推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

国立文楽劇場

オーナー様ですか ?
〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
06-6212-2531
サイト
保存する
口コミのハイライト
文楽

五感を刺激する日常を忘れる時間... 続きを読む

2017/04/10に投稿しました
うめもりまりこ
,
奈良県
モバイル経由
席が大事

文楽は、大夫・三味線・人形が全て重要ですので、三者が見やすい場所を探すのがよいと思います。 あまり後方の席だと臨場感が薄れてしまいます。

2017/04/07に投稿しました
ナカイシ
モバイル経由
112 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い67%
  • 良い30%
  • 普通2%
  • 悪い1%
  • とても悪い0%
2017/04/09
“文楽”
2017/04/06
“席が大事”
おすすめの滞在時間: 2-3 時間
場所
〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
お問い合わせ
サイト
06-6212-2531
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語

口コミ 112 件中 110

2017/04/10に口コミを投稿 モバイル経由

五感を刺激する日常を忘れる時間 です。耳も目もよく澄まさなければなりません。動きを察知しようとする空気にも触れ、合間にお食事もとりましょう。人情ものは、今の世にも通じます。少しまどろっこしいですが。ゆったりと過ぎていきます。少し眠くなりますね。人形の動き、太夫の声の合致...続きを読む

ありがとう、うめもりまりこ
2017/04/07に口コミを投稿 モバイル経由

文楽は、大夫・三味線・人形が全て重要ですので、三者が見やすい場所を探すのがよいと思います。 あまり後方の席だと臨場感が薄れてしまいます。

ありがとう、ナカイシ
2017/03/26に口コミを投稿

おおよそ、そのお役の理想のお顔立ちなんでしょうね、何と繊細な表情でしょう。新大阪駅の新幹線乗り換え口に文楽のかしらの大写しの写真が飾られていますがハッとする美と愛おしさです。 文化は上方から、全ては文楽から~。 日本の伝統芸能の大本ですね、なかなか義太夫の昔の詞...続きを読む

1  ありがとう、ビクター犬
2017/02/19に口コミを投稿

新春公演を幕見(一幕)?(1500円)で観ました。文楽を観るのは初めてでしたが引き込まれて時間のたつのを忘れてしまいました。また観に行こうと思っています。幕見の場合舞台に向かって左の席が、人形遣い、三味線、太夫が観られて良いと思います。

ありがとう、雅彦鈴2014
2017/01/12に口コミを投稿

某知事(その後市長になって今は政界を一時的に引退しているヒト)が予算を削ると宣言した文楽ですが、伝統芸能に対するイジメは辞めて欲しいとここで文楽を鑑賞すると感じます。文楽専用の劇場は必要だし、これからも守るべき伝統芸能です。専用劇場なので邦楽の音が美しく響くし、声も良く...続きを読む

ありがとう、きらたろー
2017/01/08に口コミを投稿

日本人のDNAが、あなたを文楽劇場に誘うかも。 文楽人形の魂が入ると美しすぎて言葉では、言い表せません。体験しないと見ないとこればかりは、わからない。

ありがとう、sunseamoon p
2016/11/06に口コミを投稿

 大阪の地の利で子供の頃から、祖母に連れられて通ってました。(その頃はまだ国立劇場はなく、朝日座でしたが)子供の頃はお人形がすきで、お人形が動く、弁慶が睨むと怖くて、御姫様のお人形がきれいでとても楽しみでした。もちろん言葉なんてわかりませんから、心中物のお話は意味が分か...続きを読む

ありがとう、pitti204
2016/10/03に口コミを投稿 モバイル経由

セリフがうまく聞き取れなくても、大丈夫。人形劇の枠を超えた人形の「演技力」で、きっとストーリーに惹きつけられます。本来は大人のための人形劇ですが、7月8月は子ども向け公演で、人形と間近に接することもでき、初めて文楽を観る方にもおすすめです。

ありがとう、Tomoko F
2016/05/05に口コミを投稿

4月公演に伺いました 東京国立劇場とはまた違った雰囲気が楽しい 妹背山婦女庭訓通し 第一部の 雛鳥役の蓑助師匠 久我之助役の勘十郎師匠 名演技に思わず涙を誘われました。大阪ならではの文楽 是非一度行ってみてはどうですか

ありがとう、chefsakata
2016/04/26に口コミを投稿

大阪日本(にっぽん)橋にある文楽用の国立劇場。かつて周辺には、文楽の劇場が多くあったそうです。文楽は、太夫・三味線・人形遣いが、一体となり演じます。台本も文楽用のものが、その後歌舞伎化されたものも多いようです。人形は、三人で遣われることが多く、まるで生きているかの様に見...続きを読む

ありがとう、hir008
周辺
周辺のレストラン
黒門三平 黒門市場店
49の口コミ
0.19 km 先
たこ焼道楽わなか 黒門市場店
15の口コミ
0.22 km 先
たこ焼き えびす
12の口コミ
0.06 km 先
国立文楽劇場 文楽茶寮
5の口コミ
0.03 km 先
周辺の観光名所
黒門市場
1,836の口コミ
0.22 km 先
なんばグランド花月
467の口コミ
0.56 km 先
千日前道具屋筋商店街
304の口コミ
0.61 km 先
法善寺
257の口コミ
0.59 km 先
Q & A
国立文楽劇場のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する