推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

医王寺

オーナー様ですか ?
〒960-0201 福島県福島市飯坂町平野寺前45
024-542-3797
保存する
口コミのハイライト
医王寺

「医王寺」は、 826年(天長3)年、空海作の薬師如来像を祀り、草堂を建てたことに始まると伝え、平安時代末、信夫荘司佐藤一族が菩提寺となったそうです。

1 週間前に口コミを投稿
ねもちゅう
,
福島市, 福島県
おくのほそ道(日本文学)に関心のある方は是非どうぞ・・・

 境内には奥州藤原氏の家臣の佐藤基治とその子佐藤継信と佐藤忠信の墓とされる碑があります。  松尾芭蕉は『おくのほそ道』の旅の際に訪れ、「笈も太刀も 五月に飾れ... 続きを読む

2 週間前に口コミを投稿
kinntarou2014
,
いわき市
10 件の口コミをすべて表示する
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
  • 概要
  • 口コミ
  • 所在地
  • Q&A
概要
  • とても良い40%
  • 良い50%
  • 普通10%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
1 週間前
“医王寺”
2 週間前
“おくのほそ道(日本文学)に関心のある方は是非どうぞ・・・”
場所
〒960-0201 福島県福島市飯坂町平野寺前45
お問い合わせ
024-542-3797
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語

口コミ 10 件中 110

1 週間前に口コミを投稿

「医王寺」は、 826年(天長3)年、空海作の薬師如来像を祀り、草堂を建てたことに始まると伝え、平安時代末、信夫荘司佐藤一族が菩提寺となったそうです。

1  ありがとう、ねもちゅう
2 週間前に口コミを投稿

 境内には奥州藤原氏の家臣の佐藤基治とその子佐藤継信と佐藤忠信の墓とされる碑があります。  松尾芭蕉は『おくのほそ道』の旅の際に訪れ、「笈も太刀も 五月に飾れ 紙幟」という句を詠んでいます。句中に登場する笈(福島県指定重要文化財)は武蔵坊弁慶が寄進した物とだということで...続きを読む

ありがとう、kinntarou2014
2017/02/22に口コミを投稿

大河ドラマの義経でも取り上げられた寺ではありますが、松尾芭蕉が句を読んだ寺であります。 石碑に彫られているのでご覧になってはいかがでしょう。

ありがとう、傲濫
2016/06/27に口コミを投稿

松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅で訪れたお寺です。源義経の忠臣として名高い佐藤継信・忠信兄弟の菩提寺で、芭蕉はその墓参りのために訪れました。 境内に杉並木の小道があり、6月下旬の訪問時には両脇に紫陽花が咲いていてとてもきれいでした。 飯坂線「医王寺前」駅から徒歩15分...続きを読む

1  ありがとう、鮎川しいな
2016/05/29に口コミを投稿

飯坂温泉で宿泊した帰りに寄りました。入口はごく普通ですが中に入ると奥に伸びる参道があり結構広いです。入場料は300円ですが価値はあると思います。行った時間帯のせいかお坊さんは見かけませんでした。

ありがとう、ダーネイ
2015/10/27に口コミを投稿

 国道13号線から、福島飯坂温泉へ向かう途中にある。 奥州藤原氏の家臣である、飯坂鵬城の城主佐藤基冶、及びその双子の子息である、継信・忠信兄弟ゆかりの寺である。

ありがとう、ブンブン2015
2014/12/02に口コミを投稿

平安末期の信夫の荘司で、奥州藤原氏の姻族・佐藤基治とその子佐藤継信と佐藤忠信兄弟の墓とされる板碑が残されている。兄弟は源義経に従い屋島・壇ノ浦の合戦で活躍し、武功を挙げ憤死している。父基治も奥州大合戦で頼朝軍と戦い、壮絶な最期を遂げたとされている。後年、松尾芭蕉が奥の細...続きを読む

ありがとう、上野富男
2014/08/02に口コミを投稿

佐藤兄弟ゆかりの古寺です。東北地方の寺としては立派な方だと思います。広い境内には銅像もあって記念写真に最適です。寺の奥から遊歩道も整備されていて散策も楽しめます。

ありがとう、てっぴー3
2013/04/05に口コミを投稿

 源義経といえば、腰越状で知られる鎌倉の満福寺と奥州藤原氏の繁栄の証である中尊寺をまず思い浮かべるが、医王寺も義経に縁のある寺だとは知らなかった。 佐藤継信、忠信兄弟が自分の命をなげうってまで助けた義経とは、どのような人物だったのか、平家滅亡にも一役かい、実弟でもある...続きを読む

ありがとう、noel-junior
2008/12/28に口コミを投稿

源平合戦において、源義経の身代わりとなり壮絶な最期を遂げたといわれる佐藤継信、忠信兄弟とその一族の菩提寺です。そんな佐藤兄弟を偲んで松尾芭蕉が詠んだという「笈も太刀も五月に飾れ紙のぼり」という句の笈が宝物殿に残っています。本堂では、寺にまつわるいろいろな話を丁寧に説明し...続きを読む

4  ありがとう、yarou
Q & A
医王寺のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する