問日:2017年9月
2018年8月7日に投稿しました

、国際的なメディテーションセンターバンガロール近く地区ラムナガルの kebbedoddi 村である。 ここは世界で最大のメディテーションピラミッド、 brahmarshi patriji では、 2003 年に設立されました。 このホテルはバンガロールの 7 不思議のひとつとして知られている。また仏、巨大な像を見学します集まっているこのホテル内には yogic 姿勢に。 ピラミッドバレー中心にあたり場所の 1 つで、理想的な場所である周辺の午後の暑さに。 快適な雰囲気は最高な場所の 1 つバンガロール近くを訪れるのに便利です。 は無料の昼食、毎日ディナーが提供される。 また、現在進行中日もします一部の定期黙想ている。 宿泊施設に滞在して、瞑想に滞在したい方にも利用できる。

訪問日:2018年6月
2018年6月25日に投稿しました

このホテルはバンガロールの郊外に 20 キロメートルのようである 1 日にここに喜んで過ごすことができます。バレーの入口には美しい花が咲きましたを見ることができます蓮の池とバレーヒル地区にありますが、このホテルはとてもいいです。 ホテルはとても静かで、素敵で音楽演奏にだけでなく、また自然を楽しむことができるメディテーションなど。 食事も用意されている無料の週末を過ごし、寄付をボックスに貢献で食事 ( 有料にサポートしていますサービスは ) 。が備わっているショップもホテル内にメディテーションなどを購入することをお勧めし椅子、手工芸品などです。 丘の上にの上には、 ( 名前忘れました ) シヴァ寺院と 1 つ像、全体的に 1 つレイジー週末を過ごすのにリラックスするのに良い。

訪問日:2018年6月
2018年6月24日に投稿しました モバイル経由

雰囲気が良い。 静かなメディテーションなどにはない場所です。 良いコテージが用意されている。 無料で利用できる。昼食と夕食もを与えている。

訪問日:2018年6月
2018年1月28日に投稿しました モバイル経由

を見るにはピラミッド以外は何もありません。 それのようにに個人の選択によります。 黙想することを好きな場合があります。

訪問日:2018年1月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル867件を表示
Holiday Village
191件の口コミ
0.7 km 先
Treebo Rajathadri Palace
9件の口コミ
3.48 km 先
Hotel Classic Comfort
13件の口コミ
4.22 km 先
OYO 7846 Hotel The Prince Gardenia
2件の口コミ
4.34 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン11,660件を表示
100 ft
113件の口コミ
2.63 km 先
The Rogue Elephant
29件の口コミ
0.61 km 先
Jimis Beer Cafe
17件の口コミ
1.95 km 先
Swensen's
6件の口コミ
2.73 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント800件を表示
Dwadasha Jyotirlinga
75件の口コミ
4.77 km 先
Big Banyan Tree
253件の口コミ
3.84 km 先
Vasantha Vallabharaya Temple
29件の口コミ
2.88 km 先
Pyramid Valley Internationalのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン