推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
44
すべての写真 (44 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い46%
  • 良い40%
  • 普通14%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
お問い合わせ
Kutch, India
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
レビューを絞り込む
24件
旅行者の評価
6
13
5
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
6
13
5
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 24 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:2017年4月3日

このホテルのインド西部、国境の最後のポイントに位置している。 ここから右側にある私たちはどちらもやりインドとパキスタンの海を見ることができます。 寺は以来、海ボーダーのすぐ近くにあります。とても快適な場所で、大変静かな場所となっている。

口コミを投稿:2017年4月1日

このサイトに近くの国境では、静かな場所少し古びている。 寺は目立たないですが、旅行者、追加マイル満足 kutch である。

口コミを投稿:2017年3月21日 モバイル経由

私たちは lakhapat 方面に又野 madh 、海の方向に約 60 キロメートル行ったその他のダルシャン " ました。 ロードシヴァ歴史的な寺 lakhapat の海に位置している。 駐車場ですが、である寺院から無料で利用が可能となっている。

口コミを投稿:2017年3月18日

インドの最西端の一部の最高のロケーション。 寺は美しく、海に面して建つホテルである。 1 つ 1 つビジョン寺はテラスに建っており、新たになって感じ全ての方向に広がっていることができます。 寺院から下車、歩いて、隣接している桟橋に行くことをお忘れなく。 地区の境界にセキュリティ (bsf)Force 維持されている。 には平和で素敵な場所です。

口コミを投稿:2017年3月14日

その非常に良いを見学します。海の眺めが楽しめる。十分な時間。あらゆる年齢を訪れる人々を過ごすことができる素敵なホテルですが神のもてなしを使用できます。

口コミを投稿:2017年3月6日

又野 madh 、海に向かって ( 実際にはクリークです ) 約 60 キロメートル進む。さらに下りではホテル - ストップオーバーた後、シヴァ寺院は美しいです。 車では、数メートル先には、寺前に車を停めましたがあります。すぐ近くのフライトは寺のメインコンコースに行くに入り込めがあります。 歴史好きのお客様のために、すぐそばの、短時間のフライト、下界があり、細部にまで乗り、この寺、興味深い読書しての歴史について説明している。 礼拝が行われる場所が後では寺院、しは良い考えだと思い、リラックスもいくつかあるが爽やかなココナッツウォーターが用意されます。

口コミを投稿:2017年2月15日

海の素敵な寺、コリにクリーク " 次のショア。 そこの駐車場近くにある体調管理がされていてトイレ。 私たちは気付かなかった唯一良いレストラングジャラート州 " の観光部でした。 美味しい、清潔で、新鮮な料理が出されました。 レストランでは、ゲストハウスの一部になっているヤンサロバルプレミエール koteshwar 、間となっている

口コミを投稿:2017年1月24日

ランズエンドに位置している koteshwar 寺ウェスタン (kutch) グジャラートでツアーは終了します。 眺めも良く手入れされている。 散歩には、いいホテルです。

口コミを投稿:2017年1月8日

の近海です。穏やかで、美しい寺すてきな海が静かなブリーズ ) 。食べ物とココナッツウォーター寺は施設の外ができるダルシャン " 後。 眼識と観光にはいい場所

口コミを投稿:2016年12月31日 モバイル経由

寺院の後ろの物語ここの shivling 、カウ・してくれているラーバナレジデントスイートで滞在したいです。 素晴らしい恵みを求めるを見学します。

口コミをさらに見る
Q & A
Koteshwar Mahadev Templeのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン