推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

History of Russian Submarine Forces Museum

準備中: 11:00 - 17:00
本日営業: 11:00 - 17:00
27
すべての写真 (27 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い73%
  • 良い22%
  • 普通5%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
準備中
本日の営業時間: 11:00 - 17:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
-2°
-7°
12
-3°
-9°
1
-4°
-10°
2
お問い合わせ
Kondratevskiy pr-kt d. 83, Korp. 1, St. Petersburg 195271, Russia
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+7 812 543-61-91
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
サンクトペテルブルクとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
1件
旅行者の評価
0
1
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
0
1
0
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年6月4日に投稿しました

の小さな博物館は、子供の公園に隣接した、数の外に展示されている。 主なアイテムをプロジェクトの表現 641(NATO: フォックストロットクラス ) 潜水艦である。 、デッキの表面エリア支柱、チェーンを利用して説明します。 ホテルは潜水艦になるとしたいと思います。 641 潜水艦セイル概要に置かれていて、実際のプロジェクト。 ホテル内にシビレエイ、鉱山、アンカーと、ディスプレイの他の潜水艦アクセサリー。 A.I.marinesko 博物館の歴史のロシア潜水艦部隊名付けられ、潜水艦キャプテンアレクサンダー ivanovich marinesko 、人を見下ろせるながら S-13 沈め記録を 42,000 総登録トン (GRT) を含む 2 つの大きな有名なドイツライナーインチ vilgelm gustlov 」や「シュトイベン " 。 彼が用意されている経歴と彼にバスト一等地の博物館に表示されます。 彼没後は、ソ連タイトルの英雄賞を受賞しました。 入場料は約 150-Lam Ru 一人様につき、写真撮影を追加 100-Lam Ru です。 全室とも表示情報ロシア語で書いてあります。 博物館の 3 つの主要なセクションに分割されています。 は、最初の部分では、ロシア語潜水艦・フリート社の開発と歴史は、サン・ピエトロ大聖堂からはすばらしい大祖国戦争 (1945) 第二次世界大戦の足跡をたどります。...各時代サブセクションが含まれてい潜水艦モデルの各潜水艦クラスがその時代、フラッグ、長旗、デッサン、潜水艦工芸品、個人的な品物が、書類、メダル、制服、写真、地図の肥満 PATROL WALK のルートを楽しむサブマリンからがその時代。 ホテル内にキャプテン .A.I.marinesko に関連のアイテムや情報のために予約さ展示スペース、豊富な種類のたくさん配置されている。 2 番目のセクションでは、することができます。入力された経由で実際のハッチ " から K-385 プロジェクトは、 Gran Via667(NATO: デルタ ) クラス弾道弾原子力発電潜水艦壁掛け式の壁や歩き壁。 ここでは、プロジェクトなどのサービスは 1967 年に置かれていたこと 671(NATO: ビクタークラス ) 肥満潜水艦コントロール駅を手配してくれていた機器が備わっている。 3 席、デスク、テレビがレクチャー・ルームがある。 セクションディスプレイソ連とロシア連邦の潜水艦軍の開発は、大祖国戦争後には、時刻をご提示ください。 また泊まりたいと、サブマリンモデルの潜水艦クラスからがその時代、フラッグ、長旗、デッサン、潜水艦工芸品、個人的な品物が、書類、メダル、制服、写真、地図を見せることは、 PATROL WALK エリアの弾道弾潜水艦が含まれます。 は、ロシア語が話せるスタッフは私たちは、訪問を楽しみしてくれました。 スタッフはの 1 つ私たちの小さなグループは、ビデオは、ソ連の歴史的な開発区の 3 番目のセクションで潜水艦部隊案内してくれました。 私達は、対話式機器にはビデオ英語字幕あったインチクルスクインチ潜水艦の沈没の悲劇のについてしてくれました。 クルスク K-141 でした。 949 プロジェクト (NATO: オスカー -II) クラスの原子力発電 - 水力クルーズ - ミサイル潜水艦がありましたが道に迷ったすべての手とき、 Nordby のバレンツ海。 私はこの博物館の見学をお勧めします。特にロシア潜水艦開発の歴史に興味を持ってます。さらに表示

訪問日:2017年5月
周辺
周辺のホテル近隣のホテル426件を表示
ポルストロヴォ
400件の口コミ
1.03 km 先
ビジネス ホテル カレリア
304件の口コミ
2.09 km 先
Hotel Orbita
140件の口コミ
2.43 km 先
Men'k Kings
27件の口コミ
3.18 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン11,673件を表示
Restaurant Almond
42件の口コミ
1.07 km 先
Marten
29件の口コミ
0.36 km 先
Stary Dvorik
7件の口コミ
1.22 km 先
Family restaurant "KumKuma"
9件の口コミ
0.42 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント3,381件を表示
Europolis
11件の口コミ
2.48 km 先
Murinsky Park of Culture and Leisure
12件の口コミ
1.39 km 先
Rock Town
9件の口コミ
2.37 km 先
Q & A
History of Russian Submarine Forces Museumのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン