富田の清水

富田の清水 (弘前市)


4.0
20件の口コミ
とても良い
6
良い
10
普通
4
悪い
0
とても悪い
0

DWTokyo
TOKYO8,040件の投稿
特段美味しくは感じませんでした
2018年8月 • 一人
弘前市の中心街より南側に住宅街の一角にあります。階段を下りると段差のある水源がありません。ひしゃくが置いてありました。特段美味しくは感じませんでした。
投稿日:2018年9月4日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

待兼山
大阪府27,826件の投稿
現在も水汲み場として使われている
2018年6月 • ビジネス
最勝寺五重塔の近く。紙漉町という町の名前どおり、このあたりでは古くから清水の豊富なところとして知られ、紙漉きに使われた後、地域の生活用水といて使用され、現在に至るとのこと。日本の名水100選に選ばれ、飲料水として飲むことができ、地域の方がポリタンクなどを持って、水を汲んでいました。
投稿日:2018年6月18日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

halu04
弘前市, 青森県11,700件の投稿
富田の清水
2018年4月 • 一人
  弘前中央病院の近くにありますが、大きな観光地ではないので、分かりにくいですが、以前は、そこでクラス人達が、この水を利用していた所です。
投稿日:2018年4月30日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

kimama1h
札幌市, 北海道5,757件の投稿
まろやかで美味しい水でした
2017年6月 • 一人
道路脇にあり、地域住民が共同利用していた様子が想像されます。
建物内に、清水の説明、注意事項、水質検査の他、環境庁(当時)の「名水百選認定書」が掲載されていました。
以前は清水の出口から順に、一・二番目が飲料水、三番目が米・青物洗いと洗顔用、四番目が紙漉きと漬物洗い、五・六番目が洗濯と足洗いと、きまりがあったそうです。
私も一番目の水をペットボトルに入れて持歩きましたが、まろやかで美味しい水でした。
投稿日:2017年10月17日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Ping Y
Kumamoto1,635件の投稿
市に寄贈された名水地
2017年8月 • 一人
60メートルもある清水の水源は昭和初期まで紙漉きに用利用されていたが,その後飲用,炊事,紙漉き,洗濯と,衛生的で合理的に生活の順番利用がされている。
投稿日:2017年10月15日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

heroesjapan
熊本市, 熊本県1,027件の投稿
大切な水源
2017年9月 • 一人
名水百選にも選ばれた富田の清水が、昔から大切に利用されてきました。それこそ、今風のエコの理念に合致しており、水資源の持続的利用の良い見本である。
投稿日:2017年10月2日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

岩木山お山参詣
170件の投稿
はじめて
2017年6月 • 一人
湧き水のある場所に行きました。少しわかりにくいところにありますが。全国色々なところに湧き水の出ているところはありますが、弘前では清水と記されていました。
投稿日:2017年6月30日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

shake_shi_za_tabi
日本7,278件の投稿
名水百選
2017年5月 • 一人
豊富な湧水に恵まれていたと言われている弘前ですが、名水百選に選ばれている富田の清水は昭和初期頃まで製紙が行われ、その後は生活用水として使用され現在に至ってます。屋根付きの建物の中には6つの水槽があり、一番目、二番目の水槽は飲料として、三番目が米、青物洗い、洗顔として、四番目が紙漉しの材料や漬物樽をつけるとして、五番目、六番目が洗濯、足洗いとして、それぞれの水槽に使用のきまりがあったそうです。
投稿日:2017年5月11日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

キャプテンぽんた
日本44,308件の投稿
紙漉き用から生活用水へ
2016年9月 • 一人
湧水が豊富な周辺一帯には、かつて数十か所もこのような施設があったそうですが、現在は近くの”御膳水”とともに残されている希少な湧水の取水場です。
現在も飲料用に使用できるのはこちらだけのようで、近くの人たちがポリタンクやヤカンを持って出入りしていました。
元々、弘前藩第4代藩主信政公の命によって始まった紙漉き法の和紙製産が、昭和初期に終了後は、地元民の生活用水に利用され、国の”名水百選”にも指定されています。
木製の囲い小屋の中に枡形が並び、出水口から順に、飲料・米研ぎ・食器洗い・洗濯用に分けて使われているとか。
街中の珍しい風景です。
投稿日:2016年9月14日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

MMSM1103
東京都6,270件の投稿
飲める水です
2016年6月 • 一人
御膳水から直ぐです。江戸時代紙漉きに使われ、その後生活用水となったと説明板にあります。6漕の水溜があり第1第2漕は飲用(ただし今は給水口以外は不可)となっており飲めるようです。名水百選に選ばれています。建物の中には、記念碑とその内容文、富田の清水について説明文、名水百選認定書、水質検査書等が掲示されていました。なお、清水と書いて「しつこ」と読むようです。
投稿日:2016年7月18日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

19件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
富田の清水に関するよくある質問


富田の清水周辺のレストラン: 富田の清水周辺のレストランをすべて表示