推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

丹那神社

施設のオーナー登録
〒413-0034 静岡県熱海市西山町 43-1
0557-82-2241
電話
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
保存する
口コミのハイライト
ここに祀られている殉職者のおかげで今の東海道本線がある

今はローカル線となった御殿場線がかつての東海道本線であった。御殿場線には急勾配があり、補助機関車を必要としていたため、増大する輸送量に応じることができなかった。そこで造られたのが丹那トンネルである。こ... 続きを読む

2017/10/25に投稿しました
LTB511
,
東京
丹那トンネル

完成まで大事故は6回を数え、死者67名、重傷者610名という多大な犠牲を払って昭和9年に開通しました。

2017/10/07に投稿しました
fairlink
モバイル経由
11 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い18%
  • 良い55%
  • 普通27%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒413-0034 静岡県熱海市西山町 43-1
お問い合わせ
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
0557-82-2241
口コミを書く口コミ (11)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語

口コミ 11 件中 110

口コミを投稿:2017/10/25

今はローカル線となった御殿場線がかつての東海道本線であった。御殿場線には急勾配があり、補助機関車を必要としていたため、増大する輸送量に応じることができなかった。そこで造られたのが丹那トンネルである。このトンネル工事は想像を絶する難工事で、67名もの工事犠牲者を出している...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2017/10/07 モバイル経由

完成まで大事故は6回を数え、死者67名、重傷者610名という多大な犠牲を払って昭和9年に開通しました。

役に立った
口コミを投稿:2017/09/03

当時、御殿場ルートだった東海道線を、熱海経由に引きなおすための、最大の難所「丹那トンネル」工事の際の事故で亡くなられた方をお祀りしています。特に工事中に丹那地震も発生したり、大量の湧き水もあり、空前の難工事だったと聞いています。工事完成後は、この厄介な大量の湧き水のおか...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2017/06/26

丹那トンネルの真上にある神社です。トンネル工事の犠牲者を弔うために建てられたようです。丹那トンネル工事の歴史も学べる神社だと思います。

役に立った
口コミを投稿:2016/10/07

来宮神社の後に寄りました。 丹那トンネルは16年に及ぶ歳月と、67名もの犠牲者を出す、難工事の末に開通しました。最初は手掘りで、トンネル残土は馬や牛で運び出していたそうです、信じられませんね。丹那神社は工事の犠牲者をお祀りする、小さな社が有るだけで、観光で行っても面白...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2016/02/23

1934年に開通した丹那トンネル(東海道本線)の工事犠牲者を祀る神社です。 丹那トンネル出口の真上にあり、すぐ横には新丹那トンネル(東海道新幹線)もあります。 神社前には殉職碑があり殉職された方の名が刻まれていました。 熱海梅園から来宮神社に行く途中にあります。

1  役に立った
口コミを投稿:2015/08/13

東海道本線の熱海駅と函南駅の間には丹那トンネルという長大なトンネルが横たわっています。建設当時は日本でも二番目の長さの鉄道トンネル。これだけの長いトンネルともなれば、建設の苦労もひとかたならぬものがあり。実際、大量の湧水や崩壊事故など多くの人々が犠牲になったとのこと。 ...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2014/12/31

とても小さな神社です。熱海市内ですが、駅からはかなり離れます。特に何をしたわけではありませんが、観光ついでに車で立ち寄りました。

役に立った
口コミを投稿:2014/09/15

梅園に向かう時に、立ち寄れる小さな神社です。特にこの神社が観光客の気を引くことはないと思いますが、昔のトンネル工事で、多くの方が亡くなったという事実は、知っておいてもよいと思います。

1  役に立った
口コミを投稿:2013/03/06

 この神社には、丹那トンネルの工事で殉職された方々が祀られており、昭和9 (1934) 年に当時の鉄道省の手で建てられたものです。  場所は、JR東海道本線の丹那トンネル・熱海側の入口の略真上で、狭い所にあり非常に小さな神社で驚きました。  隣りには、「救命石」 が...続きを読む

4  役に立った
Q & A
丹那神社のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する