推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
モダニズム建築として楽しめます

ゴーリキー自体にあまり馴染みは無かったのですが、アールヌーボー建築に関心があり訪問。個人宅そのままに残されたロシアにおけるモダニズム、アールヌーボー建築として見学の価値があると思います。特徴的な曲線美... 続きを読む

2018年6月13日に投稿しました
Chocolat127
,
東京23区, 東京都
それぞれ形が違う、曲線を強調した窓が目をひきます

中に入ると、艶やかなランプを頂く大理石の曲線美の階段、ドアにも繊細な彫刻が施され、ドアの上にも美しいステンドグラスや曲線の見事な模様など、非常に凝った造りなのです。

2017年8月15日に投稿しました
trip232015
,
広島県
257 件すべての口コミを読む
すべての写真 (424 枚)
すべての写真 (424 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い68%
  • 良い26%
  • 普通4%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
お問い合わせ
Mal. Nikitskaya St., 6/2 | Metro: Pushkinskaya or Arbatskaya, Moscow 121069, Russia
プレスネンスキー
さらに表示
掲載内容を修正する
翻訳:Google
モスクワと近隣エリアでおすすめの体験
¥1,245
詳細
レビューを絞り込む
32件
評価
15
11
5
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
15
11
5
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 32 件中 110
2018年6月13日に投稿しました

ゴーリキー自体にあまり馴染みは無かったのですが、アールヌーボー建築に関心があり訪問。個人宅そのままに残されたロシアにおけるモダニズム、アールヌーボー建築として見学の価値があると思います。特徴的な曲線美が階段、ドア、窓、天井など至る所に見られ、細かな凝った装飾が天井や柱な...さらに表示

訪問時期:2018年6月
役に立った
2017年8月15日に投稿しました

中に入ると、艶やかなランプを頂く大理石の曲線美の階段、ドアにも繊細な彫刻が施され、ドアの上にも美しいステンドグラスや曲線の見事な模様など、非常に凝った造りなのです。

訪問時期:2016年12月
役に立った
2016年11月13日に投稿しました

「どん底」などで知られるゴーリキが晩年を過ごした家です。アールデコ調にもなっているということで訪れてみました。残念ながら、休館日でもないのに閉まっていました(2016年7月中旬)。雰囲気から、しばらく休館中なのかなと思いました。ご留意下さい。近くには、東洋美術館がありま...さらに表示

訪問時期:2016年7月
役に立った
2016年10月30日に投稿しました

各種ガイドブックでは無料と記載されていますが、現在は有料です。 しかも、意外に高いので要注意です。(400ルーブルくらいだったと思います) 1Fの事務所のようなところでスタッフのおばさんか守衛さんよりチケットを購入します。 写真撮影は別料金で100ルーブル。写真チケット...さらに表示

訪問時期:2016年10月
役に立った
2016年3月20日に投稿しました モバイル経由

社会主義リアリズムの手法の創始者であり、社会活動家でもあったゴーリキーの住んでいた家が博物館として公開されています。 外観はインパクトありませんが、内装のインテリアはアールヌーボー様式で見応えあります。

訪問時期:2015年8月
役に立った
2016年2月6日に投稿しました

ゴーリキーの最後に住んでいた家を博物館にしたものですが、ゴーリキーに関する博物館としての性質よりも建築物としての値打ちのほうが高いと思われるような特殊な建物です。曲線をひたすら追求したような階段、壁面の模様など、こんなところに住んでいたのかと意識して見たほうが面白いかも...さらに表示

訪問時期:2016年1月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2019年2月22日に投稿しました

歴史的な場所と近代的なスタイルの最も良い例の1つですが、それは灰色の日であり、美術館はあまり良くない形状ではないようです。

訪問時期:2019年1月
2019年1月22日に投稿しました

ゴーリキーの家は不安な二重存在をしています。一方では、それは最近ではその作品がロシアでさえ読まれていない作家の存在についての礼儀正しい説明を提供します。その一方で、それは革命前のモスクワの遺物である非常に魅力的なアールヌーボー様式の住居として存在しています。 (この2つのアイデンティティには多くの矛盾がありますが、このレビューには含まれていません) しかし、ロシア人以外の話者に対する情報やガイダンスがほとんどないにもかかわらず、不運な観光客がロシア人に対して標準料金の倍数の料金を請求される、入場料の不法なシステムに言及します。これは不名誉です。

訪問時期:2019年1月
2018年11月13日に投稿しました

モスクワの中心部には卓越して保存されたアールヌーボーがあります。マキシム・ゴーキー(作家)がソビエト時代にそこにとどまっていたので、それがうまく保たれた理由。

訪問時期:2018年11月
2018年11月6日に投稿しました

これはアールヌーボーのような良いコレクションを持っています、あなたはこの場所で1時間プラスを費やすことができます。秘密の祈りの部屋について尋ねる。

訪問時期:2018年10月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル425件を表示
Apartamenty na Nikitskoi
1件の口コミ
0.14 km 先
メロディ ホテル
673件の口コミ
0.27 km 先
East-West Hotel
43件の口コミ
0.36 km 先
Hotel Status
30件の口コミ
0.39 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン16,634件を表示
Breakfast Cafe
375件の口コミ
0.08 km 先
Bronco
97件の口コミ
0.18 km 先
Cafe Est Khinkali Pit Vino
188件の口コミ
0.18 km 先
Laffa Laffa
138件の口コミ
0.16 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット5,147件を表示
Bolshaya Nikitskaya street (ulitsa)
44件の口コミ
0.12 km 先
Alexey Tolstoy Museum
27件の口コミ
0.04 km 先
Morozov Mansion
18件の口コミ
0.07 km 先
Q & A
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン