推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

志賀直哉旧居

オーナー様ですか ?
〒722-0033 広島県尾道市東土堂町8-28
0848-23-6243
保存する
口コミのハイライト
若者と大人の価値観のすれ違いを描いた「清兵衛と瓢箪」は、ここで書かれた

尾道のJR線路を越えて急な坂道を登っていくと、志賀直哉が、若い頃の一時期住んだ長屋の部屋を見ることができる。瓢箪をこよなく愛する少年と、その価値観が分からない大人達を描いた「清兵衛と瓢箪」(せいべえと... 続きを読む

2017/05/06に投稿しました
siete_vidas_quince
,
東京, 東京都
石光寺へ行く途中の坂道の途中にある旧家

広島県と岡山の尾道のちょうど境目あたりには、瀬戸内から急な坂道の山が多い、階段型になっていて登りながら振り返りつつ上を目指す途中に「小説、暗夜行路の作者、志賀直哉の作家活動をした旧居があった」今もその... 続きを読む

2017/05/05に投稿しました
ykamachi
,
箕面市, 大阪府
35 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い14%
  • 良い52%
  • 普通34%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒722-0033 広島県尾道市東土堂町8-28
お問い合わせ
0848-23-6243
口コミを書く口コミ (35)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語

口コミ 34 件中 110

2017/05/06に口コミを投稿

尾道のJR線路を越えて急な坂道を登っていくと、志賀直哉が、若い頃の一時期住んだ長屋の部屋を見ることができる。瓢箪をこよなく愛する少年と、その価値観が分からない大人達を描いた「清兵衛と瓢箪」(せいべえとひょうたん)は、ここで書かれた。部屋の窓に「瓢箪」が吊るしてあったのは...続きを読む

ありがとう、siete_vidas_quince
2017/05/05に口コミを投稿

広島県と岡山の尾道のちょうど境目あたりには、瀬戸内から急な坂道の山が多い、階段型になっていて登りながら振り返りつつ上を目指す途中に「小説、暗夜行路の作者、志賀直哉の作家活動をした旧居があった」今もそのまま保存して残してある。入館料を払って入ると、作家の家らしく座椅子や机...続きを読む

ありがとう、ykamachi
2017/02/04に口コミを投稿

広島県の尾道は、瀬戸内海を見下す「小さく急激な坂道のある陽当たりの良い町だった」その坂道を徒歩で階段式のせまい路地を「ふうふう」言いながら登った先に右手に「故志賀直哉の旧居」と言う看板が目に入った。この坂道は、もはや車では登れないから徒歩でないと行けない。小さな屋敷は、...続きを読む

ありがとう、ykamachi
2016/10/06に口コミを投稿

行った方は良くわかりますが、この地は急な坂ばっかりの街だ。しかも古い昔の家屋を大事にしている。坂をふうふう言って登る中腹に「志賀直哉旧居」=小説家として 「暗夜行路」を書いた書跡をテーブルなども保存している。ここから見下ろす 瀬戸内海、水島造船所などが良く見える。

1  ありがとう、ykamachi
2016/05/18に口コミを投稿

志賀直哉が父との不仲などから東京を離れ、移り住んだところ。棟割長屋で、六畳・三畳・台所のつつましやかな建物ですが、坂を登っていったところにあるので、景色は、すばらしい。落ち着いたところだから、心が安らぎ、「暗夜行路」の構想が練れたのかと思いました。

1  ありがとう、旅好き女2015
2016/04/05に口コミを投稿

志賀直哉は山手線事故の後、湯治の為 城崎に滞在し「城の崎にて」を執筆し、その後 友人のつてで尾道に来てここに滞在したそうですが ここから眼下に尾道の景色が望めます・・・が ここへのアクセスは勿論 坂道 ! ! 志賀直哉は尾道でガス使用量がNO2だったようです。長編小説「...続きを読む

1  ありがとう、良い子
2016/03/27に口コミを投稿

 千光寺に向かう山腹にはこの志賀直哉旧居と林芙美子などを特集した文学記念室、中村憲吉旧居があり、3館共通入場券が発売されている。直哉の旧宅は尾道文学公園として整備されており、もしも登る途中であれば休息もできるスポットだ。絶景でもある。坂と小路のまちで文人墨客は何を考えた...続きを読む

1  ありがとう、インテリゲンちゃん
2016/02/18に口コミを投稿

千光寺へ登る途中案内版を頼りに急な坂を左に分岐した場所にあります。 志賀直哉が1912年(大正元年)11月から翌年の5月の半年間住んでいた家である。 小説“暗夜行路”の構想を練ったと言われ、この家から観えた情景が描写されている。建物は古く当時の面影を残していて、庭は...続きを読む

1  ありがとう、sasann
2016/01/13に口コミを投稿

千光寺へ登る坂の途中分岐してあります。案内版があります。 木造の古い建物で平屋建てでした、文芸館になってるらしく中に入るには料金が いるようでした。建物と風景を眺めるだけでも十分満足できます。

1  ありがとう、ほうれん草
2016/01/03に口コミを投稿

山の中腹にある古い建物を利用した宿泊施設です。昔ながらのたたずまいを残したまま上手に建物が残っているので、とても貴重だと思います。

1  ありがとう、daisuk-labo
周辺
周辺のレストラン
からさわ
65件の口コミ
0.24 km 先
あかとら
9件の口コミ
0.23 km 先
昇福亭 千光寺道店
11件の口コミ
0.13 km 先
梟の館
8件の口コミ
0.2 km 先
周辺の観光名所
千光寺(千光寺公園)
453件の口コミ
0.18 km 先
千光寺山ロープウェイ
211件の口コミ
0.2 km 先
天寧寺
63件の口コミ
0.14 km 先
猫の細道
113件の口コミ
0.19 km 先
Q & A
志賀直哉旧居 のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する