推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

高伝寺

オーナー様ですか ?
〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町本庄1112-1
0952-23-6486
保存する
口コミのハイライト
雨上がりはもっといいかもしれない

サイクリングで佐賀城址、滋賀大学を見てから訪問。 ゆっくり走って10分くらい。 建物は鄙びていてこれはこれで風情も感じられる。 社の木肌の感じからすると雨のあとに来るとよりいっそう雰囲気が出... 続きを読む

2016/05/03に投稿しました
Starcluster
,
札幌
龍造寺家兼の墓がある

戦国大名・龍造寺家歴代の墓所があるお寺。龍造寺家といえば「肥前の熊」と言われた隆信が有名ですが、その曽祖父である家兼もおもしろい人物です。90歳を過ぎたときに敵に一族を皆殺しにされ、92歳で挙兵してお... 続きを読む

2016/04/26に投稿しました
mu_hi_ro
,
栃木
9 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い11%
  • 良い67%
  • 普通22%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町本庄1112-1
お問い合わせ
0952-23-6486
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
2016/05/03に口コミを投稿

サイクリングで佐賀城址、滋賀大学を見てから訪問。 ゆっくり走って10分くらい。 建物は鄙びていてこれはこれで風情も感じられる。 社の木肌の感じからすると雨のあとに来るとよりいっそう雰囲気が出そう。 境内は静か。 仏涅槃図は公開あとで見られなかったのが残念。

ありがとう、Starcluster
2016/04/26に口コミを投稿

戦国大名・龍造寺家歴代の墓所があるお寺。龍造寺家といえば「肥前の熊」と言われた隆信が有名ですが、その曽祖父である家兼もおもしろい人物です。90歳を過ぎたときに敵に一族を皆殺しにされ、92歳で挙兵してお家再興を成し遂げました。その立派なお墓にお参りをしてきました。

ありがとう、mu_hi_ro
2016/04/24に口コミを投稿 モバイル経由

毎年4月下旬~5月初旬だけしか公開されていない仏涅槃図が凄いです、 日本最大級の大きさを誇っています、 拝観料が大人で400円かかるけどみる価値あると言えます、 御守りなどや御朱印帳も販売しているので訪問した記念にもなります。

ありがとう、たけのこ 太
2015/12/25に口コミを投稿

梅の時期に佐賀を訪れたのでここへ立ち寄ってみた。天候が自分の住む地区と違うので思ったような見ごろではなかったがいくつかの木は楽しむことができた。 鍋島藩とも縁のあるお寺。

ありがとう、ローレンス28
2015/01/26に口コミを投稿

高伝寺は、佐賀藩鍋島家の菩提寺。裏手の墓地には佐賀藩歴代藩主の墓所があって、この墓地が最大の見どころかと思います。石灯籠が並び、梅の木が随所にあって、ちょっとした公園のよう。梅の花の咲く時期は素晴らしい眺めではないかと思います。

1  ありがとう、たびたび
2014/10/15に口コミを投稿

梅の名所としても知られる鍋島氏の菩提寺です。墓所もあるようですが非公開のようでみられませんでした。位牌は竜造寺家も含めて一同にみられます。

ありがとう、しろくまもん
2013/11/04に口コミを投稿

佐賀藩主家「鍋島家」とその主筋にあたり、戦国大名として名を馳せた「龍造寺家」の墓所が、このお寺にはあります。しかも、これが同じ墓所にあるというのですから驚きです。 もちろん、それぞれの家で最も有名な「鍋島直茂」と「龍造寺隆信」のお墓もありますよ!

ありがとう、hannibal0218
2012/04/19に口コミを投稿

梅の季節でしたら、ぜひお勧めします。拝観料がかかるようになっていました。 鍋島家をはじめ、その前の竜造寺家の菩提寺で、滅ぼした側と滅ぼされた側が同じ寺を菩提寺にしてるんだなぁ、と新たな発見をしました。 歴史に興味のある方は、色々面白いと思います。 竜造寺と鍋島の確...続きを読む

2  ありがとう、カム
2012/03/16に口コミを投稿

ちょうど梅の見頃かと思い出かけましたが今年は少々早かったようで白梅が少し咲いていました。 入口近くにある梅は幹も太くその枝ぶりは日本画に描かれているような趣をしています。 寺院内の梅の木は丈も低く時期が良ければ手に取れるような位置で観梅を楽しめると思います。 寺院...続きを読む

ありがとう、すずめめだか
Q & A
高伝寺のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する