推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

オンライン予約

開始日
終了日
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
すべての写真 (46 枚)
すべての写真 (46 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い19%
  • 良い49%
  • 普通26%
  • 悪い5%
  • とても悪い1%
詳細
お問い合わせ
Chao Bom, Tarrafal, Santiago 7110, Cape Verde
掲載内容を修正する
翻訳:Google
タラファルと近隣エリアでおすすめの体験
¥7,879
詳細
レビューを絞り込む
6件
旅行者の評価
1
5
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
1
5
0
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞り込み日本語
一覧を更新中...
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年7月22日に投稿しました

1. に行くのに 100 もかかります。 ホテル内にはツアーガイド行ったたのですが、違うので、が存在し、ではない料金、もしくは、とても小さな 1 つで。 2. ホテル自体は博物館はまだ作品である。 いくつか英語を書くありませんが、充実したました。 素敵だったが、ガイドを見ていると思います。 3. ホテルには駐車場がたくさんありました。 ホテル内にはレストランやスナックスタンドました。 It A-2 分 (30 純金 ) でダウンタウンからでした。 私、 15-第20 分かかりました歩いて行きました。 4. 彼らはトイレはないかもしれません。

訪問時期:2017年7月
2016年12月30日に投稿しました

方に興味がおあり、植民地時代の歴史ある 2 ヶ所の主な観光スポットでは、ケープベルデであるどちらもには、島のサンティアゴ :1 、シダ Velha, お得なプランが初めのこの期間では、他の、 tarrafal 濃度キャンプがある端各部屋ある魅力的な ( そして面食らいましに多く ) には各自で。 tarrafal1 つ集中に最高には aluguer かかりますが、 1 つにも歩いて行くことができます。 メイン・ロードには歩道のほとんどが 30 分 tarrafal 中心部からは約 1 時間である。 オリエンテーションという点でも、少し長く、難しく海岸沿いで歩いたところにあります。 whre1 つは、内陸に入った瞬間に RP 支店 21 、それ以降は 1chão ボン・ジェズス教会の村の終了となります。 2016 年 1 月には Memorial 空く通知してくれましたが、カンポ・デ公式 concentração ポルトガルの総理大臣、ケープ・ベルデのアイコンにオープンしました。 今ではいくつかとても良いインフォメーションボードポルトガル語、英語、フランス語がされている。 まず、かつて刑務所スタッフの外側建物から構成されている。そしてきちんとした、キャンプに行くのに、...1 100(1 ユーロ )Esc は、低料金、入場パスがある。 どこに行くにも私は先にも述べました営業時間を見ませんでした。 たぶん、ゲートの女性と続いている、閉まるため、彼女さかのぼったかのよう。 夕方、よりも、 1 時間も途中には、いつも一人でとなっていました。 キャンプは、 1936 年にオープンした、初メリコサラサール劇場もあるの体制その人に入れましたが、後には刑務所アンゴラ " 、ギニア - ビサウ、ケープ・ベルデからの独立勢力になった。 場所は、カーネーション革命で 1974 年にポルトガルクローズした。 そんなに生活感はキャンプ内で簡単で、インフォメーションボードに感謝します。 それに、ホールでは、いました囚人保たれている - 分かれての国籍 -1 つを見ることができ、洗面所、トイレ、キッチンには、小さなインファーマリー病院、電池独房、読書室がある。 玄関の近くには、壁のトップへ戻るにあり、 1 つは、インナーお堀壁の前にたている。 また全ての囚人、ここに死んだ -第24 60 歳の間にも記念飾り額である。 で、その他の情報をボードに、この場所と呼ばれると言う : 「遅い死のキャンプ場。さらに表示

訪問時期:2016年12月
2016年4月10日に投稿しました

カーボベルデ ( ベルデ岬短い歴史の政治的歴史の前後に、インデペンデンス " 興味深いクチコミを書きます。 島の歴史について絵画、ブリーフィングがあるいくつかの部屋。

訪問時期:2016年4月
2015年10月3日に投稿しました

このホテルには刑務所から 1974 年、カーボベルデ ( ベルデ岬ポルトガルからの独立宣言したまでだった。 当初、独裁に対するポルトガルポルトガル捕虜、カートにポルトガルのコントロールに逆らうように、植民地から勢力に使用されていました。 しっかりと設備管理がされていて、場所の歴史について多くの情報があることだと思うのですが、ないかもしれませんが、すべての情報は、唯一のポルトガル語であることがいました。

訪問時期:2015年9月
2015年2月28日に投稿しました

非常に印象的な、とても純粋。 iinteresting 展示が、 portugues 残念である。 すべてがオリジナルの、彼らの政治敵静かにさせた独裁者何なのかははっきりメッセージを与えている

訪問時期:2015年2月
2015年1月7日に投稿しました

歴史的なホテル。 は、メリコサラサール劇場もあるポルトガル語の periode から ( 政治的 ) 囚人の concentrationcamp 。 羽毛の車は彼らは刑務所に保たれていました状態を見れば。 とても低層 entrancefee 。 アル建物ご自身で観光を楽しむことができる、写真撮影を無料で利用できるのです。

訪問時期:2014年12月
口コミをさらに見る
Q & A
Konzentrationslager Colonia Penal de Tarrafalのスタッフや以前の訪問者に聞いてみましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン