推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Albanian League of Prizren Museum [Muzeu Lidhja Shqiptare e Prizrenit]

口コミ80件

Albanian League of Prizren Museum [Muzeu Lidhja Shqiptare e Prizrenit]

口コミ80件
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
観光ツアー
種類豊富なツアーやアクティビティをチェック
ウォーキングツアー・サイクリング
街歩きで観光地の魅力をもれなく満喫
アウトドア
充実のアウトドア体験
宿泊・周遊パッケージツアー
プランは宿泊付きツアーにおまかせ
•••
さらに表示
プリズレン観光
¥8,235(大人1名あたり)
プリズレン-毎日のツアー
¥16,546(大人1名あたり)
Prizeren Kosovoへの日帰り旅行/ティラナ日帰り旅行が提供
¥15,089(大人1名あたり)
ティラナからのプリズレンのプライベートデイツアー
¥35,649(大人1名あたり)
プリシュティナ、ティラナからの終日旅行
¥28,373(大人1名あたり)
コソボ5日間のツアーを発見
¥97,554(大人1名あたり)
さらに表示
フル ビュー
所在地
問い合わせ
Rr. Sharri, プリズレン コソボ
このエリアをチェック
ガイド付きスコピエからの終日コソボツアー
文化ツアー

ガイド付きスコピエからの終日コソボツアー

google
このツアーはスコピエから始まり、美しい都市プリシュティナのコソボに向かいます。コソボは素晴らしい景色の美しい国です。最近州として宣言され、バルカン半島で最も新しい州です。コソボは戦争が最近であり、短時間で構築されたので、提供するものはたくさんあります。コソボの自由の結果として建てられたニューボーンの活版印刷の彫刻をご覧ください。次に、刑務所のようなテーマで構築されたコソボ国立図書館に向かいます。これは、コソボが長年征服されたにもかかわらず、本はすべての国の未来であるため、将来を見据えていることを示しています。マザーテレサ大聖堂をご覧ください。コソボはイスラム教の国と見なされていますが、大聖堂は正教会の少数派のために建てられており、重要なランドマークです。コソボにある世界で2番目のScanderbeg広場を訪れてください。また、忘れてならないのは、コソボでの生活を紹介する民族学博物館です。
¥16,121(大人1名あたり)
80件口コミ1Q&A
評価
  • 35
  • 21
  • 19
  • 3
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Masaki0904さんが口コミを投稿しました(2019年3月)
小金井市, 東京都投稿64評価2
アルバニア連盟の建物と、伝統衣装や絵画の展示室からなる。前者はセルビアとの紛争時に破壊され、再建された旨の説明が最初にある。19世紀後半のアルバニア独立を目指す運動の資料などが見られるが、それぞれ説明文が欲しいところだった。絵画の方も、愛国主義が表現されたものが多く、なかなか緊張感のある雰囲気となっている。
続きを読む
訪問時期:2019年3月
役に立った
シェアする
nike707さんが口コミを投稿しました(2018年7月)
福岡市, 福岡県投稿543評価134
1878年結成されたアルバニア連盟の建物。アルバニア人の政治的機関だったとのことだが、当地の歴史に詳しくない者にとっては???。広い前提の同心円のデザインは、アルバニアが世界の中心となることを象徴しているとのこと。
続きを読む
訪問時期:2018年4月
役に立った
シェアする
Urara Uさんが口コミを投稿しました(2016年4月)
東京都投稿3,104評価570
建物はきれいに維持保存された民家で、中には中庭を眺められるレストランもありきもちいいです。展示物は絵画と民俗博物館で、アルバニアにあるもののほうが見ごたえがあるかと思います。
続きを読む
訪問時期:2016年3月
役に立った
シェアする
ハリー・パーマーさんが口コミを投稿しました(2015年11月)
日本投稿2,215評価365
まず本館と円形の中庭を挟んで正面にある小さな離れの1階でチケットを購入します(料金1euro)。本館は1階が民族衣装や日用品の展示がメインで2階は絵画がメインになっています。中庭の周りにはベンチが置かれ草花も咲いていて良い雰囲気の施設です。こちらの博物館で個人的に良かったのは離れの2階にエアコンがあり涼めたこと(笑)。とにかくコソボの夏は暑く、城塞に登った後だったので火照った体を冷やすのに役立ちました。
続きを読む
訪問時期:2015年8月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
John Bさんが口コミを投稿しました(2017年7月)
トロント, カナダ投稿2,982評価1,602
、 78 1877 年には、ルッソ "- トルコ戦争以下のバルカン諸国では、オットマン帝国の支配を多くなりました。 セルビア・ブルガリア独立したなどが出現したアルバニア人種の人たちは専用のに残っていたが、彼らは近所の人たちに溶け込んだと思います。大きい恐れがあった。 この高層のプリズレンのいたアルバニア出身リーグの創造にいたアルバニア出身の人ではこのエリアで戦ったしてくれました。 プリズレンでは博物館は、 1870 年後半から S/ 早朝に 1880 年代ですが、細部にまでありません、たくさんの写真などいくつかの面白い工芸品が備わっている。 他の方の提案したが、ガイドを配置してくれましたか理解する最良の方法です。 コンプレックスの一部は、セルビア人に 2004 年の 3 月にコソボ " インデペンデンス " を探していた時に破壊されました。 。 充実したのと同じようなやり方で再建されたている。 施設内には地元の衣装の番号が記載されたている小さな民族博物館である。 入場には 1 ユーロである。
続きを読む
訪問時期:2017年7月
Language Weaver
役に立った
シェアする
前へ
Albanian League of Prizren Museum [Muzeu Lidhja Shqiptare e Prizrenit]に関するよくある質問