推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
堂島川に架かる橋

ちょっとそこまで、鉾流橋に行ってきました。中之島近辺には歴史ある多くの橋が架けられていますがこの橋の歴史は浅く、最初は1918年に木造の橋が建設されましたが現在の橋は1929年に完成しています。しかし... 続きを読む

2018年10月28日に投稿しました
Cruiser810146
,
福岡
堂島川に架かる橋

中之島北岸(大阪市中央公会堂)と西天満を繋ぐ堂島川に架かる橋です。天神祭の「鉾流神事」が毎年7月24日の朝、橋のたもとで行われることから、この名前がついたそうです。遊歩道が広く歩きやすいです。

2018年7月3日に投稿しました
Coastal803390
,
京都
8 件すべての口コミを読む
7
すべての写真 (7 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い0%
  • 良い37%
  • 普通63%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
平均滞在期間:1 時間未満
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
10°
12
1
2
お問い合わせ
大阪府大阪市北区西天満1丁目
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
掲載内容を修正する
翻訳:Google
大阪市とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
8件
旅行者の評価
0
3
5
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
0
3
5
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2018年10月28日に投稿しました

ちょっとそこまで、鉾流橋に行ってきました。中之島近辺には歴史ある多くの橋が架けられていますがこの橋の歴史は浅く、最初は1918年に木造の橋が建設されましたが現在の橋は1929年に完成しています。しかし名の由来は、天神祭の鉾流神事がこの橋付近で実施されることからことから鉾...さらに表示

訪問日:2018年10月
役に立った
2018年7月3日に投稿しました

中之島北岸(大阪市中央公会堂)と西天満を繋ぐ堂島川に架かる橋です。天神祭の「鉾流神事」が毎年7月24日の朝、橋のたもとで行われることから、この名前がついたそうです。遊歩道が広く歩きやすいです。

訪問日:2018年6月
役に立った
2017年4月11日に投稿しました

中之島中央公会堂正面前から西天満大阪高裁を結ぶ市道裁判所東筋線の堂島川に架かる橋。大阪夏のイベント天神祭の鉾流神事がこの橋のたもとで行われることが名前の由来です。浪速名橋50選にも選ばれている美しい橋です。

訪問日:2017年3月
役に立った
2017年3月14日に投稿しました

3月に堂島川近辺を散策した時に渡りました。鉾流橋は、堂島川に架かる橋の1つです。浪花の名橋50選に選定されています。橋の名前の由来は、天神祭の鉾流神事がこの橋の袂で行われる事に因んでいるとのことです。最初の橋は、1918年に架けられたとのことです。現在の橋は、1929年...さらに表示

訪問日:2017年3月
役に立った
2017年2月3日に投稿しました

堂島川に架かる小さな橋です。タイル張りの通行面は、歩行者などをメインとした橋です。この橋の最大の特徴は、歩道と車道を区切る部分が石造りのプランターになっており、緑が植えられているという点です。嬉しい作りです。

訪問日:2016年6月
役に立った
2016年12月27日に投稿しました

天神祭の「鉾流しの神事」が行われることを意識してなのか、和風の意匠になっているところが興味深いです。改修が行われているようでオリジナルのデザインがどれほど残っているのかはちょっとわかりませんが、昭和初期に大阪で架けられた橋で和風は珍しいかなと思います。

訪問日:2016年7月
役に立った
2016年12月11日に投稿しました

中之島の中央公会堂方面と、大阪高等裁判所、旧西天満警察署などがある場所を結ぶ、まあ普通の橋なのですが、鳥居や神事にまつわるものが過去、たくさん置かれていたことから調べてみると、天神祭の鉾流神事がこの橋のたもとで行われることがこの橋の名前であり、道路橋ながら神聖な場所なの...さらに表示

訪問日:2016年12月
1  役に立った
2016年12月7日に投稿しました

大阪高裁前から堂島川を渡る道路橋です。渡った場所は中之島で、目の前に中央公会堂が立っていました。やや狭い橋となっており由緒はありそうでしたが、完全な生活道路の一端を担っているようでした。猶、西天満側の袂には大きな鳥居と石燈籠が立っていました。

訪問日:2016年12月
1  役に立った
口コミをさらに見る
Q & A
鉾流橋のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン