法輪寺
ガイド
所要時間: 1 時間未満
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善

3.5
バブル評価 5 段階中 3.57件の口コミ
とても良い
2
良い
1
普通
4
悪い
0
とても悪い
0

301隊長
東京都4,434件の投稿
バブル評価 5 段階中 5.0
2018年10月 • 友達
境内に入るとすぐに、ぼけよけ地蔵尊の真っ赤なノボリが目に入ってきます。まじまじとみると、ぼけよけ地蔵尊第一番霊場と記されています。初めて見たのですが、他にも霊場があるのでしょうね。
投稿日:2018年10月8日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

お遍路さん京都市
京都市27,007件の投稿
バブル評価 5 段階中 3.0
2018年4月 • 一人
紀伊の国13佛霊場の第4番札所としての参拝です。以前と然程、変わったところもない、何度も参拝した旧知の寺院です。今回は境内に安置されている「普賢菩薩」が参拝対象。神仏習合時の名残りが色濃く残る境内でした。元々、檀家は一切なくて徳川家の菩提だけを弔う見返りに手厚く庇護されていたが、明治となって徳川が衰退して以降は寺院の維持管理には相当な苦労があったと推察出来る寺院です。空海が開基の由緒ある寺院で、和歌山城の鬼門除けの寺院として存在感を発揮していた時期もありました。
投稿日:2018年4月19日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

もみじ
東京都心, 東京都6,550件の投稿
バブル評価 5 段階中 4.0
2017年2月 • 友達
近隣のと合わせて寺院巡りをいたしました。説明看板などもあったので、お寺について知る事ができたので良かった。時間がある方は、近隣と合わせての散策をおすすめします。
投稿日:2017年11月4日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

お遍路さん京都市
京都市27,007件の投稿
バブル評価 5 段階中 5.0
2017年6月 • 一人
今回の参拝は紀伊之国13佛霊場の第4番札所としての参拝です。過去にも何度も参拝しています。ボケ除け地蔵尊霊場とかで。真言宗単立の正式名を「聖天宮法輪寺」と云います。空海が創建したと伝承されています。霊場としての参拝対象は普賢菩薩ですが、ご本尊はここも他の霊場寺院同様に十一面観世音菩薩です。とても開放的な良い寺院でした。
投稿日:2017年7月4日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

yusuketta
習志野市, 千葉県1,749件の投稿
バブル評価 5 段階中 3.0
2016年2月 • 一人
JR和歌山駅から徒歩15分ほど、市街地の中にひっそりとあります。昔は広大な敷地を有していたそうですが、今はひっそりとコンパクトなお寺です。中にある菩薩像は保存状態もよく立派なので、ぜひみたらいいと思います。
投稿日:2016年4月2日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

yoshimune-kun
和歌山市, 和歌山県273件の投稿
バブル評価 5 段階中 3.0
2015年1月 • 一人
「川合小梅」という人物は、文化元年(1804年)に紀州藩士川合鼎、妻辰子との間に生まれた女性で、16歳の時に祖父の養子となった梅本修(川合梅所)と結婚、紀州藩お抱え絵師に師事して文人画を学び、明治4年(1871年)に夫が亡くなってからは川合家の事実上の当主として家計を切り盛りし、息子を教師に育て上げた後、明治22年(1889年)に86歳で亡くなっています。

歴史に何事かをなしとげた人物というわけではなく、有名な事件に直接関わりのあった人物でもありません。しかし、この「小梅さん」に関しては実に多くの事柄が詳しく判っているのです。
それはなぜか?

実は、小梅さんは16歳で結婚してから86歳で亡くなるまで70年間にわたって毎日のように日記を綴っており、現在もその約3分の1が残されているのです。日記には、家族のこと、料理や洗濯などの家事のこと、お客様を迎えたり遊びに行ったりしたこと、などの日常的なことから、黒船来航、安政の大地震など全国的なニュースに関することまで、様々な出来事が生活者の視点で描かれており、「日本最古の主婦日記」とも言われます。小梅さんはお酒が好きだったようで、5歳の息子に間違って酒を呑ませて12日間も看病をしたことや、夫の同僚らと紀ノ川へ花見に出かけて酒を呑みすぎ、家へ帰ってから夫に介抱された、というようなことも描かれています。
また、安政6年(1859年)8月23日の項には「朝 するがや(駿河屋)に饅頭数二百とりにやる」との記述が見え、この時代でも駿河屋が菓子処として名声を得ていたことを感じさせる記述があります。これを受けて、駿河屋さんでは紅白の梅の形をした小さな落雁(らくがん)を「小梅日記」と名付けて販売しています。
この筆塚は、小梅さんが聖天宮法輪寺の歓喜天を生涯にわたって篤く信仰していたということで、この寺の境内に建立されたものだそうです。
投稿日:2015年11月18日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

お遍路さん京都市
京都市27,007件の投稿
バブル評価 5 段階中 3.0
2015年6月 • 友達
ここは「和歌山城の鬼門除けの寺」です。今日は「ぼけ封じ24地蔵尊霊場巡拝」の旅の第一回目として「幹事」寺院兼第一番札所の寺として参拝しました。開創1200年を数える古寺も兵火や戦火で焼失の歴史を繰り返し、現在ではかつての数十分の1の規模に縮小されてしまいました。開放的な雰囲気の親しみやすい寺院でした。本尊は十一面観世音菩薩ですが、お勤めは大日如来様の部屋で。ぼけ除け地蔵尊は堂宇の外にあります。24地蔵尊(ぼけ除け)の寺院では一律、同じ地蔵尊が境内の中に独立して設置されています。
投稿日:2015年6月1日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
このトリップアドバイザーの掲載ページは貴社の情報ですか?
この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。
掲載ページに登録

法輪寺 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー

すべての和歌山市のホテル和歌山市のホテルのお得情報和歌山市の直前割引ホテル
和歌山市の観光スポット
和歌山市のアミューズメントパーク和歌山市の動物園・水族館
レストラン航空券旅の物語クルーズレンタカー