推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
おだやかな半島・・・

国道56号線から「由良半島」に入ります。「以前よりは道幅は広くなって走りやすいですよ」との助言を受け、網代まで。その後この「津島町」を抜けて、また56号線に戻ります。真珠の聖地として、漁村のたたずまい... 続きを読む

2018/03/15に投稿しました
Michaeltoshi
,
札幌市, 北海道
観光地化されていない古い街並み!

宿毛から宇和島に抜ける途中で訪れました。同じ愛媛県でも内子のような派手さはなく、普通の田舎町の中にぽっかりと何十年もの前の街並みが現れた感じがします。

2016/08/22に投稿しました
nobu-shimizu
,
横浜市, 神奈川県
4 件すべての口コミを読む
次回のツアーやアクティビティの予約が10%オフに。トリップアドバイザーのアカウントを作成した場合のみ有効。
アカウント作成
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い50%
  • 良い25%
  • 普通25%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
愛媛県宇和島市
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み
口コミを投稿:2018/03/15

国道56号線から「由良半島」に入ります。「以前よりは道幅は広くなって走りやすいですよ」との助言を受け、網代まで。その後この「津島町」を抜けて、また56号線に戻ります。真珠の聖地として、漁村のたたずまいに癒されます。

1  役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2016/08/22

宿毛から宇和島に抜ける途中で訪れました。同じ愛媛県でも内子のような派手さはなく、普通の田舎町の中にぽっかりと何十年もの前の街並みが現れた感じがします。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2013/08/31

津島町の中でも岩松川沿いの岩松地区は、昭和の文豪・獅子文六が小説「てんやわんや」執筆時に滞在したことでも知られた往時の古い町並みが残る地域です。「大畑旅館」には文六が滞在した部屋も保存され、「大野又六堂」では「てんやわんや」に因んだ文六餅も売られています。

1  役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2011/03/01

昭和の文豪・獅子文六が戦後一時期滞在した旧津島町(現在は宇和島市)。小説「てんやわんや」に描かれた桃源郷のような相生町のモデルでもある。 川に沿った細長いエリアには、今も往時の古い街並みが所々残り、「大畑旅館」には文六が滞在した部屋も保存されている(旧小西邸)。 獅...さらに表示

6  役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
Q & A
津島町のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する
;