推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Wilson Castle

本日営業: 9:00 - 17:00
92
すべての写真 (92 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い37%
  • 良い26%
  • 普通13%
  • 悪い9%
  • とても悪い15%
詳細
営業中
本日の営業時間: 9:00 - 17:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
-1°
-8°
12
-5°
-13°
1
-2°
-11°
2
お問い合わせ
West Proctor Rd., Proctor, VT
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+1 802-773-3284
電話
掲載内容を修正する
レビューを絞り込む
17件
旅行者の評価
7
4
3
1
2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
7
4
3
1
2
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 17 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年7月21日に投稿しました モバイル経由

おそらく私たち単独ではこの場所にプロクター " に消え去ったしません。しかし、建築ゴールダーバフ行くのならば、ウィルソンは城、興味深い観光スポットです。 私たちはガイドとともに歴史的背景この型破りでおそらく気取らないリーガルレジデンスに用意されています。 ( 数名のティファニーランプ、輸入されたフレンチ窓 ) いくつかの内部家具やお金持ちを見るのは楽しかったです。 城は個人が所有していて、部品ドーハ問題なく走るようには修復工事費用かなり明らかになると思います。 ですが、お城の価値はあります。近くに行くのならば、外観をしている。

訪問日:2017年7月
2017年7月10日に投稿しました

私は、建築専門家または特にについての知識が豊富で、あるいは古い家に興味がありません。 私ウィルソン城たしながら旅行しました他の人にしたいと思っていましたのでを訪れに行きました。 私がすべてに深くなる手前でした。よく保存された旧市街期待していたの家、以前に行ったことは、歴史的な場所の多くのようです。 それがどんなました。ありませんでした。 代わりに、ウィルソン城時に落ちてきていることはかつての人気アトラクションようです。 敷地内には、少しほつれている。外観は組まれ、古めかしくバーモントツーリストインフォメーション、駐車場に ( と、駐車場芝生がある。 ホテル内にというものがありますが何十年ものカップルのため見えませんが ) 歩道’ s がある。 パンフレットには、このホテルが、私が見たのは、ツアーガイドのデスク、必要です。公表されているのは、 1950 年代の 60S とすることです。私たちを出迎えてくれます。では、スイスガード。 ホテル内にはスイスガードました。 私は、道衣、ヘルメット、、パイク 1 つの部屋に見えました。 それをすべて否定的な音がするが、本当にホテルは素晴らしいホテルです。 私たちは私たちだけしかいなかった、ガイドをしてくれてくれたの家の客室はのすべてを見るさせてくれたことが最高のツアーしてくれました。 この展示エリアから外れた ( は年配の椅子数深くなる手前にオフになりますが、それが 's) 深くなる手前はありませんが、暖炉やステンドグラスのゴージャスなことです。 残念なことに、しばらくこの家を見ることがあります。私はあまり方法も分かりません。 ホテルドーハにあり、お金の巨大な冷戦時代を通じてに応えられるようになっている。 一人は、凝った装飾の天井には必要な時間と技術が飾られた絵画高い張ると思います。 一人もたまにはビジターツアーグループでカットしてません。 スリなんかよりよっぼど危険な深さが我が家のようにこのホテルを愛する誰かスウープに、保存に応えられるようになっている。 本当に訪れてみる価値ありです。 いるようなことも、この地域で見ることはできません。

訪問日:2017年7月
2016年11月1日に投稿しました モバイル経由

私たちは城へは、夜の halloween の前にプレップ、黒の家の探索して作られていましたました。 私たちは建物全体、実態だけでした。 この場所ですまた、かつての栄光のテイストを取り入れた残念だった美しいですが、極めて普通です。 ホテル内には鳥類飼育場、安定、、絶対に、部屋自体はの家にいるかの古い英国風と、建築の傑作であるを探索する価値はありますボイラールームステンドグラスの窓のレンガ造りの外観と多彩。 素晴らしい景色が一望でき、デッキから待っている。

訪問日:2016年11月
2016年10月26日に投稿しました

常時改修、が充てられこのニューイングランド維持するのに必要とされる宝物です。 私たちは敷地内に見えたので、スタッフは spooktacular ハロウィーン週末を過ごすのにしたてていました。 私は、落ち着いた色合いのにを探索するのに、客室は怖い考えるとぞっとする。

訪問日:2016年10月
2016年10月16日に投稿しました

バスルーム付き

訪問日:2016年10月
2016年8月1日に投稿しました

このホーム TLC 必要がある ... できればすぐに歴史的な登録、 recevie の資金がとても優秀です。 ここはホテルではなく、見逃せないツアーです ... 見事な w/ ハンド描かれた天井が、彫刻された木製の階段、壮大な景色・・・・と ... アハ幽霊 !!!!!

訪問日:2016年7月
2016年7月29日に投稿しました

私たちとしましたこの城を見るのに私達の方法の 3 時まで車でドライブしましたが早めに閉館となりました。 何もすることがこのホテルの見かけウェブサイトにありました。 僕は最初電話を除き、お勧めできません。 ここの周辺に他には何もありません。

訪問日:2016年6月
2016年7月5日に投稿しました

ビクトリア様式の「 higgely の pigglety" 建築の素敵な例はかなりですが、ませんが、いつも additionas 調和では、現在所有する家族がゴージャスなステンドグラスの窓、洗練されたオリジナルの調度品が置かれている。 が主な問題点は修復が必要な最悪である。 建物はオリジナルの仕上げの大きさや質を考えると、私はそれがおそらく 5-$1000万ドルきちんとしていないのだろう推測している。 「 32 」の詳細は、サウンドとなっているため、かなり広いですが、いえを訪れ、面白い場所です。

訪問日:2016年7月
2016年6月28日に投稿しました

-1) 重要なこののカーペットには、「 1 回の滞在ではありませんが、何か」アトラクションタッチしません ... は最もアクセス、オープンしている部屋を歩いて行くことができます。とてもフレンドリーでいる。 2) この個人が所有していて、まだ改装されて、手伝ってくれ資金が必要ではまずかった。 それでも、私達驚きでは、知識豊富な、フレンドリーなスタッフ、開放の建物は、歴史などを行いました。 は、入門ビデオはかなり良いです。 ませんが、美術館のような空気や歴史的な家屋タイプ。

訪問日:2016年6月
2016年4月9日に投稿しました

私はこの城は、ツアーをご予約の 18 年前から休暇で指定されていました。 これは、 していたのですが、車での価値がありました。 アンティークで装飾されている全室、美しいオリジナルの装飾された、オリジナルの手織りのラグました。 彼らはグループの 1 つにラグが敷かれた写真とは歩いての部屋は完全な感じに参加するのを励ましてくれた。 何も問題はありませんので、歴史的な邸宅のように深くなる手前ていました。 は、魔法を訪れました ! 私は 1993 年 10 月。 正しい日付を入れておくにできましたと思います 2015 年 5 月を見学しませんでした。 ごを見学しますとてもをお楽しみいただきます。

訪問日:2015年5月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテルをすべて表示
ロードウェイ イン
68件の口コミ
4.37 km 先
ロードウェイ イン ラトランド
55件の口コミ
5.19 km 先
コンフォート イン トロリー スクエア
386件の口コミ
5.21 km 先
トラベル イン
22件の口コミ
5.24 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン2件を表示
Sweet Caroline's Restaurant
49件の口コミ
2.8 km 先
Mary's Cafe
27件の口コミ
2.6 km 先
Little Harry's
282件の口コミ
3.91 km 先
Sandwich Shoppe
60件の口コミ
3.91 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント6件を表示
Vermont Marble Museum
102件の口コミ
5.4 km 先
Paramount Theater
87件の口コミ
4.07 km 先
Marble Bridge
8件の口コミ
5.31 km 先
Q & A
Wilson Castleのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン