推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Museum of the City of New York

ニューヨーク シティ, ニューヨーク州, アメリカ合衆国
さらに表示
Museum of the City of New Yorkの詳細
google
ニューヨーク市立博物館は、ニューヨークの独特の性質についての理解を深めます。 世界で最も影響力のある大都市での都市生活。それは祝うことによって訪問者を魅了します、 街の過去、現在、そして未来を文書化し、解釈すること。 1932年にジョージ王植民地 - 復活棟を改装したこの博物館は、 5番街と103番街にあるミュージアムマイル。
続きを読む
準備中
本日の営業時間: 10:00 - 18:00
時間帯をすべて表示
Museum of the City of New Yorkが提供するツアー&チケット
概要
google
ニューヨーク市立博物館は、世界で最も影響力のある大都市における都市生活の独特の性質についての理解を深めます。街の過去、現在、未来を祝い、文書化し、そして解釈することで、訪問者を魅了します。新しく改装された1932年ジョージアンコロニアルリバイバルの建物内にあるこの博物館は、5番街と103番街のミュージアムマイルの最上部、セントラルパークのコンサバトリーガーデンの向かい、イーストハーレム周辺の南端に位置しています。
1,007件口コミ1Q&A
評価
  • 448
  • 338
  • 134
  • 67
  • 20
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Ginger-Lily7217さんが口コミを投稿しました(2019年11月)
投稿2,101評価295
海外ドラマgossip girlのロケ地で訪れました。セリーナ、ブレアが通っていた女子高・コンスタンスビラード学園です。セントラルパークのコンサバトリーガーデンのすぐ近くにあります。
続きを読む
訪問時期:2019年10月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
Cho-sanさんが口コミを投稿しました(2019年8月)
川崎投稿2,159評価1,465
5番街のミュージアム・マイルに位置する博物館。5階建て。5階のロックフェラーの寝室が贅を尽くした造りで印象的。マンハッタンの発展過程を綴った25分間のビデオがよくできていました。絵画もいろいろ飾ってありましたが、特にこれというものはありませんでした。
続きを読む
訪問時期:2019年5月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
keikopdxさんが口コミを投稿しました(2017年10月)
東京23区, 東京都投稿7評価4
入り口を入ると、ああ、ここはかつてお金持ちの邸宅だったのだ、と彷彿させる大きな螺旋階段があり、上がっていくと、ニューヨークの街としての歴史だけではなく、ニューヨーク音楽の歴史、人種の歴史、文化の派生や疾病、人々の営み等が知ることができ、なかなか興味深かったです。よりニューヨークのことを理解し観光も楽しくなるとおもいますので、滞在初日に行くことをお勧めします。20分程のニューヨークの発展のビデオ上映もありますので、是非鑑賞してください。それと、ショップにも立ち寄られると、ちょっと質の良いニューヨーク土産が手に入りますよ。
続きを読む
訪問時期:2017年9月
役に立った
シェアする
Rieeeeさんが口コミを投稿しました(2017年9月)
投稿42評価7
自然史博物館やメトロポリタン美術館等と比べてると地味な感じがしますが、ニューヨークの歴史や文化等の展示がなかなか興味深かったです。 場所はイーストハーレム、最寄の地下鉄103rd st駅から徒歩10分程度。 セントラルパーク方面へ向かって歩く途中で住宅街を通りますが、人通りが少なくてドキドキしました。明るい時間帯に行くことをお勧めします。
続きを読む
訪問時期:2016年12月
役に立った
シェアする
Kamei hさんが口コミを投稿しました(2017年4月)
東京23区, 東京都投稿26評価11
隣の自然史博物館が超混んでいたので全然混んでいないこちらに入りました。意外と面白い。発明家ヒルトンが食うために職業肖像画家していて大金持ちの肖像を描いていたその絵とか初めての蒸気船は当時セントラルパークにつながっていたイーストリバー(日本の本にはハドソン川など嘘を書いてる)で仲間と一緒にやったとかかっての”職業婦人”の衣装とか化粧道具(舞台女優とかも)や大恐慌時代マンハッタンの若い女性の7割は”副収入”していたとか。大金持ちの家族の生活の展示とか宝飾品とか、そのものは古くて今はやりではないのですがそのケースに作った人(商会)の銘が入っていてああ、ユダヤの人とか高級家具はロンドンからとか興味ない人には全く興味ない展示が山盛りです。ぜひ一度は訪れてとおすすめする対象はニューヨークおたくの人たちです。最近上野の山も混んでるようですが一昔前の国立博物館くらい混んでないので皆様の一息入れるに良いところという解説は当たっています。季節展示と思いますがトマホークがたくさんありました。有名な最後の酋長さんのもありましたので写真に撮ったら注意されました。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
役に立った
シェアする
前へ