黄梅院

黄梅院 (京都市)

ガイド
臨済宗大徳寺派大本山、大徳寺の塔頭寺院。永禄5年(1562)、当時28歳の織田信長が初めて上洛した際に、父・信秀の追善菩提のために小庵「黄梅庵」を建立したことに始まる。本能寺の変によって信長が急逝すると、羽柴(後の豊臣)秀吉がこれを徐々に増築し、天正17年(1589)に「黄梅院」とする。 庫裡、鐘楼、客殿などは小早川隆景が寄進したもので、鐘楼に使用されている釣鐘は加藤清正が献上したもの、秀吉の軍旗「千成瓢箪」を象った空池を持つ「直中庭」を千利休が作庭するなど、桃山時代の戦国大名、文化人と非常に縁の深い寺院である。 美しい苔とモミジが訪れる拝観者の目を楽しませる。 毛利元就の三男で豊臣秀吉政権の五大老をも務めた小早川隆景の寄進による、禅宗寺院において現存最古の庫裡や、加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰ったとされる釣鐘、また狩野永徳や長谷川等伯と並ぶ桃山時代の日本画家、雲谷等顔の障壁画(複製)などが公開されます。
おすすめの滞在時間
1 時間未満
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善

旅を計画する

エリア
住所
エリア: 京都北部

4.5
48件の口コミ
とても良い
25
良い
17
普通
5
悪い
0
とても悪い
1

鮎川しいな
東京1,844件の投稿
2020年11月
以前は案内の人の説明が正直邪魔でしたが、今回はそれがなかったので静かにお庭の眺めを楽しめました。説明なしにしたのは人との接触を避けるコロナ対策かも?今後もずっとそうして欲しいけど…。ただ、初めて来る人には説明があった方がありがたいかも、とも思うので回廊のところにでも大画面のモニターを置いて説明を見られるようにするというのはいかがでしょうか?
投稿日:2020年11月24日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

yoko3939
長野市, 長野県3,412件の投稿
2020年7月
千利休作庭「直中庭」を持ち、美しい苔とモミジが美しいお寺。織田信長、豊臣秀吉など戦国大名ゆかりの寺院。
投稿日:2020年8月14日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ichirotjmr
京都市, 京都府3,818件の投稿
2020年4月
大徳寺の中にある「黄梅院」へ訪問しmした。
千利休が作庭した「直中庭」が有名です。
春は、紅しだれ桜、夏には、苔のじゅうたん、秋は、紅葉と楽しめる要素はたくさんあります。
「大徳寺」は年間を通して公開している塔頭が限られていて、「黄梅院」は期間限定の特別公開となっています。事前に拝観可能な時期を調べてから行くよう注意して下さいね!
投稿日:2020年4月28日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

YUUHI13
名古屋市, 愛知県56件の投稿
2019年11月
11月始めに行ったので、まだ紅葉はなく青もみじでした。
館内では説明もしてくださり、解りやすかったです
庭の雰囲気も良く、ゆったりした気持ちになれました
投稿日:2019年12月3日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

borero2015
東京23区, 東京都257件の投稿
2019年10月 • 友達
秋の特別公開で見ることができました。ガイドの方が丁寧に説明するので、歴史的、文化的価値がよくわかりました。前日の雨で、庭の苔がしっとりとして、美しい緑でした。
投稿日:2019年11月20日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Gazelle36
埼玉県4,274件の投稿
2019年10月
春と秋の特別公開時のみ拝観できます。10月中旬訪問、前庭の青もみじが雨に濡れてとても綺麗でした。
前庭より奥は撮影禁止、千利休の作った庭「直中庭」を眺めて廊下を進むとガイドの方に手招きされて、詳しく解説を聞くことができました。
促されるまま、方丈の障壁画、「檀那」の言葉の由来、「破頭庭」、禅寺最古の庫裏など解説を聞きながら拝観します。

御朱印は和尚さんが本人を見て感じた言葉を書いてくださいます。頂いた言葉はとても心にしみるものでした。
投稿日:2019年11月8日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

OMA119
浜松市, 静岡県142件の投稿
2019年10月
秋の特別拝観にて訪れました。入口から青い楓と苔が美しいお寺です。本堂、唐門、庫裡の重要文化財を拝見でき、千利休作とされる直中庭、枯山水の破頭庭など拝見することができます。
投稿日:2019年10月22日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

hiro_kun
東京359件の投稿
2018年11月
和尚さんがいるときのみ、直筆で御朱印を書いて貰えるといことで、ダメ元拝観と合わせて訪れました。
運よく和尚さんがいらっしゃったので、順番待ちは必要でしたが書いていただくことができました。
黄梅院自体も、想像していたより立派で広く見応えはありました。
また機会があれば、足を運んでみたいと思います。
投稿日:2019年10月19日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Nagisa
川崎市, 神奈川県337件の投稿
2019年6月
普段は一般客の立ち入りはできず、檀家のみ。
青紅葉も紅葉もとても美しくて、時々一般公開しているみたいです。
投稿日:2019年9月24日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

きんた
京都市, 京都府201件の投稿
2018年11月 • カップル・夫婦
写真が趣味の私は京都の寺社を数多く訪れています。ここは通常非公開。公開時も写真撮影不可なのですがそれでも特別公開時には訪れています。池泉回遊式と枯山水の両種類の庭園が見られるのもなかなか珍しいのですが、それもそれぞれ京都トップクラスの美しさ。同じく写真を楽しむ仲間はここを訪れて感動のあまり涙したそうです。
投稿日:2019年5月21日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

37件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
黄梅院に関するよくある質問