推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 21:00
オンライン予約
107
すべての写真 (107 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い36%
  • 良い31%
  • 普通21%
  • 悪い10%
  • とても悪い2%
詳細
営業中
本日の営業時間: 9:00 - 21:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
-6°
12
-6°
1
-5°
2
お問い合わせ
67 E South Temple, Salt Lake City, UT 84150-9701
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+1 801-240-2681
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
Beehive Houseを満喫する
レビューを絞り込む
75件
旅行者の評価
29
26
13
4
3
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
29
26
13
4
3
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 75 件中 110
この口コミは英語から翻訳されました。 オリジナルを読む
2017年7月5日に投稿しました

私たちは、このビーハイブハウスの15分間ツアーでふたりの友人ができました。ひとりは日本、もうひとりはベネズエラからの旅行客です。ツアーの案内自体はとても形式的で堅いものでしたが、教祖ぶりガムヤングとそのソルトレイクシティでの生活の開始時期を学ぶことができました。LDS教...さらに表示

役に立った
2016年9月18日に投稿しました

昔、開拓者たちが運んできたものが展示されています。中には人毛で作った飾りもあり珍しいものもたくさんあります。 聞いた話ですが、あそこに置いてあるフランス人形がよる目を開けたり閉じたりするらしいです。本当かしら?

訪問日:2016年9月
1  役に立った
2016年8月29日に投稿しました

モルモン教に大きく関わった人の家です。 日本人にとってはなかなか珍しい内装の家で、偉人の軌跡をたどることができた気がします。

訪問日:2015年10月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:6 日前 モバイル経由

美しい建築と詳細な木工。ガイド付きのツアーには行きましたが、1階をツアーするだけなので、あまり楽しめませんでした。 2階はオフシーズンのツーリングのみに利用できます。家はとてもよく管理されています。

訪問日:2018年12月
2018年10月29日に投稿しました

停止してツアーに参加したが、ヒーターが聞こえにくいと思った。それが判明したように、それは話をしなかった、または発言しなかったガイドでした。

訪問日:2018年10月
2018年10月27日に投稿しました

入場は無料です。彼らはガイド付きツアーをしていますが、建物はそれほど大きくはないようでしたので、ガイド付きツアーは少し激しいかもしれないと感じましたので、オファーを拒否しました。

訪問日:2018年9月
2018年10月23日に投稿しました

私たちは、テンプルスクエアの敷地や建物の見学に慣れていない経験をしたあと、ビハイヴ・ハウスでガイドツアーをしなかったのですが、とてもうれしく思いました。 20分のツアーは素晴らしく、ブリガム・ヤングとソルトレーク・シティーの教会の創設に関する多くの情報を提供しました。それはただの伝道ツアーではありませんでした!家は非常に面白く、ヤングが所有し使用する多くのアイテムがあります。ツアーの時間がない場合でも、19世紀の伝統的な庭園は散策にも適しています。

訪問日:2018年9月
2018年10月15日に投稿しました

ビハイヴ・ハウスは、1847年にイリノイ州ノーヴォーから有名なモルモン移住を導いて、1847年にソルトレイク・ヴァレーに移り、後期のイエス・キリスト教会の第二の大統領(創始者ジョセフ・スミスの後)になりました - 日の聖人。近隣のライオン・ハウス(ヤングスの邸宅)が建立される2年前の1854年に建てられたこの家は、建物の上にあるビーヒーブの彫刻からその名前を得ました。両方の家はソルトレイク寺院の東に1ブロック、ソルトレイクシティのサウステンプルストリートにあるテンプルスクエアです。ヤングの義理とソルトレイク寺院の建築家、トーマン・O・エンジェル(ライオン・ハウスをデザインしたデザイナー)がデザインしたのは、アングラとサンドストーンで建てられました。ポリハミストであるBeehive Houseは、彼の大家族に適応するように設計されています。それは1852年から1855年までユタテリトリーのエグゼクティブマンションとして務め、ニューヨークの新聞社の出版社Horace Greeleyを含むYoungがゲストを歓迎した場所でした。家は、ライオンハウスへの部屋のスイートによって接続されています。このスイートには、ヤングのオフィスと彼のプライベートなベッドルームがあり、1877年にそこで亡くなりました。ヤングが死亡した後、その家はLDSの後継者によって占領され、1920年から1950年までソルトレークシティで働く独身女性のための寄宿舎としてオープンしました。それは1959年〜60年に、ブリガム・ヤングの孫であるジョージウス・Y・キャノンの指導のもとに復元されました。今日では、19世紀半ばに若者の家族の生活を描写するために、期間家具(家の元祖が多い)を備えた歴史ある家博物館です。毎日のツアーはLDS宣教師が無料で行います。

訪問日:2018年10月
2018年10月4日に投稿しました

私たちは、ブリガム・ヤングの旧家と事務所であったBeehive House(ツアーでのみ見ることができます)を無料で20分ツアーしました。家に展示されているヤングが実際に所有しているアーティファクトがいくつかあります。部屋はヤングの時代のように装飾されていますが、いくつかの作品はオリジナルです。ツアーを行っている宣教師たちは、ヤングの人生について簡単に話し、賞賛しました。ツアーのある時点で、彼らはブリガム・ヤングの妻に属しているとより正確に言っているのではなく、ブリガム・ヤングの妻に属すると言った部屋を指摘した。ヤングは55人の妻を集めましたが、ツアーでは育っていませんでした。宣教師はちょうど彼を "家族の男"と呼んだ。しかし、全体的には家自体は魅力的で歴史的なものであり、木工と職人技は素晴らしいものです。

訪問日:2018年9月
2017年10月9日に投稿しました モバイル経由

は、 lds コンプレックスでは、最後のツアーでは、最先端社会ハウスです。ブリガム若い。その後、彼の息子、家を拡大ジョンまでホーム。 、私たちが姉妹が誠実ですが、攻撃的でありませんを信じだったしたいカリフォルニアとガーナからガイド付きました。 ホテルはアンティーク品やの家のレプリケートされ、調度品も mormon の本の早朝にコピーされスペルは聞いた音とは違うスクリプトで書かれたは興味深いものでした。 私たちに書かれたユタ州政治家としてブリガムについてここに私たちが他の場所よりも多くを学びました、我が家のように素敵なので、訪れてみる価値ありです。

訪問日:2017年10月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル79件を表示
カールトン ホテル
138件の口コミ
0.17 km 先
マリオット ソルト レイク シティ ダウンタウン
781件の口コミ
0.49 km 先
ソルト レイク プラザ ホテル アット テンプル スクエア
908件の口コミ
0.53 km 先
マリオット シティ センター
728件の口コミ
0.6 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン1,575件を表示
Nauvoo Cafe
234件の口コミ
0.21 km 先
The Roof Restaurant
494件の口コミ
0.21 km 先
The Lion House
354件の口コミ
0.04 km 先
The Garden Restaurant
353件の口コミ
0.25 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント316件を表示
LDS Conference Center
795件の口コミ
0.45 km 先
The Tabernacle
1,157件の口コミ
0.17 km 先
Joseph Smith Memorial Building
627件の口コミ
0.16 km 先
テンプル スクエア
4,666件の口コミ
0.42 km 先
Q & A
Beehive Houseのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン