推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
オンライン予約
519
すべての写真 (519 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い31%
  • 良い50%
  • 普通17%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
20°
12
17°
1
22°
10°
2
お問い合わせ
New Delhi, India
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+91 73552 82430
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
Safdarjung's Tombを満喫する
レビューを絞り込む
126件
旅行者の評価
39
65
22
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
39
65
22
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 126 件中 110
2018年10月30日に投稿しました モバイル経由

どこもかしこも人だらけなことを思えば、この落ち着いた雰囲気は貴重かもしれません。特に見るところはないですが、ウロウロしてインド気分に浸ることができます。 ここからロディガーデンは歩いていけるので、涼しい時期の散歩にはぴったりです。夏は絶対無理ですが。 物陰に相当な確率...さらに表示

訪問日:2018年3月
役に立った
2018年4月17日に投稿しました

外国人観光客は見当たりませんでしたが、休日でもさほど混雑する事もなく、どことなくリラックスした雰囲気の漂う空間でした。メジャーな観光地よりもゆっくり観光出来るので、意外な穴場かもしれません。 確かに小振りなフマユーン廟といった感じですが、侮ってはいけません…特に天井の繊...さらに表示

訪問日:2018年3月
役に立った
2017年2月18日に投稿しました モバイル経由

フマユーンへ、とドライバーに言って連れて来られたのがここでした。なんか小さいし、人少ない?と思って中に入ってあっという間に廟まで歩ける?? と思ったらサフダルジャングという昔の宰相だった人の墓でした。 けっこうそれぞれ近くは近くなんですね。 確かに小さいですが、ター...さらに表示

訪問日:2016年11月
役に立った
2017年2月3日に投稿しました モバイル経由

1754年のムガル帝国の宰相にしてアワド太守であったサフダルジャングが亡くなったことで建てられた廟です。 遠くから見ると規模の小さな赤いタージマハルといった外観です。

訪問日:2016年5月
役に立った
2016年7月19日に投稿しました モバイル経由

インド門に比較的近い場所にある、こちらの廟。外国人観光客は皆無で、地元の人がカップル、友人と訪れていました。 赤砂岩で出来ているマスジッドや全体の作りはフマユーン廟に似ているし、水はなかったけど木の配置など含めてタージマハルにも似ています。 王様でもない宰相のサフダルジ...さらに表示

訪問日:2016年7月
役に立った
2015年12月19日に投稿しました

内装の精緻さ、左右対称の美、涼しげな感じが素敵。多くのインドの廟と同様、入場してから建物までたどりつくまでとっても遠いのでそのつもりで。時間を取ってゆっくり見るのがいいと思います。

訪問日:2015年9月
2  役に立った
2014年11月9日に投稿しました

敷地内の見所は、中央のTombくらいです。 フマユーン廟に似たところも多く、博物館や、これぞといった城壁はなく、すぐに見終わると思います。 ただ、ロディガーデン(入園無料)に近いので、そのついでに時間があれば寄る(入構100INR、外国人)のもありかもしれません。

訪問日:2014年11月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:4 週間前

私はビジネスでニューデリーを6回訪問しましたが、水曜日の午後、10月下旬には、曇り空のまでSafdarjung's Tombを訪れることはありませんでした。墓は、デリーで建てられた最終的なムガールのモニュメントの一つです。 1700年代半ばに建てられたのは、1500年代後半に建てられた最近改装されたフーマユーン廟とは対照的です。 Safdarjungは小さく、より控えめで(主に砂岩で大理石がばらばらになっている)、修復が必要です。それにもかかわらず、訪れる価値があります。エントリーゲートには外装アーチにいくつかの素敵なモザイク加工が施されています。一度門の中に入ると、距離のある墓の印象的な額縁が楽しめます。適切な場所に入ると、3つのドームのモスクが入り口のすぐ北側にあり、周囲の壁に組み込まれています。 このぼんやりとした午後には、墓の敷地はほとんど空になりました(私は4 p.m。を訪れました)私は墓の中や庭の周りに十数人の訪問者しか数えませんでした。日没前の黄金時は、これらのモニュメントを訪れるのに最適な時期です。この日、スモーキーな煙霧は、太陽を西の空の小さなオレンジ色の小さな円盤にしました。 敷地は広々としており、よく整備されています。私は周囲をゆっくりと歩いて2回歩いただけでなく、墓地を訪れ、隆起した表彰台の周りを歩いて、そのコーナーから建物の幾何学的な等角図を見ることができました。私は私の時間を取ってここに留まりましたが、全訪問は私に50分以上かかりませんでした。 入場料はインド以外の観光客にとっては300米ドル(現在の為替レートで約US $ 50。私は、Patt Chowk(Rajpathの北部のAshoka Road)から地下鉄を4つ目のJor Baghまで南にして、北に約5分歩いて墓に行きました。その後、私は1400年代のロッヂ王朝の墓と神社を収めた美しい景観の公園であるロディ庭園を東へ5分歩くことをお勧めします。それは素敵で魅力的な公園で、英国の造園の中の遺跡は鋭く魅力的です。 その後、北東にKhan Market、北西にLok Kalyan Marg駅(地下鉄駅)まで簡単に行くことができます。ニューデリーのこのエリアには、壮大な住居、大使館、外交館があります。私はこの辺り、特に夕暮れを歩いて楽しんでいます。

訪問日:2018年11月
2018年10月27日に投稿しました モバイル経由

そのようなモニュメントは、王妃のために王のために、または王のために王妃のどちらかによって愛の印として建てられましたが、この墓は父親の愛と尊敬のもとに息子によって作られた傾向とは異なります。 この構造は、八角形のコーナーと墓を収容する中央ホールを有する、フーマユーンの墓やタージ・マハルのような他の墓と非常によく似ています。 インディアンはIR 25、外国人はIR 300の入場料があります。 あなたがデリーの他の観光スポットのためにあなたの時間を過ごすためにそれを離れて行っている場合は、歴史の狂人の間にある場合はそれを訪問してください。

訪問日:2018年10月
2018年10月15日に投稿しました モバイル経由

Safdarjungsの墓はデリーで最も古い記念碑の一つです。良い天気や冬にこのモニュメントを訪れることができます。子供たちと一緒に写真撮影やピックアップスポットに最適な場所です。 チケット25 rs 時間は午前7時から午後5時

訪問日:2018年10月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル892件を表示
クラリッジス ニューデリー
2,820件の口コミ
1.34 km 先
サムラート ホテル デリー
180件の口コミ
1.58 km 先
Hotel Oasis Delhi
10件の口コミ
1.66 km 先
アショック デリー
693件の口コミ
1.75 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン13,361件を表示
Delhi 'O' Delhi
84件の口コミ
0.48 km 先
Sidewok
34件の口コミ
0.78 km 先
The Deck
38件の口コミ
0.48 km 先
Ploof - Gourmet Kitchen & Deli
42件の口コミ
0.48 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント1,717件を表示
ロディ ガーデン
3,835件の口コミ
0.34 km 先
ガンジー記念館
1,761件の口コミ
1.41 km 先
Habitat World Convention Centre
401件の口コミ
1.33 km 先
Indira Gandhi Memorial Museum
514件の口コミ
1.31 km 先
Q & A
Safdarjung's Tombのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン