推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
木屋町通り沿いに

木屋町通り沿いに石碑と説明板が立っています。佐久間象山は1864年に、大村益次郎は1872年にこの辺りで襲撃を受けて死に至っています。周辺には、ほかにもいろいろな人物の「遭難の地」の石碑や説明板があり... 続きを読む

2018年10月31日に投稿しました
chirowanko
,
中野区, 東京都
当時の世相を反映した暗殺です。

どんなに正しいことを言っても他人にはなかなか理解してもらえない時代、最後には暗殺という手を使う時代ですね。攘夷派、開国派、討幕派、佐幕派、各藩でも上士は佐幕開国派で下士は尊王攘夷派などいろいろ意見が有... 続きを読む

2018年9月13日に投稿しました
Meander767454
12 件すべての口コミを読む
24
すべての写真 (24 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い0%
  • 良い41%
  • 普通59%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
平均滞在期間:1 時間未満
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
10°
12
1
2
お問い合わせ
〒604-0924 京都府京都市中京区二条木屋町下る一之船入町
京都中心部
掲載内容を修正する
翻訳:Google
京都市とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
12件
旅行者の評価
0
5
7
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
0
5
7
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 12 件中 110
2018年10月31日に投稿しました

木屋町通り沿いに石碑と説明板が立っています。佐久間象山は1864年に、大村益次郎は1872年にこの辺りで襲撃を受けて死に至っています。周辺には、ほかにもいろいろな人物の「遭難の地」の石碑や説明板があり、京都の街中で随分と血が流れていたことがうかが入れます。

訪問日:2017年11月
役に立った
2018年9月13日に投稿しました

どんなに正しいことを言っても他人にはなかなか理解してもらえない時代、最後には暗殺という手を使う時代ですね。攘夷派、開国派、討幕派、佐幕派、各藩でも上士は佐幕開国派で下士は尊王攘夷派などいろいろ意見が有った時代です。このお二人も歴史的に一級の人ですが、100%賛成されるこ...さらに表示

訪問日:2018年9月
役に立った
2018年6月24日に投稿しました

 当時、舟運交通の要衝だった高瀬川周辺にはヒト、モノ、情報の工作が盛んだった。対立する論を封じるために暗殺という手段が使われていたこの時代、佐久間象山と大村益次郎が似たような場所で襲われても不思議ではない。象山は1864年に、益次郎は1869年に襲撃された。象山はその場...さらに表示

訪問日:2018年6月
役に立った
2018年6月9日に投稿しました

御池交差点北、高瀬川沿いに立派な碑があります。二人同時に暗殺されたのではないそうです。佐久間象三山は坂本龍馬や吉田松陰の師匠としても有名。大村益次郎は緒方洪庵の塾で塾頭を務めた秀才。 当時このあたりは激動だったんだなと改めて思いました。

訪問日:2018年5月
役に立った
2018年3月18日に投稿しました

佐久間象山は1864年にこの近辺で襲われ、大村益次郎は1869年にやはりこの近辺で襲われた。池田屋も近くにある。新選組の襲撃などで多くが命を落としたところだ。桂小五郎の住居跡も近い。維新150年の年に京都に来て、その時代のことを思い出させられた。三条木屋川の一角だ。

訪問日:2018年3月
役に立った
2018年2月3日に投稿しました モバイル経由

幕末に活躍した大村益次郎と佐久間象山が討たれた場所とのことで、隣り合って二つの石碑が建っています。物騒ですね。

訪問日:2018年2月
役に立った
2017年6月11日に投稿しました モバイル経由

高瀬川沿い界隈は、幕末、土佐藩邸や加賀藩邸、桂小五郎をかくまった幾松の料亭など、尊皇攘夷勤王志士ゆかりの史跡が数多く点在しています。三条と四条の中間辺りに佇むのが、「佐久間象山」「大村益次郎」遭難の碑です。 佐久間象山は真田松代藩士の兵法学者で、改革的な思想面で後に吉田...さらに表示

訪問日:2017年6月
役に立った
2017年5月8日に投稿しました

佐久間象山は1864年、大村益次郎は1869年に当地辺りで襲われたようです。場所が近接している所為もあってか、道標状の石碑自体には正面に併記されていました。又、傍の説明板で事情が良く分かるようなっていました。

訪問日:2017年3月
役に立った
2017年3月27日に投稿しました

三条大橋から西へ向かうと高瀬川に架かる三条小橋があり、橋の袂に石碑が立っていました。「遭難」と刻まれていますが刺客に襲われたということのようです。 近くには池田屋事件の舞台となった場所もあり、幕末の京は物騒な町だったようです。

訪問日:2017年3月
役に立った
2016年7月28日に投稿しました

風光明媚な高瀬川沿いにある立派な碑ですね。説明文によると幕末の武士に大きく影響を与えたとか。勝海舟など。ちなみに勝海舟の妹と結婚していたそうです。残念ながら京都で攘夷派に暗殺されたそうです。

訪問日:2016年7月
役に立った
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル445件を表示
幾松
36件の口コミ
0.06 km 先
京都ホテルオークラ
1,424件の口コミ
0.12 km 先
ソラリア西鉄ホテル京都プレミア三条鴨川
249件の口コミ
0.15 km 先
ザ・リッツ・カールトン京都
1,364件の口コミ
0.22 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン15,479件を表示
インディアンレストラン ムガール
129件の口コミ
0.01 km 先
割烹 やました
21件の口コミ
0.05 km 先
サロンドロワイヤル京都 京都本店
17件の口コミ
0.06 km 先
櫻川
33件の口コミ
0.03 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント2,675件を表示
島津製作所 創業記念資料館
13件の口コミ
0.11 km 先
善導寺
5件の口コミ
0.2 km 先
池田屋事件 吉田稔麿殉節之地 碑
6件の口コミ
0.18 km 先
加賀藩邸跡
6件の口コミ
0.09 km 先
Q & A
佐久間象山 大村益次郎遭難の碑のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン