推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒857-3271 長崎県 佐世保市 黒島町3333
このエリアをチェック
長崎文化と第二次世界大戦の歴史ツアー
文化ツアー

長崎文化と第二次世界大戦の歴史ツアー

1件の口コミ
google
ドリームツアーズジャパンは、ツアーのあらゆる面で目的地とつながるという感覚を人々に与えるというアイデアから生まれました。船上での解説、日本の生活への洞察、各アトラクションの歴史的および重要な情報、文化的経験、日本の食べ物と飲み物の試飲、そして外国人として生きることが本当に人生であるかについての個人的な意見や事実この奇妙で素晴らしい国を日本と呼んでいます。少数のメンバーで構成されるプライベートツアーのみが、この重要なつながりを作り出し、残りの人生にわたって私たちと一緒にいることができると信じています!<br>
¥110,000(大人1名あたり)
29件口コミ0Q&A
評価
  • 18
  • 10
  • 1
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
星鈴霞さんが口コミを投稿しました(2019年5月)
さいたま市投稿118評価49
今は補修工事をしていて外観しか見ることができませんが、絵葉書が売っているので、雰囲気は分かります。レンガ造りのすてきな教会です。案内の看板も綺麗で分かりやすいです。
続きを読む
訪問時期:2019年5月
役に立った
シェアする
mine38さんが口コミを投稿しました(2019年1月)
西東京市, 東京都投稿173評価79
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンターで見学の予約をし、軽自動車のレンタカー丸ごとで黒島を訪問しました。が、島内の道は狭く軽自動車でも気を遣うほどのところがあるため、電動自転車がお勧めだと思います。島内は坂が急で、よほど健脚な方以外は電動が賢明だと思います。 黒島天主堂は、小さな島に不釣り合いなほどの立派なレンガ造りで圧倒されます。内部は幸運にも天気の良い日だったこともあり、ステンドグラスを透過して射す光は息をのむ美しさで言葉を失いました。その日はコンサートの予定があるとのことで、そのリハーサルの歌声とともに特別な時間を楽しみました。 訪問される方への注意として、2019年2月4日から2021年3月までの約2年間は、耐震等の工事のため立ち入り制限となる情報があります。 詳細は「カトリック長崎大司教区」のWebサイト2018年11月22日の記事で。
続きを読む
訪問時期:2018年5月
役に立った
シェアする
TokyoNoriさんが口コミを投稿しました(2018年8月)
東京23区, 東京都投稿4,624評価324
港の世界遺産センターで事前予約した電動自転車で丘の上の教会に,坂がきついので正解でした、歩くと暑いのと登坂なのでレンタルがお勧めです。 ここは黒潮集落が世界遺産に登録されたばかりで迫害を逃れた潜伏キリシタン達が暮らした島。 事前予約が必要です。
続きを読む
訪問時期:2018年7月
役に立った
シェアする
AKIRAatmarkさんが口コミを投稿しました(2018年7月)
長崎県投稿2,672評価390
 1階と前方の塔部分はレンガ造り、内装と2階は木造建築です。天井やステンドグラスなどが美しい重厚なゴシック様式ですが、内装は木造で経費節減のため木目は信者さんの手描きだそうです。当時の貧しい中での献金と献身的な労働によって造られた祈りの場であり、禁教から解放された喜びと希望が伝わってきました。祭壇の床に貼ってある美しいタイルは有田焼だそうです。
続きを読む
訪問時期:2018年7月
役に立った
シェアする
玉禅山房さんが口コミを投稿しました(2018年6月)
Nagasaki, Japan投稿1,444評価374
クルス島とも言われる黒島。黒島へ渡航する際は、佐世保市の相浦桟橋からの黒島旅客船で50分ほどかかります。一日3便しか出ませんので注意してください。海を見ているとやはり遠くに来たなという感じで島民の8割がカトリック信者ですので不思議な感じです。心が洗われるというかこういう生き方があるのかというか。映画「坂道のアポロン」のロケ地としても必見です。
続きを読む
訪問時期:2017年7月
役に立った
シェアする
黒島天主堂に関するよくある質問