楽山大仏
8:00~17:00
月曜日
8:00 - 17:00
火曜日
8:00 - 17:00
水曜日
8:00 - 17:00
木曜日
8:00 - 17:00
金曜日
8:00 - 17:00
土曜日
8:00 - 17:00
日曜日
8:00 - 17:00
ガイド
所要時間: 2-3 時間
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ツアーやアクティビティ
この観光スポットを満喫するさまざまな方法をチェック。
楽山大仏を満喫するイチ押しの方法

4.5
バブル評価 5 段階中 4.51,480件の口コミ
とても良い
762
良い
525
普通
154
悪い
24
とても悪い
15

ランサー
東京352件の投稿
バブル評価 5 段階中 4.0
2019年10月
近くから見ることもできますが、巨大すぎて全容を見れません。
全容を見るならボートツアーに参加するのがベストです。
顔はのっぺりとして彫りは深くはありませんが、非常に穏やか顔をされています。
投稿日:2019年10月17日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

Komaro513
東京都心, 東京都543件の投稿
バブル評価 5 段階中 5.0
2019年8月 • 一人
成都東駅より新幹線のチケットを入手して向かいます。一等席で片道86元。1時間くらいで楽山駅に着。特に駅には何もないのでタクシーで楽山大仏に向かう、30元。入場料80元。大仏を見終わったらタクシーで対岸へ行き街並み散策と遊覧船で大仏全貌を見る70元。成都から往復新幹線とタクシー使っても5000円くらい。ツアーより格安です。ただし注意点として、楽山に行くつもりなら前日までに成都東駅で外国人はチケットを購入していないと朝から並んだら売り切れています。
投稿日:2019年8月19日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

レモン
富山市, 富山県15件の投稿
バブル評価 5 段階中 4.0
2019年5月 • 一人
中国では、観光地で割引になることが多くあります。有名なところでは、65歳以上は無料が多いですし、60歳から無料や半額なところも多くあります。楽山大仏の入場料は80ユエンですが60歳以上で無料となります。パスポートが証明となりますチケット売り場で提示してください。言葉がしゃべれなくても係員が無料にしてくれます。大仏は大きすぎて写真撮影が大変です。また一度大仏の頭の右近くまで登り、狭い階段を足元まで下ります。それから大仏の頭の左側近くまで登るので大変ですが、大きさが実感できるので苦になりません。歩きやすい靴をお勧めします。
投稿日:2019年5月15日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

masapone
横浜市, 神奈川県1,462件の投稿
バブル評価 5 段階中 2.0
2018年7月 • カップル・夫婦
90元払って中に入ったが、大仏の下まで降りる階段は3時間半待ちだということで諦め、頭だけ見て帰ることにした。これだけ待つなら事前に教えて欲しかった。これで90元はぼったくりだ。
投稿日:2019年5月5日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

犬先生
千葉市, 千葉県3,111件の投稿
バブル評価 5 段階中 4.0
2019年5月 • ファミリー
地下鉄の成都東駅から案内表示に従って行きました。CRHの到着エリアを抜けたと思ったら、今度は地上に出てすぐ大きな空港のような建物のすぐ入口で係員を見つけてチェックインをしました。2等席でもとても快適でした。帰りは停車駅が無くて50分くらいで、また地下鉄の成都東駅にも近くなるので、快適でした。
投稿日:2019年5月3日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

蟹澤聰史
仙台市, 宮城県74件の投稿
バブル評価 5 段階中 4.0
2019年4月 • 友達
四川省楽山市にある楽山大仏は弥勒菩薩をかたどって彫られた巨大な磨崖仏で、高さは71メートル、東大寺の大仏の5倍もある。日本の磨崖仏をあちこち見て歩いたが、さすが大陸では何でも大きくて比較にならない。長江の支流、岷江(みんこう)、大渡河、青衣江が合流する地点にある。体力があれば、300段以上の階段を昇って大仏様の頭の上から拝観するのもいいだろう。楽山市の街を歩くのもまたよろしい。
投稿日:2019年5月2日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

jibiki04
千葉県5件の投稿
バブル評価 5 段階中 3.0
2019年3月
日本語のツアーでいくと2万円かかりますが今回パンダバスのツアーで行きました。200元でした。武候司の博物館の近くで朝7;30にチケットを買って8;30出発になります。QRコードをシャメで撮ったものがチケットになります。バスのナンバーが書いてあるのでそのバスに乗り込みます。ネットでは工事が2月で終わるとありましたが工事中で階段で下にはいけませんでした。旅行客も少なくいろいろなところをすぐ見られました。60歳以上は入場料が免除でバス代だけですみました。60歳以上の人はパスポートを忘れずに。
投稿日:2019年3月19日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

藍天白雲(蓝天白云)
宇都宮市, 栃木県929件の投稿
バブル評価 5 段階中 5.0
2018年7月 • 一人
713年~803年の90年間をかけて造られた、弥勒菩薩をかたどって彫られた磨崖仏です。全高約71m、像本体の高さ59.98m、足の大きさ11m、耳の長さ7mと云うように、巨大です。なおこちらも「世界遺産」です。ここは3本の河、すなはち岷江・青衣江・大渡河の合流点で、川が氾濫したり船が沈んだりと云った悪いことが続く地でした。楽山大仏を作り仏様の力でこの状況を鎮めようという意図が有ったようです。
またなぜ弥勒菩薩か?というと、それは当時、中国唯一の女性皇帝「則天武后」の時代だったことによります。則天武后=弥勒菩薩の化身という信仰が流行っていた時代背景に因るそうです。なお、中国で一般的に弥勒菩薩=布袋様なのですが、楽山大仏の弥勒菩薩はそれとは異なります。
投稿日:2019年3月2日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

gbcafe2015
東京都心, 東京都4,846件の投稿
バブル評価 5 段階中 2.0
2018年12月 • 友達
2019年2月上旬まで楽山大仏は修復工事が行われています。情報では胸まで工事のネットがかかっていると聞いていたのですが、なんと顔までネットがかかっていて、見えるのは膝から下だけでした。とても残念です。

当然、クルーズ船にも乗って大仏を川からも見るのですが、緑のネットが見えるだけで残念な結果となりました。

300段以上の階段を上ると大仏の顔の部分まで行けるのですが、ここまでくれば何とかネット越しにお顔を拝見することができます。工事についてはどうにもならないことなので、楽山大仏を見る際は2月中旬以降が良いと思います。

世界遺産のとても大きな大仏なので、ネットが取れていれば感激のお姿を拝見できると思います。
投稿日:2018年12月25日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

yokoyoko1973
広州, 中国1,158件の投稿
バブル評価 5 段階中 5.0
2018年9月 • 友達
本当に大きな大仏です。9月24日の中秋節に観光したので人が大勢いました。また船ではなく歩いて見に行ったので大仏の足元に行くまでに2時間掛かりました。横入りばかりする中国人老婆がいたりして結構イライラしましたが、大仏を見たらそんな気持ちもすかっり忘れてしまいました。とにかく規模が大きい大仏です。大仏の全体像を眺めるのであれば船が良いかと思います。川の景色を山の上から見ながら観光するのもいいと思いました。最寄駅は成都から高鉄で1時間位掛かりますがぜひ観ておいたほうがいいと思います。
投稿日:2018年9月24日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

170件中110件の結果を表示中
このトリップアドバイザーの掲載ページは貴社の情報ですか?
この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。
掲載ページに登録

2024年 楽山大仏 - 出発前に知っておくべきことすべて - トリップアドバイザー

楽山市の観光スポット
レストラン航空券旅の物語クルーズレンタカー