推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Srirangapatna

本日営業: 7:00 - 13:30, 16:00 - 20:00
オンライン予約
658
すべての写真 (658 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い39%
  • 良い45%
  • 普通13%
  • 悪い2%
  • とても悪い1%
詳細
営業中
本日の営業時間: 7:00 - 13:30, 16:00 - 20:00
時間帯をすべて表示
お問い合わせ
Srirangapatna, Mysuru (Mysore), India
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
掲載内容を修正する
翻訳:Google
Srirangapatnaを満喫する
レビューを絞り込む
311件
旅行者の評価
129
135
40
7
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
129
135
40
7
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 311 件中 110
2015年9月12日に投稿しました

ベンガロールからの行き(又は帰り)に立ち寄れる場所と思います。ヒンドゥー教の古い寺院で他にもあるような施設かもしれませんが、広々として敷地に地元に昔からある寺院だと想うと、とても神聖な場所だと思います。

訪問日:2015年7月
1  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:1 週間前 モバイル経由

私たちがマイソールの旅に出ている間、私は夕方に13 - 11 - 2018年に私の妻とこのヴィシュヌ神殿を訪れました。 この寺院には美しい南インドの建築があり、1000年以上の間よく保存されています。偉大な主ビシュヌの寝姿勢とマアラクシュミのアイドルが彼のそばに座っています。 Shri Hanumanjiのアイドルは、ハヌマンの寺院に一般的に示されているように、驚くべきものであり、異なっています。 私たちは深夜にこの寺院を訪れたので、Tipu Sultanに関連する他の場所は見えません。 マイソールからは18km、マイソールでは必見です。マイソール市内バス乗り場からタクシーまたは市内バスで行くことができます。 ヴィシュヌ・クルシュレッサ AGRA

訪問日:2018年11月
口コミを投稿:2 週間前 モバイル経由

私は大学の勉強ツアーの一環として、この場所を訪れました。この場所は、古代の彫刻と建築によって本当に素晴らしいものです

訪問日:2018年4月
口コミを投稿:3 週間前 モバイル経由

私はこの場所は私が訪問したときに非常に多くの人々があったが、キューシステムが良いようにいくつかの重要性を持っていると思う。

訪問日:2018年11月
口コミを投稿:3 週間前 モバイル経由

この場所には一連のものがあります 要塞の残りの部分とそれの一部であった寺院のモスクと宮殿 Tipu Sultanへの敬意

訪問日:2018年11月
口コミを投稿:3 週間前

多くの人がマイソールが首都で、マイソール宮殿がティップーだと思っていましたが、その場所はティップ・スルタンの首都でした。 この場所は小さな町であり、島にはコーヴェリー川があり、 歴史的で、Tipuに関連するスポットや、TipuがBritishersと戦った戦争はほとんどありません。 ここには非常に有名なランガナタ川の寺院もあります。 歴史や寺院への宗教的訪問に興味がある場合は、この場所を訪れる予定です

訪問日:2018年10月
口コミを投稿:4 週間前 モバイル経由

私たちの過去を愛しているなら、この歴史的な場所を訪れることをためらってはいけません。人々の大部分は、mysore宮殿はtipuのだと思うが、tippuの宮殿は英国人によって破壊されたsrirangapatnaにあった。歴史のオタクにとっては必見の場所です

訪問日:2018年11月
口コミを投稿:4 週間前

Ranganathaの素敵な寺院は、すばらしい建築で維持されています。駐車場が充実しています。

訪問日:2018年10月
口コミを投稿:4 週間前

最も美しい場所や歴史的なモニュメントがある素晴らしい場所。この都市は、半径30キロ以内の観光スポットが多い場所として目立つことがあります。 AdiRanga、Nimishamba寺院および他の美しい寺院であるRanganathaswamyの寺院がある。また、多くの砦やモスクのあるティップ・スルタンの首都。コーヴェリーの川は街を流れ、バルムリ、イェダムリ、グーシャ・ガートのような多くの水域を含み、リストは決して終わらない。

訪問日:2018年10月
口コミを投稿:4 週間前 モバイル経由

Shrirangapattana。 。 。この街全体はカベリ川に囲まれて川の島を形成し、島の町のモニュメントはユネスコの世界遺産に指定されていますが、申請はまだ承認待ちです。 私たちの最初の停留所は、Srirangapatna砦の中に位置し、1786年から87年の間にTipu Sultanの政権の間に建てられたJama Masjid(モスク)とも呼ばれるMasjid-i-Alaでした。 私たちのツアーガイドは、モスクは高台に建てられ、2つの物語を持っていますが、ドームを持たない他のモスクとは違うと説明しました。彼はまた、ムスリムの建築様式のほとんどのモニュメントとは対照的に、モスクには4つではなく2つの背の高いミナレットがあり、3つの八角形の段で区切られており、ステージには対称的なパターンの無数の長方形の穴があり、ミナレットにはオイルランプが置かれてモスクを照らしています。古い井戸とカベリ川の水を供給されたタンクは、祈りの前に儀式的な浄化のために使われました。 マドラサは現在、イスラム教の学習が近隣の地域の子供たちに伝わるモスクから運営されています。 私たちのガイドでは、火薬庫を見せてくれました。その中には8つの砦があり、戦争中の弾薬の供給が容易になっています。アームと弾薬を収容するのに十分な空間を内部に有するこれらの低い長方形の構造体は、小さな入り口を備えている。彼らは厚い壁と浅い傾斜の屋根を持っているので、通常の傾斜屋根のように見えます。屋根に投げ込まれた爆弾が屋根に着地した場合、即座に滑り落ちて地面に爆発し、弾薬の被害を最小限に抑えます。 私たちが先に進むにつれ、私たちはTipu Sultanの遺体が発見された場所に来ました。私たちのガイドによると、Tipu Sultanの遺体は戦闘中に殺された兵士の体の下に発見されました。 我々のガイドが私たちにそれを指摘していなかった私たちはダンジョンに進んだとして、私たちは間違いなく私たちの右に位置するウォーターゲートを逃したでしょう。彼はTipu Sultanが彼の王国の周りに堀を掘り出し、ワニの恐怖のためにそのような溝に入るために英国人が石積めされたことを知って、英国が王国に入るのを防ぐためにワニを内部に保っていたと語った。しかし、人々が定期的な使用のために川からの淡水の供給を得ることができるようにするために、水門として知られている門が建設され、川にアクセスすることができました。私たちのガイドでは、Tipu SultanのおじさんがブリタニシャがこのWater Gateを通って入るのを手伝ってくれるよう誘惑され、攻撃の数時間後にSultanがその場で殺害されたと伝えられました。不信心なおじさんは、後に英国人によって死に掛かったと言われています。 さらに先に、ベイルリー大佐のダンジョンに到達しました。なぜこの地下牢獄が英国人にちなんで命名されたのか理解しようとしていたが、私たちのガイドは、Pollilurの戦いで、Tipu Sultanがベイリー大佐とその軍隊を決定的に勝ち取り、彼は最終的に彼の最後の呼吸をしたこのダンジョンに戦争。数年の間に地下牢に持ち込まれた他の大名は、Baird船長とRulay、Brithwhite Sampson大佐、FrazerとLindsayでした。 30の奇妙なステップの短い飛行は、ダンジョンの入り口を形成するアーチに私たちを連れて行った。私たちのガイドは、これらの階段は、観光客がダンジョンに達することを可能にするために、後に建設されたと言った。一方の側に3つの石のスラブがあり、反対側の4つが不安定に配置されていて、それはダンジョンのレベルに降下するために取られました。 ダンジョン内の対称的なアーチは、側面が球根状で、天井に収束し、肩の高い石のスラブは中央に穴がありました。手首につかんで、両手の鎖を両側のスラブの穴につなぎ、捕虜は背中を壁に向けて立たせた。すなわち、24組のスラブが、壁に沿った高さの昇順に配置されているので、捕虜は高さに合ったスラブに連鎖することができた。 私たちは穴を見せました。穴は小さくなっており、後ろには密閉されていて、Kaveriからの水がダンジョンに入ることができ、私たちのガイドはダンジョンとの間の水の流れを調整するための効率的なテクニックを教えてくれました。ヒルズや他の昆虫が蔓延している腰の深い冷たい水の中で、壁に拘束された立場の精神的イメージは、スラブの上に置かれ、腕を伸ばし、手首に鎖を張り、スラブの穴に縛られて背骨を冷やしたそれは私を震えさせた。 このガイドは、体重750kgの大砲の表面に形成された穴を通り抜け、落下したところのダンジョンの中央に横たわっていると指摘しました。 Shrirangapattanaの包囲戦の間、レンガとモルタルの建設はおそらく大砲の重量に耐えられませんでした。どうやら、建設に使われた材料は砂、石灰、ぎざぎざです。 Tipu Sultanがダンジョンの囚人を確認するために彼の宮殿から来るために使用したトンネルは、壁にある既存のものと一致する石で封印されています。私たちのガイドによると、Tipu Sultanは特別な力を授けられました。彼の非常に鋭いビジョンは、彼が暗闇の中で見ることを可能にし、彼は驚異的な肺容量に恵まれました。  "あなたは、カメラを向いたティプの写真を見たことがありますか? 。 。 ? ? " 正直なところ、私はティプ・スルタン、彼の右または左のプロフィールのタイガーの写真を見ました。 このメモでは、私たちは地下の刑務所を離れ、世界から隠されて、私たちと暗い話をいくつか持っていました。 私たちは、Shrirangapattana Fortのツアーを予約することに決めました。Shrirangapattana Fortは、後の訪問のためにインドの中で高く評価されると考えられています。いずれにせよ、残念なことにその多くが破滅しています。しかし、砦への6つのメインゲートのうち、高速道路の両側にある象の門とマイソールの門の2つを垣間見ることができました。 私たちのガイドと一緒に、私たちはGUMBAZに向かいました。彼の両親の墓とTipu Sultan自身の墓を収容した大きな長方形の美しい庭園の中央にある高台に立つ霊廟。 メインゲートに入った後、私たちのガイドは、彼がGumbazとTipu Sultanについていくつかの関連する事柄を超えてすぐに共有する許可を得ていないことを知らせました。 彼はGumbazがTipu Sultanによって父Hyder Aliと彼の母Fakr...- Un - Nisaの墓を収容するために建てられたと言った。スリプルガンパタナの包囲戦でティップ・スルタンが死亡した後、イギリス人はグンバズに彼を葬った。彼の墓は両親のそばに置かれていた。 彼は殺害された翌日、マイソールの虎の体は、完全な軍事栄誉を持つイスラムの葬儀の儀式に従って父の墓の隣に埋葬されたと話した。彼の典型的な劇的なやり方で、私たちのガイドは突然暴力的な暴風があって、激しい葬儀の途中で集中的にシャワーを浴び、何人かの英国の軍人を含む哀悼者たちをまったく気にかけなかった。これは、母国が英国に引き継がれるのを守るために歯と闘いを戦ったこの偉大な戦士に、彼女の最後の敬意を払う母なる自然の方法でした。 私たちの知識豊かなガイドはGumbazが東に面した入り口を持っており、ドームや丸い屋根は開いたベランダの周りに36の鋭い黒い花崗岩の柱が支えられていることを指摘しました。 私たちのガイドの言葉が耳に響き渡ると、Gumbazの4つの側面すべてに暗い花崗岩の複雑な格子模様の窓や窓が見られます。ディープラッカー仕上げ、象牙加工の美しいペイズリー模様の象嵌のドア付き。 私たちは霊廟の中を歩いていました。私たちの目を引っ張った最初のものは、ベルベットとフローラルの「チェイサー」で覆われた3つの墓でした。ミドル・グレイブはハイダー・アリのもので、右側には妻の墓があり、左には息子の恐怖のティップ・スルタンがあった。内部の壁はマイソールの虎に敬意を表して虎の縞模様で塗装され、自然光だけで照らされ、魅力的でした。写真は内部では許可されず、カメラのフラッシュが最終的に塗料を退色させる可能性があると言われました。しかし、誘惑に抵抗することはできませんでしたが、私はドアのすぐ外に立っている数枚の絵をクリックしました。 家族や親族の他のメンバーの墓はGumbazを取り囲んでいます。それらのほとんどに小さな看板があり、特定の個人の名前がそこに埋もれていて、Tipu Sultanとの関係が言及されています。 東側では、左に向かってティプーの里親マディーナ・ベグムの黒い墓があります。 3列の墓地があるベランダには標高があり、 外のベランダの南側には、ティプーの姉妹と2人の娘の墓があります。私たちのガイドは、Tipu Sultanの妻と6人の息子もここに埋葬されていると話してくれました。彼は、Tipu Sultanの息子のうち2人がEast India Companyによって人質に拘束され、その後カルカッタに追放され、Tollygungeに住み着いた.Tipu Sultanの子孫は口の中に手を差し伸べると信じられている。 Tipu Sultanの親戚の多くは庭の霊廟の外に葬られています。墓碑の大部分はペルシア語です。 Tippu Sultanによって建てられた美しいモスクであるMasjid-E-Aksaもそれに隣接しています。さらに表示

訪問日:2018年11月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル130件を表示
Amblee Holiday Resort
84件の口コミ
0.89 km 先
Young Island Resorts
79件の口コミ
1.23 km 先
Hotel Mayura Riverview Srirangapatna
156件の口コミ
1.58 km 先
Hotel H3
2件の口コミ
1.92 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン555件を表示
Thotada Mane
40件の口コミ
3.03 km 先
Parampare Veg Restaurant
17件の口コミ
4.63 km 先
Food Park
5件の口コミ
1.7 km 先
Poojari Fish Land
106件の口コミ
5.45 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント141件を表示
Sri Ranganathaswamy Temple
180件の口コミ
0.02 km 先
Jama Masjid
40件の口コミ
0.91 km 先
Srirangapatnam Fort
37件の口コミ
0.22 km 先
Captain Bailey's Dungeon
40件の口コミ
0.93 km 先
Q & A
Srirangapatnaのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン