推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
すべての写真 (507 枚)
すべての写真 (507 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い72%
  • 良い20%
  • 普通6%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
19°
6
22°
12°
7
20°
10°
8
お問い合わせ
Bolshaya Sadovaya St., 10 | Entrance 6, 4th Floor, Apt. 50, Moscow 125047, Russia
プレスネンスキー
さらに表示
掲載内容を修正する
翻訳:Google
モスクワと近隣エリアでおすすめの体験
¥2,988
詳細
¥6,100
詳細
¥1,443
詳細
レビューを絞り込む
12件
評価
6
5
1
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
6
5
1
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 12 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2019年3月30日に投稿しました

あなたがブルガコフの作品を読んだ場合に限り、この博物館を訪れるのは理にかなっています。 。 。あなたはそれが好き!博物館には2つのスポーツがあります。1つは実際にはブルガコフの博物館として、1階は最上階の隣の2階にあり、ブルガコフの作品であるマーガレットとマスターの原型として使われています。入場料がかかり、カードで支払い可能です。どちらの場所にも、きれいなトイレと、とても絵のように美しいカフェ・土産物屋があります。

訪問時期:2019年3月
2019年1月28日に投稿しました

Bolshaya Sadovaya ulitsaには、モスクワの中心部周辺の環状環状道路であるガーデンリングの一部があります。 - 10番 - 旧ソビエトアールヌーボー様式の高級賃貸マンション。アパート地区。ここでは、4階のアパートNo 50に住んでいました - 1921年から1924年まで - ロシアの風刺作家Michail Bulgakowは、ここでキエフから来ました。 私がキエフの美しい通りAndriyivskyy Descentにあるブルガコウ博物館を訪れた2年前、最初は医者だった作家が、彼が30歳でモスクワに行く前に滞在していました。彼の最初の妻と暮らしていたモスクワのアパートで、彼はキエフで演じる小説「ホワイトガード」を書きましたが、ここで彼はまた彼のシェフd'oeuvre「マスターとマルガリータ」のための最初のアイデアを得ました。ここで彼のアパートはこの本の中で重要な役割を果たしています。 10番の家の代わりに、彼はそれに番号「302番の家番 - ビス」を与えました。そして、今博物館によって居心地の良い小さなカフェの名前です。 。 アパートメントは中庭にあり、そこには - 隣同士に - ブルガコウ劇場、すでに言及されているカフェ、そして2つのブルガコウ博物館があります。 1階の2つの部屋にあるより古い博物館は、個人的なイニシアチブから来ました。現在は主に文化の中心地であり、そこからブルガコウに関連するさまざまなイベントが開催されています。ここのすべてにロシア語のキャプションがあります。 3年後の2007年、今回は政府主導で、4階のアパートNo 50に美術館がオープンしました。その入り口はさらに数メートル先です。 アパートまでの階段全体は、博物館が開かれる前であってもここに集まっていたBulgakowファンの落書きで覆われています。上がったら(エレベーターはありません)、150 RUBの入場料を払う必要があります。最初の2つの部屋の中には、主にMaxim GorkyとMichail Bulgakowの間の文字の抜粋があります。英語でいくつかの翻訳があります。他の部屋はBulgakows Olympiaタイプライター、居間、台所で書き物机を見せる。 ここへの訪問は、ブルガコウを読んだ人、特に彼の主な作品 'The Master and Margarita'にだけ勧められます。ここに着くために最も近い地下鉄駅はまたモスクワの中で最も美しい:Mayakovskaya。そして一度ここでは、近くのPatriarkh Ponds、素敵でリラックスできるエリアを通り過ぎるべきです。作家がまだモスクワでどれほど人気があるかは彼にちなんで名付けられた建物で見ることができます、そして私はそれ自体と呼ばれるバーを見ました: 'マスターとマルガリータス'。

訪問時期:2018年8月
2018年10月27日に投稿しました モバイル経由

私たちはブルガコフの著書のファンであるので、モスクワの美術館は、私のガールフレンドと私が訪ねた時の議題の中のトップのものでした。それを見つけることは簡単でしたが、入り口は常にロックされており、外にコードが表示されていないため、やりにくいです。あなたはパッドを介して最上階に電話をしなければなりません(ロシア語を流暢に読まない限り - 私はまだそれを見逃しています)。 ディピンティで覆われている階段は、最初は有望に見えませんが、上に続き、左のドアを通ってアパートに入ります。あなたはすぐに、クロークルームとフロントデスクの女性がお支払いを受けるように挨拶されます。入学料はあまりかかりませんでした。学生は無料で入学することもできます(非ロシアの大学からも)。 博物館は面白いですが、いつものようにロシア人の一部を知っていて、ブルガコフを読んで、その時代の彼の人生とロシアの歴史について少し知っていると助けになります。すべてがロシア語で最も詳細になっていて、いくつかの部分は簡単に英語に簡単に翻訳されていましたが、ロシア語のスキルがない歴史的物語を理解するのに十分です。マンダリンの場合も同じですが、他の言語オプションはありません。 ブルガコフとロシアの歴史の間にはある程度の乖離がありますが、私は面白いと感じましたが、ガールフレンドが指摘したように、以前のソ連の国に住んでいた人は、生活条件や日常生活。全体的に、我々はそこで過ごした1時間ほどの価値がありましたが、ブルガコフに精通していて、十分な経験を得るのに十分なロシア人がいたからです。

訪問時期:2018年10月
2018年6月20日に投稿しました モバイル経由

熱狂的な若者が運営する楽しい小さな博物館です。英語の情報は限られていますが、彼らはあなたに何を持っているかを喜んで提供します。入場料を請求しないので、これをサポートする小さなカフェやギフトショップで何かを購入してください。階段にアクセスする道順を確認し、隣の「その他の」ブルガコフ美術館をチェックしてください。マスターとマルガリータを読んだり、ブルガコフの生活について何か知っていることには大きな違いがありますが、ここ(そして総主教の池)を訪問することは私の最高のモスクワ体験の一つでした。

訪問時期:2018年6月
2018年6月6日に投稿しました

マスター、マルガリータの大ファンとして、この博物館友人を見せに納得しました。 お仕事がお好きならばお勧めしたいと思います ! もあります。マスター、マルガリータ、彼の歴史につながっているモスクワ周辺のツアーを予約するべきです。

訪問時期:2018年6月
2018年4月2日に投稿しました

ここで多くの前にも何度か行っ た 've 。 のかもしれません sadovoe koltso 沿いには足ペース自体にここに来て、私の開館時間。 かもしれませんか理由ここで火事が特別な雰囲気の’ s がある。 まず最初に、実際には、博物館ここに十年のカップル、ただ、フォーマルな創業以来前にいつも通り、ここから始まって、当局は決定に達した前では、こういうに延期され実態のに、長い時間を過ごしています。 ブルガーコフのファン、才能そのまま残っの売買ここは多く以前始まった。 それでも Co- も同然穏やかな休息や、博物館、状態がと交流し、公共ブルガーコフ結局総会自体となっている。 と 2 つ目に、とてもアクティブにして、ダイナミックな、博物館のオリジナルの形に凍った。 は、展示会変更される、新しい展示されたけれども、興味深い読書、コンサート行われている。 1 つの最高のホテルの旧モスクワ - 族長池では、アクションの famousl ブルガーコフの小説「マスター、マルガリータ。 インチ、 3 年程前からキエフ移動の後に住んでいました。

訪問時期:2017年9月
2017年9月23日に投稿しました

私たちはマスター、マルガリータのファン、博物館に大きな期待を抱いたている。 驚くのは、ご予約いただくと、素敵なカフェがたくさん momentos でした。 スタッフは素晴らしくて、は買うことができるよく見かける、本など、無料のに行くことで !!! モスクワで一番のお気に入りの点 ( 地下鉄駅から離れて ) 。

訪問時期:2017年9月
2017年7月28日に投稿しました

決してブルガーコフ読んだことがあったら、おそらくこのレビューを 読ん 're 。 もっと深刻な注意事項に、これは本当ブルガーコフファンを訪問したのは場所となっている。 ホテルに実際は 2 つの博物館ここになっている。 ホテル内に熱烈なファンの一団だってが経営していること 1 つは 1 階にあります。 その後、公式の 1 つ、実際はアパートメントの 50. 私は後者についてここに書くしますが、どちらもの時間をたたえている。 まず最初に、ミュージアムアクセスするには、小さなトンネルを抜けに行ったのは奥に中庭に必要があり、続いて、まずは - フロア博物館を通過、隣の建物の壁は、ブザーを押してくれましたにします。沿いに歩いてすぐです。 階段はまでの道中 50 アパートメントに行って、落書きのに、途中でします。 妻と二人、ロシア語 - スピーカー私たちは英語ツアーを予約しました。 してこれらの時間からは、ツアーのほとんどは、コースのロシア語である ) を予定されている。でも、また、博物館、ご予約ができ、予定に合わせてのプライベートツアーです。 美術館はとても親切でした。ツアーきれいに盛り付けられていました。 と思います。 50 人のアパートメントと思います。すると、主にブルガーコフの仕事のだと思います。マスター、マルガリータ、アパートメントは一等地、小説の中にあるからです。 しかし、重要な美術館は、ツアーブルガーコフの生活の一般的に重点を置いた、理解しがたいだけでなく、マスター、マルガリータの。 面白いブルガーコフ住んでいたアパートメントを見学し、を見るのに彼の人生の工芸品や彼旧ソ連時代に住んでいたという話を聞きながら。 私たちはツアー非常に情報通を見つけました。 アパートメントはを観光した後、私たちはまた、地区のウォーキングツアーを見ました族長の池、マルガリータズハウスは小説から疑わは、家の 1 つでした。 それは多くの楽しみました。 私は、トラムための時間は 2- フロア博物館を提供してましたしたかったと思いましたが、次の訪問のためのか私が必要な節約をと思っていた。 本当にならハード...- コアファン、またブルガーコフの墓を見ることができるノウォデヴィチ女子墓地が含まれています。 これまでは、壁の反対側の正面玄関の右手には 2 つセクションに’ s がある。さらに表示

訪問時期:2017年7月
2016年5月27日に投稿しました モバイル経由

最高の小さなノリタケ、完全に最も有名なブルガーコフを予約するように専用。 とても興味深い原料、本の初期のエディションをいくつかには特にオリジナルの芸術作品。

訪問時期:2016年5月
2015年10月30日に投稿しました

の小さな博物館での市内中心部 ( 旧名 : ブルガーコフハウス ") で、からは、玄関の博物館を見ることができ素描 N 彫刻についてマスター N マルガリータ . 場合は R にはファンのこの新しい、が本当に気に入りました。

訪問時期:2015年8月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル425件を表示
北京ホテル
541件の口コミ
0.18 km 先
Hartwell Hotel
20件の口コミ
0.31 km 先
Bulgakov Residence
4件の口コミ
0.45 km 先
インターコンチネンタル モスクワ トヴェルスカヤ
1,128件の口コミ
0.49 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン16,641件を表示
Gruzin
151件の口コミ
0.11 km 先
Vinny Bazar
63件の口コミ
0.2 km 先
Volkonsky
137件の口コミ
0.21 km 先
Butler
48件の口コミ
0.19 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット5,157件を表示
Patriarch's Pond
730件の口コミ
0.3 km 先
Moscow Academic Satire Theatre
188件の口コミ
0.2 km 先
Bulgakov`s House Museum-Theatre
111件の口コミ
0.01 km 先
Q & A
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン