推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Center for Creative Photography

営業中: 13:00 - 16:00
本日営業: 13:00 - 16:00
シェアする
11
すべての写真 (11 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い55%
  • 良い23%
  • 普通14%
  • 悪い8%
  • とても悪い0%
詳細
営業中
本日の営業時間: 13:00 - 16:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
20°
11
16°
12
16°
1
お問い合わせ
1030 N Olive Rd, University of Arizona campus, Tucson, AZ 85719-0506
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+1 520-621-7968
電話
翻訳:Google
ツーソンとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
21件
旅行者の評価
12
5
2
2
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
12
5
2
2
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 21 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年4月25日に投稿しました

これは、野心的で経験豊富な写真家のために必見です。 Ansel Adamsは創造的な写真の父/創設者の一人であることに気づいていませんでした。作品は刺激的で刺激的です。私は壁に展示されていなかったギャラリー内の他の資料へのアクセスも高く評価しました。 UのAは、キャンパスでこれを持っていることを祝福されています。価格は最高です。

2018年3月26日に投稿しました

John P Schaefer Center for Creative Photographyは現在、Ansel Adamsの「Performing the Print」とMark Klettの他の写真家とのコラボレーションを行っています。 e Byron Wolfe、Gordon Bushawなどがあります。 アンセル・アダムスの展示品は小さく、上品に展示されています。追加調査のために、同じエリアにあるアーカイブにアクセスできます。私は個人的にはセンターで2時間以下を費やしましたが、それはすべてを見る時間でした。 ロビーには小さなギフトショップがあります。展覧会を見るための料金はありませんが、寄付は高く評価されます。

2018年3月25日に投稿しました モバイル経由

私たちは本当に素敵なアンセル・アダムスと本当に創造的なワイアットの展覧会の間に訪れました。訪問を強くお勧めします!

2018年2月19日に投稿しました

このセンターでAnsel Adamsの展覧会があると聞くとすぐに、我々はオープニングに参加することをポイントにしました。アダムスはセンターを共同設立し、彼の作品の完全なアーカイブをここに残しているが、彼に捧げられたショーは頻繁には起こらない。これは - "アンセルアダムス:印刷を実行する" - は非常に小さく、1つのギャラリーを占めています。アダムスが自分のネガティブとは別の処刑をどのようにして作成したかを表示する、2枚と3枚で提示された一連のプリントが特徴です。しかし、このギャラリー内のフラットファイルでのアーカイブと細かい印刷の選択は、彼の仕事と人生を洞察するものです。これらの引き出しのガイドは、訪問者がそれぞれの内容を理解するのに役立ちます。 他の展覧会は、アダムスに捧げられた展覧会と並行して行われており、小さくても価値があると感じました。キャンプや様々な活動でアダムスの2月の誕生日を祝ったため、センターはかなり開店のために混み合っていました。しかし、私が過去に訪れたとき、センターには通常、ほんの一人の訪問者しかいませんでした。スタッフは常に楽しくて助けになりました。展示ギャラリーの外に小さなギフトショップがあります。 アリゾナ大学のキャンパスを訪れる予定の方は、オンラインで確認して、中心に興味のある展覧会があるかどうかを確認することをおすすめします。入場は無料で、ここでの休憩は様々なキャンパスの博物館で他の人と一緒にできる。アダムスの展覧会は2018年5月20日まで続きます。 訪問の時間は火曜日〜金曜日、9〜4日、土曜日、1〜4です。パークアベニュー(およびスピードウェイ)ガレージの近くに駐車場があります。

2018年2月15日に投稿しました モバイル経由

現在の展示会では、マーク・クレット氏(他の多くのパートナーとのコラボレーション)の作品が展示されています。それの多くは、以前のシーンの再撮影を含みます。また、2018年5月には、Ansel Adamsによる新しい展示作品が登場します。入場料はありません。

2018年1月29日に投稿しました

これは、ツーソンのU of Aの敷地に位置しています。小さな展覧会は、写真家Mark Klettが他の人と協力して行ったものです。これは入場料(0。00)に値する価値があり、私はあなたの時間をとり、写真の近くにある各キャプションを読むことをお勧めします。細かいことを目の当たりにし、異なる時代の古い写真をいくつか引っ張り、一定の期間にわたって起こった変化を見ることができます。

2018年1月22日に投稿しました モバイル経由

私たちは、創造的な写真のためのセンターを訪問し、プロ品質の写真の展示を見ました。ギャラリーには、西洋の最近の写真と歴史的な写真を比較した一連の写真が展示されていました。ノートには、日付、場所、および方法が重要性とともに記載されています。私たちが去った時、クラスのグループが入りました。学生は、大学のキャンパス内に位置し、写真を詳細に調べて、議論し、メモを取っていました。 センターをお勧めしますが、3つ星しか与えられません。それには手が届きにくいです。キャンパスマップを勉強し、行く前に最寄りの駐車場を探してください。この忙しい、制限されたキャンパスエリアでは運転するのは難しいです。第二に、展示物は非常に限られています。比率を得るための痛みはかなり高いです。 それでも、プロ品質の写真を無料で展示したいと思っていますか?これがあなたの場所です。

2017年12月4日に投稿しました

博物館のギャラリーには、センターのアーカイブのごく一部が展示されています。私がここに来るまで、元のCCPカメラマン、ハリー・キャラハンの一人について聞いたことはありませんでした。 (彼らは彼の頻繁な科目の一つであった彼の妻を特集した彼の仕事についてのプレゼンテーションを持っていた)。 ギャラリーではセンターのコレクションの多くを見ることができないので、自分のウェブサイトにも行くことをお勧めします。私は、ホテルの住所を見せてくれるとは思えませんが、Creative Photographyのセンターを探すとすぐにそれが表示されます。 この場所は国のない、国際的な宝物です。あなたがここにいる間に来てください! (無料ですが、自分の仕事をサポートしたい場合は、メンバーになるか、寄付をすることをお勧めします)。

2017年8月14日に投稿しました

この場所には、多くのアーティストの写真芸術の広範なコレクションがあります。それは落ちる価値があり、コレクションを1〜2時間かけて過ごす価値があります。あなたが写真が好きなら、これは必見です。エントランスは無料です。

2017年4月27日に投稿しました

写真のさまざまなアリゾナ大学に表示されている。 は、駐車場の 1 つに駐車場、最善の策である。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル130件を表示
マリオット ツーソン ユニバーシティ パーク
839件の口コミ
0.41 km 先
フォー ポインツ バイ シェラトン ツーソン ユニバーシティ プラザ
327件の口コミ
1.09 km 先
ユニバーシティ イン
214件の口コミ
1.56 km 先
フラミンゴ
275件の口コミ
1.57 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン2,208件を表示
Boca
72件の口コミ
0.37 km 先
Mama's Hawaiian BBQ
41件の口コミ
0.33 km 先
The Dutch Eatery & Refuge
16件の口コミ
0.39 km 先
Red's Smokehouse + Tap Room
40件の口コミ
0.38 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント608件を表示
アリゾナ大学
544件の口コミ
0.58 km 先
Arizona State Museum
155件の口コミ
0.29 km 先
Arizona Historical Society -- Arizona History Museum
78件の口コミ
0.3 km 先
University of Arizona Museum of Art
82件の口コミ
0.11 km 先
Q & A
Center for Creative Photographyのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン